映画

『ライオン・キング』大阪プレミア開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

あの「ライオン・キング」が、世界最高峰の“キング・オブ・エンターテイメント”へと進化する。それは圧巻の名曲の数々と、実写もアニメーションも超えた“超実写版”映像による、映画の世界に入り込むような未知の映像体験!すべての人に“生きる意味”があると気づかせてくれる壮大な物語が、この夏、全人類の心をふるわせる──。
日本公開を間近に控える中、7月19日(金)<現地時間>全米で待望の公開を迎えオープニング3日間の興行収入1億8,500万ドル(約197億9,500万円)で、初登場第1位のキング・オブ・エンターテイメントに相応しい大ヒットスタートを切った!
この数字は、日本で興収100億円を突破したエマ・ワトソン主演「美女と野獣」のオープニングを遥かに上回る記録(1億7,400万ドル)で、さらに同じく100億円を突破した映画『アラジン』をも超えた驚異的な数字。超大作がひしめく日本の夏休み映画の中でも本作の大ヒットが大いに期待される結果となった。(※興収はすべてBOX OFFICE MOJO調べ、1$=107円換算)公開から2週目を迎えた全米では、2週連続NO.1に輝き、全世界興行収入も10億ドルに届く勢いで世界中が『ライオン・キング』に大熱狂している。
いよいよ8月9日(金)より、日本でも公開となる本作で、この度 “キング・オブ・スクリーン”とも言うべきIMAXシアターを擁する109シネマズ大阪エキスポシティ前に広がるサークル型の“空の広場”で大阪プレミアイベントが実施された。
イベントのオープニングを飾ったのは、日本版オフィシャルソングに大抜擢された19歳の新人女性アーティスト、RIRIさんによる「サークル・オブ・ライフ」。先日LAで行われたジャンケット取材でジョン・ファヴロー監督と主人公シンバ役を務めるグラミー賞アーティスト、ドナルド・グローヴァーから「若きビヨンセだ!」と大絶賛されたRIRIさんは、この日コーラス隊として登場してくれた近畿大学付属高等学校の生徒と共にこの日限りの特別バージョンで『サークル・オブ・ライフ』を大阪で初披露。夏の太陽の光を浴びるRIRIさんの壮大で力強い歌声が響き渡ると、会場に集った300人の観客もパワフルな歌声に圧倒され、歌唱後の会場からは大きな歓声が挙がった。RIRIさんは、近畿大学付属高等学校の生徒と「サークル・オブ・ライフ」を歌った感想を聞かれると、「最近高校を卒業したばかりなので仲間と歌ってるみたいで、部活のようで楽しかったです。ありがとうございました!」と感謝の気持ちを伝えた。
さらにこの日は、プレミアム吹替版キャストのシンバ役の俳優・賀来賢人、ナラ役の女優・門山葉子が登場!予期せぬ二人の登場に会場からは黄色い歓声が挙がった。
大阪での思い出を聞かれると、賀来さんは「大阪で舞台があったので、実は2か月ほど生活していました。お店に入っても話しかけてくれる優しい人が多く、とてもお世話になった思い出があります。」と語り、門山さんも「私も1か月ほど舞台があったので滞在したことがあります。美味しいもの三昧でした。」と意外な大阪とのエピソードを披露。RIRIさんも「大阪でのライブはファンの盛り上がりが違う!」と“大阪愛”を語り、会場からは歓声が上がった。プレミアム吹替版声優発表後の周囲の反響を聞かれると、「12~3年このお仕事をしていますが、今までで一番周囲から連絡をもらって、『ライオン・キング』という作品のすごさを改めて実感しました。」と語り、門山さんも「友達からたくさん連絡があり、中には泣いて喜んでくれる方もいて、こんな作品に関われるなんて感激しました。」と嬉しそうに語った。

今作のキング・オブ・エンターテイメントと呼ぶにふさわしい“超実写版”映像について聞かれると「冒頭から没入感のある圧倒的なスケールでずっと前のめりになりました。仕事柄、色んな映画を観ますが、この『ライオン・キング』は見たことのない映像がいっぱい。最初から最後までずっと前のめりで釘付けになる映画です!」と話し、門山さんは「最初は本当にこれってCGなのと疑って観ていたんですが、気づいたらそんなことを忘れるくらい、ライオン・キングの美しい世界に入り込んでいました」と太鼓判を押した。今作『ライオン・キング』で関西の人たちにおすすめしたいポイントを聞かれると賀来さんは「面白いものが好きな関西の方には、佐藤二朗さんと亜生(ミキ)さん演じるティモンとプンバァの「ハクナマタタ」を観ていただきたいです!とてもチャーミングで、クスクス笑えて元気が出る楽しいシーンなので注目して下さい!」とアピール。RIRIさんも「仲間のやり取り以外にも、絆や家族愛、様々な愛が表現されている映画なのでいろんな方に見ていただきたい」と語った。
最後に映画の公開を楽しみにしている方々へ賀来賢人さんから「今日は暑い中来てくれてありがとうございました!皆さんが知っているアニメーション作品を超えて、新しいエンターテイメントが誕生しました。ちびっこから大人まで楽しめる作品なのでたくさんの方に観ていただけたら嬉しい。」とメッセージが贈られ、イベントは幕を閉じた。

■監督:ジョン・ファヴロー   
■声の出演:ドナルド・グローヴァー、ビヨンセ  
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
■プレミアム吹替版キャスト:賀来賢人<シンバ役>、門山葉子<ナラ役>、江口洋介<スカー役>、佐藤二朗<プンバァ役>、亜生(ミキ)<ティモン役>
Disney.jp/LionKing2019    
© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください