アニメ
ゲーム

映画『フリーソロ』「答を出してから進む。まるで数学者のよう!」 日本クライミング界の立役者、平山ユージが語る フリーソロクライマー、アレックス・オノルドの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>
身体を支えるロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るフリーソロ・クライミングの若きスーパースター、アレックス・オノルドには、途方もなく壮大な夢があった。それはカリフォルニア州のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、かつてひとりもいない。幾度の失敗と練習を重ね、2017年6月3日早朝、アレックスは一人エル・キャピタンへと歩を進めていく。
それは人類史上最大とも呼ばれる歴史的な挑戦の始まりだった……。

【以下プレスリリース文掲載】

本年度アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ、世界で45賞ノミネート、20賞受賞の快挙を成し遂げた注目の映画『フリーソロ』(9月6日公開)の特別試写会を本日27日、東京・渋谷のユーロライブにて開催し、同作にて字幕監修を担当したプロフリークライマーの平山ユージさんをお招きしたトークショーを実施いたしました。

今、東京オリンピックの有力なメダル候補として期待値が上昇している日本のスポーツクライミング。

今回ゲストとして登壇いただいた平山さんは1998年と2000年のクライミングワールドカップでの優勝経験を持ち、今の日本のクライミング界の立役者としても知られる人です。最初に平山さんの経歴についての話が出た際は「もう少し後に生まれていたらオリンピックに出られたかもしれないのに!」と笑顔を見せた平山さん。会場でも笑いが起き、和やかなムードでトークイベントはスタートしました。

平山さんと本作の主人公アレックス・オノルドの出会いは2008年。ヨセミテで行われた彼のトークショーへ平山さんが足を運んだのがきっかけだそう。平山さんはその時のオノルドの第一印象を「何か聞かれてもYesかNoでしか答えられないようなシャイな青年だった」と話す。その翌年からザ・ノース・フェイスのチームに加わり話す機会が増えると、「お酒に誘っても絶対に呑まなくて。普段の生活もすべてがクライミングにまっしぐら。本当にまっすぐで穏やかな青年」とオノルドの人柄を明かした。

昨年、オノルドが初来日した際、平山さんは彼と共に御前岩、瑞牆山、二子山の三箇所をクライミング。その時のことについては「机の上で方程式を解くように答えを出してから進む」と振り返り、オノルドのことを「怖いもの知らず、命知らずの荒くれ者のようなイメージを持っている人がいるかもしれないけど実際は数学者のよう」と表現。

また、本作で監督兼撮影監督であるジミー・チンについて聞かれると「彼は気遣いの人」と話し、「気配りのできるジミーがいるだけで常に周りは安心する。今回の撮影クルーもジミーがいることで安心感があったと思う。信頼関係がないと撮れない映画だからこそジミーにしか撮れない作品」と解説し、「作品から人間的な部分が見えてくる。クライミングの映像表現を超えている!カメラのファインダーを覗きこめない場面が映画に出てくるのですが、あのカットにジミーの映画作りから見えてきますね」と本作のチェックポイントもアピールした。

監督・製作:エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ、ジミー・チン(『MERU/メルー』)
出演:アレックス・オノルド、トミー・コールドウェル、ジミー・チン、サンニ・マッカンドレス
撮影監督:ジミー・チン、クレア・ポプキン、マイキー・シェイファー
音楽:マルコ・ベルトラミ(『クワイエット・プレイス』『LOGAN/ローガン』)
主題歌「Gravity(原題)」:ティム・マッグロウ 2018年/アメリカ/100分/原題:Free solo
日本語字幕:畑アヤ子
字幕監修:平山ユージ
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
© 2018 National Geographic Partners, LLC. All rights reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください