映画
アニメ

『ブレードランナー 2049』、ハリソン・フォードが登場する予告編解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブレードランナー

SF映画史上最高の傑作として公開後30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』。その続編『ブレードランナー 2049』が2017年11月に全国公開となる。

全世界が注目する本作から遂に予告編となる<初映像>が全世界で解禁となった。

オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界が『ブレードランナー 2049』の舞台となる。予告編の冒頭では、オリジナル版に存在するデッカードの台詞から幕を開ける。彼はかつて、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の反逆を阻止するために結成された捜査官“ブレードランナー”の一員であったが、あれから30 年の時を経た。ライアン・ゴズリング扮する新人捜査官の男に「俺はかつて有能だった」と語るが、今はいったい何者なのか?今回ライアン・ゴズリング扮する男が対峙している2049年の世界はどのようなものなのか?今回の予告編の映像からは荒廃した世界も垣間見える。砂漠に横たわる像は何を意味するのだろうか。

前作の主人公リック・デッカード役を再び演じるのはハリソン・フォード。監督を務めるのは『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。新作『メッセージ』が全米で11 月に公開され、連日の賞レースでも続々とノミネートを果たしている。アカデミー賞への呼び声も高い中、今最も注目されている監督の一人だ。リドリー・スコットを製作総指揮に迎え、また主演のライアン・ゴズリングも新作「ラ・ラ・
ランド」での演技で高い評価を得るなど、ハリウッドが最も注目するタッグとなっている。

多くの謎を残し、まだまだ詳細はベールに包まれたままだが、当時の『ブレードランナー』を彷彿とさせる、いや、それ以上の新しい世界観に、驚きと更なる期待感を煽られるに違いない。独特の映像美、そしてかつての興奮を呼び覚ます音楽、オリジナルのファンならずとも、この新しきチャプターに無限の可能性を感じずにはいられないだろう。

『ブレードランナー 2049』
2017年11月 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】ブレードランナー クロニクル Blu-ray
価格:2500円(税込、送料別) (2016/12/20時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメント

  1. GOIZn より:

    『ローグ・ワン』初日に観ました。前半眠かった…。後半は面白かった。2017年も『エピソード8』や『ブレードランナー』の新作など、楽しみですね。
    レイア姫ことキャリー・フィッシャーさんのご冥福を御祈り申し上げます。

  2. GOIZn より:

    『ローグ・ワン』初日に観ました。前半眠かった…。後半は面白かった。2017年も『エピソード8』や『ブレードランナー』の新作など、楽しみですね。
    レイア姫ことキャリー・フィッシャーさんのご冥福を御祈り申し上げます。

  3. GOING ZERO より:

    何気に自宅で『SW・エピソード4』を観た翌日(12/28)、レイア姫ことキャリー・フィッシャーさんの訃報が届いた。心臓発作でどうのこうのとはニュースで知ってたけれど、まさかお亡くなりになるとは思いませんでした。今年、最初に観た映画も何度目かの『エピソード7』だった。『ローグ・ワン』も初日に観に行きました。主人公の女性、何となくレイアに似ていると思いませんか?オリジナル3部作の主要メンバーが亡くなるのは寂しいですね。ご冥福を御祈り申し上げます。

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください