映画
アニメ
ゲーム

10月14日(金)公開 映画『もっと超越した所へ。』 峯岸みなみ、中川翔子ほか絶賛コメント続々!& 前田敦子、菊池風磨 新場面写真解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

家に転がり込んできたストリーマーの怜人をつい養ってしまう衣装デザイナー・真知子。意味不明なノリで生きるフリーター・泰造と暮らすショップ店員・美和は泰造に絶大な信頼を置いている。プライドばかりが高く、承認欲求の塊である俳優の慎太郎のお気に入りの風俗嬢の七瀬は今日も淡々と仕事をこなす。父親の会社で働くボンボンで自己中心的な富と共同生活を送る元子役のタレント・鈴は世話をするのも楽しそう。それなりに幸せな日々を送っていた4組のカップルに訪れた、別れの危機……。ただ幸せになりたいだけなのに、今度の恋愛も失敗なのか?それぞれの”本音”と“過去の秘密”が明らかになる時、物語は予想外の方向へと疾走していく!

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

いよいよ10月14日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開となる、稀代の劇作家・根本宗子の初映画化、前田敦子主演×菊池風磨共演、山岸聖太監督の最新作、映画『もっと超越した所へ。』より、新たに前田敦子さんと菊池風磨さんの場面写真とオピニオンからの絶賛コメントが到着しました。

 

原作・脚本は、異能の劇作家・根本宗子。“映像化不可能”と言われた伝説の舞台を自ら大胆なアレンジで表現し、クズ男を引き寄せてしまう4人の女性の恋愛模様と、彼女たちの意地とパワーが引き起こすミラクルを痛快に描く。めんどくさい感情とキレッキレの本音をさらけ出しながらも、強くたくましく生きる姿に、奮い立つようなエネルギーを得られ、、「なんでこんな人を好きになっちゃったんだろう」と感じたことがある、愛する人がいるすべての人たちに捧ぐ――、この秋最高の恋愛エンターテインメント映画が誕生した。

 

 

いよいよ公開直前、一足先に本作をご覧いただいた、タレント、歌手、お笑い芸人、劇作家、小説家、アイドル・・・とジャンルを超越した各界より絶賛コメントが到着!

 

先日結婚を発表した峯岸みなみさんは、「テンプレートな幸せとか、そんな領域を遥かに超える女達の気合いを目の当たりにして自分まで強くなったような気になれました」と女性キャラクターたちの力強さに自身を奮い立たせ、中川翔子さんは「この壮絶な愛の表現は最早アクション映画の爽快感に匹敵すると思います!」としょこたん節で大絶賛。お笑い芸人のこがけんさんからは「これは、クズ男の負のスパイラルに巻き込まれる女たちの脱出劇なのか?!それぞれのストレスが最高潮に達した先の、まさかのスペクタクル展開にオーマイガー!」、カツセマサヒコさんは「思いつく限りのクズ男たちを整列させて、ボコボコにして、その後にやってくるラスト10分。物語の結末よりも、観客の表情が見たくなる。こんな映画、初めてです」と熱いコメントを寄せている。

恋愛を通して剥き出しになる様々な感情とそれらを“超越”していく主人公たちからパワーをもらい、感銘を受けること必至!

また新たに前田敦子さんと菊池風磨さん演じる真知子と怜人それぞれの場面写真も解禁。恋愛間違いがちな主人公・真知子(前田)が、同級生でストリーマーの怜人(菊池)と久しぶりの再会直後にいきなり押し倒され、これからの展開に期待と動揺を隠せない心情が収められている1枚。

そして、真知子と再会し、お米や買い物袋を持ってあげる怜人の笑顔が収められている1枚も解禁。SNSで落ち込んだ様子を投稿していた真知子のことが心配で会いに来たという怜人。久々の再会に心踊らせ、ここから新しい恋が始まる!?と期待する真知子だが、怜人の本性とは・・・!?

 

応援コメント (敬称略/順不同)

 

 

峯岸みなみ(タレント)

テンプレートな幸せとか、

そんな領域を遥かに超える女達の気合いを目の当たりにして

自分まで強くなったような気になれました。

あと、私は昔からあっちゃんの発する高い音が好きです。

 

中川翔子(歌手・タレント)

宇宙の歴史も破壊と創造を繰り返しながら今に至る。

進化する、前進するためには破壊という方法での始まりしかないと思いきや、実は必ずしもそうとは限らないかもしれない。斬新な構成で彩る恋する惑星たち。

物語は途中からじわじわと変動が始まり、後半はもう怒涛の展開すぎて観ていて叫びそうになるほど驚きました。

ラストのサスペンスは物凄い!

この壮絶な愛の表現は最早アクション映画の爽快感に匹敵すると思います!

 

こがけん(お笑い芸人)

これは、クズ男の負のスパイラルに巻き込まれる女たちの脱出劇なのか?!

それぞれのストレスが最高潮に達した先の、まさかのスペクタクル展開にオーマイガー!

前田敦子さん演じる真知子の、バチバチに決まるパンチラインは一見の価値あり!

 

長塚圭史(劇作家・演出家・俳優)

本作プロデューサーの或る日の観劇が、一本の映画を生み出しました。

その劇を作ったネモシューは、元AKB前田敦子がまだ秋葉原で無名の頃からのビッグ・ファンであったこと。

この執念の連鎖。必見です。

 

村上純(しずる)(お笑い芸人)

根本宗子さんの頭の中が劇場を飛び出してスクリーンに映し出されるなんて、こんなものサブカルの極みで希望の光。そして、あの設定が映像化されたことだけで、まずもってとんでもないエンターテインメント。

で、これTOHOシネマズでやるの!?マジ!?

こいつはロフトプラスワンでも観たいやつだって!

 

朝井リョウ(小説家)

こんがらがった導火線を眺めていたら油断したタイミングで突如ド派手な巨大花火が打ち上がり根本さんに「こんにちはー!」と自己紹介がてら絶叫される、そんな映画。

本作上演当時の根本宗子全部盛り、容赦なく襲い来る言葉のマシンガンが痛気持ちいい!

 

カツセマサヒコ(小説家)

思いつく限りのクズ男たちを整列させて、

ボコボコにして、その後にやってくるラスト10分。

物語の結末よりも、観客の表情が見たくなる。

こんな映画、初めてです。

 

神崎メリ(恋愛コラムニスト)

いい女とは、おクズ様を2〜3周オカワリした果てに出来上がります。

辛酸を舐め散らかし、悟りを開いたとき、今よりも「もっと超越した所へ」女はたどり着くのです。

すなわち、おクズ様は女の養分に過ぎないのです。

 

藤川らるむ(モデル・タレント)

4人の男女の群像劇

クズ男に沼る女はもれなく女も女だな、、と思いながら観てました(笑)

ジェットコースターのように話が進んでいってテンポも上がるのでだんだん引き込まれるような映画でした。

ラストは10-20分くらいはタイトル通り〝もっと超越した所へ〟と超越してきます(笑)

 

末吉9太郎(CUBERS)(アイドルオタクアイドル)

それぞれがちゃんとクズで、ちゃんと馬鹿で、物凄く愛おしい。

チクチク痛くて、声上げて笑って、明日からを生きていくのが楽しみになった。

 

山崎ケイ(相席スタート)(お笑い芸人)

登場人物がみんなダメでみんな可愛い。

一生懸命恋愛してた、あの頃の私もダメだったけど、可愛かったんだ。抱きしめてあげたい!

 

清田隆之(文筆業・桃山商事代表)

男の幼稚さを批判的に描いた作品かと思いきや……違いました。

甘えを装った搾取も、期待という名の暴力も、責任からの逃避も、誰にだってある。

タイトルの意味がわかったとき、そこにはダメなままでも生きていける優しい世界が広がっていました。

 

ゆっきゅん(DIVA)

演劇っていうかなんか爆風のような衝撃として私の記憶にずっと刻まれていた『もっと超越した所へ。』が、

次は映画を超越して目の前に現れた。やば。いつも通りの人生を超えた未来へ、

あるあるの向こう側へ、なぜかこうなってしまうやつのもっとずっと先へ、

私たちは強引に連れていかれるしかない。

人の弱さがたくさん出てくる、めちゃ強い作品。前田敦子さん最高。

 

ナイトウミノワ映画ブロガー・アクセサリー作家

よくある恋愛、よくある別れ……と思いきや、とんでもないところに着地する新感覚の1本。

明らかにクズ男なのに、どうしても惹かれてしまう。そんな経験をした人もいると思う。

私もそう。

「あの時、こうしていたら……」と後悔する前に、運命を変えていこう!

 

上田智子(編集者)

ムカつく! ムカつく‼ ムカつく!!! ムカつく~!!!!

男たちがムカつく台詞を言えば言うほど笑える、怒涛の恋愛エンターテインメント!

痴話喧嘩で爆笑させ、とんでもない展開になだれ込むラストは根本宗子の真骨頂!(つまり最高)

 

 

 

『もっと超越した所へ。』

 

 

【クレジット】

前田敦子 菊池風磨

伊藤万理華 オカモトレイジ

黒川芽以 ・ 三浦貴大

趣里 千葉雄大

 

監督:山岸聖太

原作:月刊「根本宗子」第10号『もっと超越した所へ。』

脚本:根本宗子

音楽:王舟

主題歌:aiko「果てしない二人」(ポニーキャニオン)

 

製作:中西一雄 小西啓介 石井毅 久保田修 エグゼクティブプロデューサー:後藤哲 スーパーバイジングプロデューサー:久保田修プロデューサー:近藤多聞 遠藤里紗 撮影:ナカムラユーキ 美術:倉本愛子 装飾:龍田哲児照明:田中心樹 録音:伊豆田廉明 スタイリスト:纐纈春樹 ヘアメイク:菊地弥生 編集:李英美 VFXスーパーバイザー:島﨑淳 スクリプター:大西暁子リレコーディングミキサー:野村みき サウンドエディター:大保達哉助監督:水波圭太 制作担当:土屋淳志 宣伝プロデューサー:福田紘子 製作:『もっと超越した所へ。』製作委員会製作幹事:カルチュア・エンタテインメント制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:ハピネットファントム・スタジオ助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会 ©2022『もっと超越した所へ。』製作委員会

2022年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/119分/PG12

公式サイト:https://happinet-phantom.com/mottochouetsu/Twitter・Instagram:@mottochouetsumv  #もっ超 #もっと超越した所へ。

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください