映画
アニメ

今、月の裏側が熱い!『トランスフォーマー3』の邦題が『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


2011年夏、ついに3Dもトランスフォームする!!
2007年夏、製作総指揮スティーブン・スピルバーグ、監督マイケル・ベイのコンピにより誕生した『トランスフォーマー』は全世界で7億ドル以上の興行収入を記録、続く09年の『トランスフォーマー/リベンジ』も全世界で8億3千万ドルを越える興行収入となった。この超人気シリーズ最新作にして最終話となる『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(原題 Transformers:Dark of the Moon”は全米で7月1日、日本では7月29日に公開される。スペクタクルに富む実写のアクションと超絶的なCGという基本をそのままに、今回は全体の80%以上がフル3Dで撮影しロケを主体にしたスケールの大きな実写3D映像と、膨大な情報量の3DのCGを組み合わせ、“トランスフォーマーの世界観にフル3Dを導入する”という困難な挑戦を行っている全貌は公開まで明らかにはならないが、人類が未知の映像領域を体験することになること必至である。

40年前、既にそれは始まっていた――総ての謎が明らかとなる完結編登場!
遥か宇宙の彼方よりやってきたトランスフォーマーたち。その地球侵略の第一歩は月の裏側(ダークサイド・ムーン)にあった! 今から40年前の1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。アームストロングとオルドリンは、人類で初めて月に降り立った。全世界が固唾を呑んで見守ったこの歴史的偉業の陰で、NASAとアメリカ政府がひた隠しにしてきた事実があった。月の裏側には、彼らよりも先に未知の宇宙船が不時着していて、そしてそこには…。
時空をも超越したシリーズ完結編はその舞台を本格的に宇宙に進出。40年前の米ソの宇宙開発競争も絡み、ストーリーは宇宙規模にまで膨らむ。世界各地で大規模なロケを敢行し、特にアメリカでは自動車・鉄鋼産業の中心地であるシカゴやデトロイトでの市街戦、首都ワシントンでの激しいカー・チェイス、さらにケープ・カナベラルのスペースシャトル基地でも撮影が行われた。3作通じて主人公となるシャイア・ラブーフ演じるサムは社会人という設定の本作、新たなヒロインに話題の新星ロージー・ハンティントン・ホワイトレイを大抜擢。さらにジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロらのレギュラー陣に加え、ジョン・マルコヴィッチ、パトリック・デンプシーらも初参加。キャストもさらなるパワーアップを果たした。7月29日(金)最後のトランスフォームはあなたの目の前で始まる!!

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
7月29日(金)全国ロードショー
キャスト: シャイア・ラブーフ、ジョン・マルコビッチ
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト:http://www.transformersmovie.com/intl/jp/

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください