アニメ
ゲーム

『インサイド・ヘッド』動員300万人突破!「トイ・ストーリー以上に泣けた!」強い“口コミ”で好調維持!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『インサイド・ヘッド』動員.jpg



『トイ・ストーリー』以来、斬新な発想で世界中を魅了してきたピクサー・スタジオの長編アニメーション20周年記念作『インサイド・ヘッド』が、公開から6週目に動員300万人を突破した。

7月~8月にかけてシリーズ物の話題作が毎週のように公開し、例年にない激戦となった夏休みも後半戦に突入。公開から40日経っても、 “作品力”とそれを後押しする口コミで堅実に数字をキープし続けている『インサイド・ヘッド』。8月22日、23日で動員6万2千人、興行収入は7,200万円を記録。本日までの累計の動員は305万人、興行収入は36億4,270万円を記録(※8月25日(火)までの数字)、先週は9位だったランキング順位を、今週は7位に2つもランクアップした。

「一度見る間に何度も泣ける。ピクサー最高傑作間違いなし!」や「自分の子供の頃を重ねながら鑑賞し、すごく泣けました。『トイ・ストーリー3』以上に泣ける映画です。」「この夏で本当に良い思い出になった!」という絶賛する高い口コミ評価が途切れることなく続き、夏休みが終わる前に観ておきたいと駆け込みを促すコメントや、見逃せない映画としてのおすすめコメント、もう一度見たいというリピート宣言のコメントも増えてきており、夏興行が終わっても引き続き腰の強い興行が期待されている。

さらに、早くもアメリカのオスカー予想では「『インサイド・ヘッド』はアニメーション部門を制覇することが約束されている作品」と太鼓判を押す。「アニメーション枠に留まることなく、今年発表されたどの映画よりもメッセージ性が高い作品」として、2010年の「カールじいさんの空飛ぶ家」、2011年の「トイ・ストーリー3」に次ぎ、作品賞としてのノミネートの期待も高まっている。(※8/24付けUSA TODAYよりコメント抜粋)

夏休みのラストスパートにぜひご期待ください。映画「インサイド・ヘッド」は全国絶賛公開中。

【ストーリー】
なぜ、カナシミは必要なの・・・? ――これは、あなたの物語。
11才の少女ライリーの幸せを守る、頭の中の“5つの感情たち”──ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミ。突然の引っ越しでライリーの心は不安定になり、頭の中のヨロコビとカナシミが行方不明になってしまう。心を閉ざしたライリーを、感情たちは救えるのか? そして、カナシミに隠された、驚くべき<秘密>とは…?この夏、無限に広がる頭の中を舞台に、感動の冒険ファンタジーが誕生。これは、あなたの物語です。

『インサイド・ヘッド』
全国大ヒット上映中!
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式HP:http://www.disney.co.jp/movie/head.html

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください