映画
ゲーム

8月12日公開 映画『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』イルディコー・エニェディ監督が大絶賛するルイ・ガレルが唯一の敵役で熱演! 本編映像解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

1920年のマルタ共和国。船長のヤコブ(ハイス・ナバ―)は、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人とする。そこにリジ―(レア・セドゥ)という美しい女性が入ってくる。ヤコブは初対面のリジ―に結婚を申し込む。その週末、二人だけの結婚の儀式を行う。幸せなひと時を過ごしていたが、リジ―の友人デダン(ルイ・ガレル)の登場によりヤコブは二人の仲を怪しみ嫉妬を覚えるようになる…。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

ンガリーの鬼才=イルディコー・エニェディ監督×『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥ主演最新作『ストーリー・オブ・マイ・ワイフ』 が、8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開ほか全国公開される。
この度、本編映像が解禁となった。

あなたに会った日から、私は愛を求めた。
あなたと別れた日から、私は愛を知った。

長編デビュー作『私の20世紀』(89)で、第42回カンヌ国際映画祭(89)にてカメラ・ドールを受賞、その後『心と体と』(18)で第67回ベルリン国際映画祭金熊賞(17)を受賞したハンガリーの鬼才=イルディコー・エニェディ監督最新作。

主演は、『アデル、ブルーは熱い色』(13)でカンヌ国際映画祭史上初めて主演女優としてパルムドールを受賞、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(21)や『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(21)の好演も記憶に残るレア・セドゥ。

物語はマルタ共和国のカフェで、船長のヤコブが友人と「最初に入ってきた女性と結婚する」と賭けたことから始まる大人のラブロマンス。1920年代の豪華賢覧な衣装と美しい風景は、レア・セドゥの小悪魔的な魅力を引き出している。
愛と嫉妬、騙し合い…。何が本当で何が嘘なのか。愛だけが真実なのか。今夏、21世紀を代表する心揺さぶる恋愛映画が誕生した。

 


 

本作では、『グッバイ・ゴダール!』(17)や『SAINT LAURENT サンローラン』(14)のルイ・ガレルが、リジー(レア・セドゥ)とヤコブ(ハイス・ナバー)の仲を引き裂く敵役として熱演している。
この度、嫉妬に狂うヤコブを翻弄するデタンの登場シーンが解禁となった。

ヤコブは航海から帰ってくると、自分に対するリジーの態度がいつもと違うと感じる。疑心暗鬼になったヤコブは、リジーと一緒に行った観劇で、デダン(ルイ・ガレル)が隣に座っているのを見ると、さらに嫉妬の気持ちが膨らみ集中することができない。

観劇が終わると外は大雨だった。タクシーを捕まえようと雨の中を走り回るヤコブだったが、なかなか見つからず右往左往する。「すまん、車が拾えない。」と言うヤコブに、「体調が悪いの」と冷たく言うリジー。見かねたデダンが「かわいそうに。僕の車がある。お宅まで送ろう。」と声をかけると、「さあ、疲れただろう。」とリジーを促し車のドアを開けてしまう。その姿にイラっとするヤコブだったが、素直に車に乗り込むと、リジーの冷たい表情に唖然とする。「うちに寄ってアルメニアのブランデーは?」と、デタンを誘い家に到着するが、リジーはさっさと部屋に入り、2人の様子をドアの隙間から伺っていた。しかしデダンが部屋に入ってくるとベッドに倒れこみ寝たふりをする。嫉妬に狂うデタンはどこへ向かうのか?衝撃の展開はぜひ劇場で!

監督・脚本のイルディコー・エニェディは、ルイ・ガレルの起用について「ルイは私がこの映画にキャストした最初の人物でした。私の心には全く第二候補などいませんでしたし、最終的な出来上がりにも満足しています。デダンの気楽なエレガンス、素早い思考、アイロニーに満ちた自然体の優越感は、ヤコブにとって雄牛への赤い布切れのような機能を果たします。そしてルイは、彼が持っていないもの全てを体現しているので、最も苛立たしく危険な存在です。ヤコブは海にいるときは非常にパワフルで有能な男ですが、デダンと一緒にいるときは自分が不器用で、ぎこちなく、場違いで、トロ臭くて愚かだと感じます。
役割が小さければ小さいほど、短い登場時間の間にも、そのキャラクターがいるシーンに複雑かつ人を惹きつけるオーラを作り出すことができる、優れた俳優を見つけてあてがわなければなりません。

ルイは撮影日があまりありませんでしたが、この映画での彼の役割は極めて重要です。私は彼の鋭さ、知的な警戒心、その素晴らしい存在感を絶対に必要としていました。」と、ルイ・ガレルの演技を絶賛。デダンがヤコブと正反対な人物だったからこそ嫉妬の対象であったことを明かしている。

 

 

出演:レア・セドゥ、ハイス・ナバー、ルイ・ガレル、セルジオ・ルビーニ、ルナ・ウェドラー監督・脚本:イルディコー・エニェディ  プロデューサー:モニカ・メーチ 原作:ミラン・フスト 撮影:マルツェル・レーブ 音楽:アダム・バラージュ2021/ハンガリー・ドイツ・フランス・イタリア/英語・フランス語・オランダ語・ドイツ語・イタリア語/シネマスコープ/169分原題:A felesegem tortenete    配給: 彩プロ PG-12公式サイト:https://mywife.ayapro.ne.jp/(C)2021 Inforg-M&M Film  – Komplizen Film  – Palosanto Films  – Pyramide Productions  – RAI Cinema  – ARTE France Cinema  – WDR/Arte8月12日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国公開

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください