映画

10月公開 映画『乱暴と待機』特別鑑賞券 売れ行き絶好調!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

浅野忠信×美波×小池栄子×山田孝之×冨永昌敬監督・・・名実共に日本映画界を背負う俳優・監督が集結した映画『乱暴と待機』。本作の特別鑑賞券の売れ行き好調である。


劇場窓口での特典は、物語の内容にちなんだ“覗き穴付ボックスティッシュ”。このティッシュは、毎夜、天井裏から“妹”を覗いている英則気分を味わえる、天井板を模したデザインで、最後まで使い切ると部屋を覗きこむつくりになっています。“いけない事をしている感”の「覗き」というキーワードにドキッとしながらも遊び心溢れる特典に、観客の反応は上々。劇場に「特典はまだありますか?」との問い合わせも多数寄せられています。


特典付き特別鑑賞券の取り扱い劇場は以下の通り。
◆テアトル新宿(東京)
◆シネ・リーブル梅田(大阪)
◆京都シネマ(京都)
◆シネ・リーブル神戸(兵庫)
◆シアターキノ(北海道)
◆伏見ミリオン座(愛知)
◆KBCシネマ(福岡) ※2010年6月28日時点



<ストーリー>
木造平屋建てが連なる市営住宅。“兄妹”でもないのに、2段ベッドが据えられた狭い部屋で暮らす英則と奈々瀬。その近所に引っ越してきた番上と妊娠中の妻・あずさ。挙動不審な奈々瀬に興味を持った番上は、言葉巧みに奈々瀬を誘い、乱れる。夫と奈々瀬の浮気現場を見つけたあずさは、包丁を片手に暴れる。人に嫌われないように怯えて暮らす奈々瀬は、今日もスウェット姿で“お兄ちゃん”が“復讐”を思いつくのを待つ。毎夜、天井裏から奈々瀬の姿を覗きながら、英則は“この世で一番凄い復讐”の機会をうかがう。“覗く・覗かせる”関係に変化が訪れたとき、英則と奈々瀬は語る。「・・・俺と離れたくないか?」「・・・めんどくさくても大丈夫、って言われたかったですよあたしは!」二人が見つけた“絆”とは―



<出演>
浅野忠信
美波
小池栄子
山田孝之



<スタッフ>

監督・脚本・編集:冨永昌敬
原作:本谷有希子「乱暴と待機」メディアファクトリーダ・ヴィンチブックス刊
製作:『乱暴と待機』製作委員会(メディアファクトリー、キングレコード、ショウゲート、ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)
配給:メディアファクトリー、ショウゲート
宣伝協力:アニープラネット


[公式HP
 
(c)2010『乱暴と待機』製作委員会2010/日本/カラー/ヴィスタ/DTSステレオ/97分/PG-12

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください