アニメ

『ムーンライト』A24 ×プランBが再タッグ!『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』公開決定+予告編&ポスタービジュアル解禁!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

変わりゆく街・サンフランシスコで、変わらない大切なもの。

家族の記憶が宿る家とたった一人の友。それだけで人生はそう悪くないー。

サンフランシスコで生まれ育ったジミー(ジミー・フェイルズ)は、祖父が建て、かつて家族と暮らした記憶の宿るヴィクトリアン様式の美しい家を愛していた。変わりゆく街の中にあって、観光名所になっていたその家は、ある日現在の家主が手放すことになり売りに出される。

この家に再び住みたいと願い奔走するジミーの思いを、親友モント(ジョナサン・メジャース)は、いつも静かに支えていた。今や”最もお金のかかる街”となったサンフランシスコで、彼は自分の心の在り処であるこの家を取り戻すことができるのだろうか。

多くの財産をもたなくても、かけがえのない友がいて、心の中には小さいけれど守りたい大切なものをもっている。それだけで、人生はそう悪くないはずだ──。そんなジミーの生き方が、今の時代を生きる私たちに温かい抱擁のような余韻を残す、忘れがたい物語。

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

今、最も注目を集める映画製作スタジオであるA24とプランBが、アカデミー賞®作品賞受賞作『ムーンライト』以来となるタッグを組んで贈る最新作『THE LAST BLACK MAN IN SANFRANCISCO』(原題)が、『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』の邦題で10月9日(金)より新宿シネマカリテ、シネクイント他にて全国公開することが決定。今回、ポスタービジュアル・予告編と合わせて解禁となります。

 

本作の舞台となるのは、ゴールデン・ゲート・ブリッジや坂道を走る路面電車、優雅に佇むヴィクトリアン様式の家が並ぶ情緒豊かなサンフランシスコ。歴史あるこの街は、急速な発展によって地価が高騰し、富裕層が多く住むようになったことで、代々住んでいた者たちは行き場所を失っていた。主人公を実名で演じた、ジミー・フェイルズもその一人。メガホンを執ったジョー・タルボット監督は、幼なじみであるフェイルズが体験してきた物語を自身初の長編映画として作り上げた。本作は、サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をダブル受賞した他、世界各国の映画祭で高い評価を受け、オバマ前米大統領が選ぶベストムービー(2019)にも選出されている。

 

生まれ育った場所が面影も残らないほど変化することで、大切な記憶が上書きされ、自分のアイデンティティまで否定されてしまうような感覚。それは一見パーソナルな物語でありながら、今や世界中で起きつつある問題を描いている。

 

 

多くの財産をもたず、大都市の片隅に追いやられても、家族の記憶が宿る美しい家や、かけがえのない親友を大切にするジミー。そんな彼の姿は、「人生にとって、本当に必要なものとは何か」を見つめ直したい今だからこそ、私たちに温かい抱擁のような余韻を残し、寄り添ってくれる。

 

解禁となった予告編では、ベイエリアを象徴する汽笛の音が鳴り響き、主人公のジミーと彼の親友・モントが2人でスケートボードに乗り、街をかけ抜けるシーンから始まる。

 

歴史あるサンフランシスコに住んだ“最初の黒人”だったという祖父が建てた、一軒のヴィクトリアンハウス。都市開発によって変わっていく街で、家族との記憶が宿った大切なその家を取り戻そうと奔走するジミーと、それを支えるモントの友情が描かれる。美しい街並みを捉えた映像、スローモーションを活用したカメラワーク、そして登場人物たちの優しくも力強い台詞が印象的で、長編デビュー作であるにもかかわらず、世界各国で絶賛されたジョー・タルボット監督の作家性が垣間見える。

 

予告編の最後は、「多くの財産を持たなくとも、心の中に大切な居場所とかけがえのない友がいる。それだけで人生はそう悪くないはずだー。」というタルボット監督の言葉で締めくくられ、詩的な雰囲気を纏いながらも、今の時代を生きる私たちの胸に強く響くメッセージ性を感じさせる予告編となっている。

 

ジミーの表情を大きく据えたイラストで制作されたポスタービジュアルには、「何もない。だけど、僕にはこの街がある。」というキャッチコピーが添えられている。

彼が自分自身の軸として心の中に持っているものを強調し、そして観客にとっても、“大切なもの”の存在について考えさせられる本作への期待が高まるビジュアルとなっている。

 

<『The Last Blackman in San Francisco』本国批評>

2人の幼なじみから生まれた、愛、家族、喪失感を描いた、永久に心に刻まれる美しい物語。

―Newyork Times

オリジナル性にあふれる、驚くべき長編デビュー作。

―Hollywood Reporter

冒頭の5分でこれが特別な作品であることが分かる。唯一無二で心に染み入る素晴らしい作品。

―Rolling Stone

登場人物の想い、彼らが考え抜いた末の結論、残されたままの謎がパッチワークのように織り成されている。あふれんばかりの人生と愛が詰まった作品。

―Los Angeles Times

 

 

 

【主な受賞】

サンダンス映画祭監督賞・審査員特別賞 ダブル受賞!

オバマ前米大統領が選ぶベストムービー(2019)

全米監督協会賞(DGA) 新人監督賞 ノミネート

ゴッサム賞 4部門ノミネート

(脚本賞・ブレイクスルー監督賞・ブレイクスルー男優賞・観客賞)

フィルム・インディペンデント・スピリット賞 3部門ノミネート

(初長編賞・助演男優賞・注目すべき人物賞)

ロカルノ国際映画祭 コンペティション出品作品

ロンドン映画祭 初長編作品コンペティション出品

ナショナル・ボード・オブ・レビュー 2019年のトップ10インディペンデント映画選出

ロサンゼルス映画批評家協会賞 ニュージェネレーション賞 受賞

サンフランシスコ映画批評家協会賞 作曲賞受賞、監督賞撮影賞 ノミネート

ボストン映画批評家協会賞 新人監督賞 受賞

フィラデルフィア映画批評家協会賞 新人監督賞 受賞

シアトル映画批評家協会賞 作曲賞 ノミネート

ワシントンDC映画批評家協会賞 助演男優賞 ノミネート

シカゴ映画批評家協会賞 ブレイクスルー監督賞 ノミネート

オクラホマ映画批評家協会賞 初長編作品賞 受賞

 

 

監督・脚本:ジョー・タルボット

共同脚本:ロブ・リチャート 原案:ジョー・タルボット、ジミー・フェイルズ 音楽:エミール・モセリ

出演:ジミー・フェイルズ、ジョナサン・メジャース、ロブ・モーガン、ダニー・グローヴァー

配給:ファントム・フィルム 提供:ファントム・フィルム/TCエンタテインメント

©2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

【原題The Last Black Man in San Francisco/2019年/アメリカ/英語/ビスタサイズ/120分/PG12】

字幕翻訳:稲田嵯裕里

phantom-film.com/lastblackman-movie/

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください