アニメ

9月1日公開 映画『この子は邪悪』全国公開に先がけ、新感覚で「家族」のダークサイドを描く小説版のカバーが解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

5年前、一家で交通事故に遭い、心に傷を負った少女・窪花(くぼ・はな)。心理療法室を営む父の司朗は脚に障害が残り、母の繭子(まゆこ)は植物状態、次女の月(るな)は顔に火傷を負った。ある日、花は同い年の少年・四井純と出会う。純の母が心神喪失で、その原因を探っていると聞き、花は次第に心を通わせていく。そんなある日、司朗が繭子を連れて家に帰ってきた。突然目を覚ましたというが、花は違和感を覚え……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

株式会社徳間書店(本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:小宮英行)は、TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017 準グランプリ作品、映画『この子は邪悪』(配給:ハピネットファントム・スタジオ)の小説版を、2022年9月1日(木)の公開に先がけ、7月8日(金)に徳間文庫より発売いたします。主人公・窪花を演じるのは、初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』でブルーリボン賞をはじめ数々の新人賞を受賞、現在OA中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では源頼朝の愛娘・大姫役を演じ、若手実力派として注目を集める女優・南沙良。かつて一家で大きな交通事故に遭ったことで、心に深い傷を抱える花を繊細に演じています。花と出会い、心を通わせていく高校生・四井純には、昨年CDデビューを果たし、俳優としても活躍の場を広げる大西流星(なにわ男子)。大西単独では初の映画出演となります。交通事故で5年間植物状態だったはずの花の母親・窪繭子を演じたのは、映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』等に出演、ドラマ「真犯人フラグ」での怪演も話題の桜井ユキ。花の父親・窪司朗には、映画『極主夫道 ザ・シネマ』やドラマ「マイファミリー」など幅広い役柄を演じている玉木宏。何よりも家族のことを大切に思っている心理療法室の院長を演じています。片岡監督は「先の読めない展開を練りに練り、想像できないエンディングを用意しています。観て損はさせません」と公開に向けて意気込みを語っています。ぜひご注目ください。<みんなおかしい――世にも奇妙な家族の物語を完全小説化>

 

映画『この子は邪悪』は、『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』なと゛、クオリティの高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2017」準グランプリ作品を映画化。監督・脚本は映画『町田くんの世界』や『ノイズ』、ドラマ「ネメシス」などの脚本で注目の片岡翔。本作が長編3作目の作品となります。小説版は、デビュー作『コカンセツ!』が舞台化、遊川和彦監督作品『弥生、三月 -君を愛した30年-』ドラマ『35歳の少女』のノベライズ、舞台脚本や漫画原作を手がける作家・南々井梢が執筆。花と純の心情をモノローグ形式で描き、映画の世界観を再現しています。


【クレジット】南沙良大西流星(なにわ男子) 桜井ユキ渡辺さくら 桜木梨奈 稲川実代子 二ノ宮隆太郎 玉木宏監督・脚本:片岡翔製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント Lamp. 配給:ハピネットファントム・スタジオTSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017 準グランプリ作品企画2022年/日本/100分/シネマスコープ/5.1ch/PG12 (C)2022「この子は邪悪」製作委員会映倫区分:PG12公式サイト:https://happinet-phantom.com/konokohajyaaku/Twitter:@konokohajyaaku(https://twitter.com/konokohajyaaku) Instagram @konokohajyaaku(https://www.instagram.com/konokohajyaaku#この子は邪悪

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください