映画
アニメ

映画『マリグナント 狂暴な悪夢』 狂気に満ちた“悪夢”がついに世界同時解禁‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ワーナー・ブラザース・ジャパン合同会社(東京都港区 社長 兼 日本代表 高橋雅美)は2021年11月12日(金)に映画『マリグナント 狂暴な悪夢』を日本公開いたします。

『死霊館』ユニバースの生みの親で、『ソウ』や『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたハリウッドホラー界の巨匠ジェームズ・ワン。斬新な作風で、観る者が予想できない驚きと未知の恐怖を生み出してきた彼の作品は“密室”や“暗闇”、そして“幽霊屋敷”など幼いころから誰もが子供の頃に一度は体験したであろう人間が持つ原始的かつ潜在的な恐怖心を煽り、日常にある“恐怖”を増幅させながらも、さらにホラー作品の定石や定番描写をことごとく覆すことで、全世界を震え上がらせてきた。彼はホラー映画で培った抜群のカメラワークと圧倒的なスピード感と迫力で、シリーズ史上最高興行収入を記録した『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)や日本でも特大ヒットとなったDC映画『アクアマン』(2018年)の監督も務め、いまやホラー界のみならずハリウッドに欠かせないフィルムメーカーの地位を築いた。そんなジェームズ・ワンが新たに世に放つ完全オリジナルストーリー&監督作品となる最新作『マリグナント 狂暴な悪夢』のUS版ポスターと予告映像が全世界同時に初解禁された!併せて、日本でも邦題と公開日が11月12日(金)に決定、発表となった!


今回、本作の映像初お披露目となったUS版予告映像では、アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊人形の誕生』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)演じるマディソンが、謎の殺人鬼が次々に人を襲う悪夢に悩まされるシーンから始まる。殺人鬼は漆黒の姿でどこからともなく現れ、予測不能な素早い動きと超人的な能力で殺人を繰り返し、なす術なく犠牲者ばかりが増えていく。殺人が起きるたびに、マディソンはリアルな幻覚かのように凄惨な殺人現場を疑似体験し、少しずつ自身の隠された過去に導かれていくことに…。そして、ついにその邪悪な手はマディソンの元へ。果たして、マディソンが見る悪夢の謎とは!?

ジェームズ・ワンは本作が完成した際に自身のSNSで「この映画をどう表現したら良いか分からないけど、とても興奮している!僕が手掛けた今までの作品とは一線を画すような、さまざまなジャンルをミックスしたオリジナル映画を作りたかったんだ。でも自分が観て育ったようなホラーの精神はちゃんと作品に生きているよ!」と作品の出来に自信を覗かせた。彼のコメントからも分かるように、ジェームズ・ワンの原点的な作品でありながら、ホラー映画史を覆すような全く新しいホラーの誕生の予感を感じずにはいられない。なお、本作は本編のバイオレンス描写によりR18+作品に指定されている。R指定の内容も気になるところだが、監督を務めた『アクアマン』やプロデューサーとしてクレジットされている今年6月公開の『モータルコンバット』からも分かるように、縦横無尽な激しすぎるアクションやアイコニックなキャラクター描写にも定評があるため、ジェームズ・ワンがホラーとアクションをどのように融合させたのか、そしてどのようなキャラクターを産み出したのかにも注目したい!

2021年、ジェームズ・ワンが贈る極上の“悪夢”と新次元のホラー映画誕生に、是非ご期待ください。

 

 

■タイトル:『マリグナント 狂暴な悪夢』 (“ト”と“狂”の間は半角空け)

■公式HP:malignant.jp

■出演:アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊人形の誕生』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)

■製作/監督/原案:ジェームズ・ワン (『ソウ』シリーズ、『死霊館』シリーズ、『ワイルド・スピード SKY MISSION』監督、『アクアマン』監督)

■原題:MALIGNANT

■レイティング:R18+

■配給:ワーナー・ブラザース映画

■コピーライト:© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください