映画
アニメ

出演:寺島しのぶ 豊川悦司/広末涼子 監督:廣木隆一 脚本:荒井晴彦  映画『あちらにいる鬼』キャスト・スタッフ解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

人気作家の長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子(広末涼子)は、夫の手あたり次第とも言える女性との関係を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。だが、みはるにとって白木は肉体の関係だけに終わらず、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在となっていく。二人のあいだを行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。

白木を通じて響き合う二人は、どこにたどりつくのか――。

 

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

作家・井上荒野による、父である作家・井上光晴と母、そして昨年11月に死去した瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の<特別な関係>を描いた傑作小説「あちらにいる鬼」。すでに映画化が発表されている本作ですが、寺島しのぶ、豊川悦司がW主演、共演に広末涼子を迎え、廣木隆一監督・荒井晴彦脚本にて2022年11月に全国公開することが決定いたしました。

 

【解説】

「モデルに書かれた私が読み 傑作だと、感動した名作! !」―瀬戸内寂聴

父と母、瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の<特別な関係>を描いた傑作小説、

日本を代表するキャスト・スタッフで映画化!

※(「あちらにいる鬼」/朝日新聞出版 刊行時の瀬戸内寂聴コメントより抜粋)

 

原作は作家・井上荒野が、父である作家・井上光晴と母、父と瀬戸内寂聴をモデルに創作した「あちらにいる鬼」。直木賞、柴田錬三郎賞、織田作之助賞など様々な文学賞を受賞してきた井上が、彼女にとってもっとも身近な人々である父、母と、光晴と長年にわたり男女の仲だった瀬戸内寂聴の関係をモデルに、二人の女性の視点から、彼女たちの長きにわたる関係と心模様の変化を深く掘り下げ大きな反響を呼んだ。井上が小説を執筆する際、瀬戸内寂聴は協力を惜しまず当時の思い出を語り、小説刊行の際に下記のようなコメントを発表。

 

「モデルに書かれた私が読み 傑作だと、感動した名作! !

作者の父井上光晴と、私の不倫が始まった時、作者は五歳だった。

五歳の娘が将来小説家になることを信じて疑わなかった亡き父の魂は、

この小説の誕生を誰よりも深い喜びを持って迎えたことだろう。

作者の母も父に劣らない文学的才能の持主だった。

作者の未来は、いっそうの輝きにみちている。百も千もおめでとう。」――瀬戸内寂聴

 

W主演をつとめるのは、寺島しのぶと豊川悦司。寺島が演じるのは、瀬戸内寂聴をモデルにした人気作家・長内みはる。豊川が演じるのは井上光晴をモデルとした作家・白木篤郎。共演の広末涼子が篤郎の妻・笙子を演じる。監督は廣木隆一、脚本は荒井晴彦。寺島と豊川は廣木監督・荒井脚本の『やわらかい生活』(06)で初共演を果たして以降『愛の流刑地』(07)、『劇場版 アーヤと魔女 』(21)など何度も共演している。傑作小説が、数々の映画賞を受賞してきた日本を代表する俳優・スタッフで映画化される。尚、生前、本映画化の報を聞いた寂聴はとても楽しみにしていたという。

 

 

【物語】

人気作家の長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子(広末涼子)は、夫の手あたり次第とも言える女性との関係を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。だが、みはるにとって白木は肉体の関係だけに終わらず、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在となっていく。二人のあいだを行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。

白木を通じて響き合う二人は、どこにたどりつくのか――。

 

 

 

【プロフィール/コメント】

寺島しのぶ/長内みはる役

1972年生まれ、京都市出身。2003年、『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎監督)と『ヴァイブレータ』(廣木隆一監督)で国内外の賞を数多く受賞。『キャタピラー』(10/若松孝二監督)では、ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞。『オー・ルーシ―!』(18/平栁敦子)ではインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネートされる。近年の主な出演作に、『幼な子われらに生まれ』(17/三島有紀子監督)、『止められるか、俺たちを』(18/白石和彌監督)、『ヤクザと家族 The Family』(21/藤井道人監督)、『Arc アーク』(21/石川慶監督)、『キネマの神様』(21/山田洋次監督)、『空白』(21/吉田恵輔監督)など。

 

 

【コメント】

何度も撮影が延長され半ば諦めかけていたのですがやっとインできそうです。

そうこうしているうちに私の歳も寂聴さんが得度式をされた歳と同じになりました。

井上荒野様からも心強いお手紙をいただきました。これを宝物に最も信頼している荒井晴彦さんや廣木監督とまた作品作りができること、豊川さんとまたお芝居できることに胸が弾み広末さんとも不思議な関係性が築けそうです。今から崖の下をチラチラ見ては躊躇して、いずれ捨て身で飛び込もうとしている自分を鼓舞している毎日です。

 

豊川悦司/白木篤郎役

大阪府出身。『3-4×10月』(90/北野武監督)、『12人の優しい日本人』(91/中原俊監督)、『きらきらひかる』(92/松岡錠司監督)などの映画で注目される。その後も『Love Letter』(95/岩井俊二監督)、『八つ墓村』(96/市川崑監督)、TVドラマでは「NIGHT HEAD」(92~93/CX)、「愛していると言ってくれ」(95/TBS)、「青い鳥」(97/TBS)など主演ドラマが大ヒットし、人気、実力ともに日本を代表する俳優に。映画主演作に『愛の流刑地」(07/鶴橋康夫監督)、『今度は愛妻家』(10/行定勲監督)、『必死剣 鳥刺し』(10/平山秀幸監督)、『一枚のハガキ』(11/新藤兼人監督)、『後妻業の女』(16/鶴橋康夫監督)、『パラダイス・ネクスト』(19/半野喜弘監督)、『弟とアンドロイドと僕』(22/阪本順治監督)など。近年の作品に『ラストレター』(20/岩井俊二監督)、『いとみち』(21/横浜聡子監督)、『子供はわかってあげない』(21/沖田修一監督)、『鳩の撃退法』(21/タカハタ秀太監督)など。ハリウッド映画『ミッドウェイ 日本の運命を変えた3日間』(20/ローランド・エメリッヒ監督)では連合艦隊司令長官・山本五十六を演じ好評を博した。『キングダム2 遥かなる大地へ』(22/佐藤信介監督)、『仕掛人・藤枝梅安』(23/河毛俊作監督)の公開が控えている。

 

 

 

【コメント】

男にも女にも家庭があって、それでも磁石のように惹きつけあって、どうしようもなく、あがくすべもなく、ただ相手を見据えて、しがみついていく二人。しがみつく二人にしがみつく家族。

スキャンダルという理由は、彼らが文化人であったというだけのこと。

寺島しのぶと、男と女、それだけを演じてみたい。

 

広末涼子/白木笙子役

1980年生まれ。高知県出身。初主演映画『20世紀ノスタルジア』(97/原将人監督)で第21回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主な出演映画は『おくりびと』(08/滝田洋二郎監督)、日本アカデミー賞・優秀主演女優賞を受賞した『ゼロの焦点』(09/犬童一心監督)、日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞した『鍵泥棒のメソッド』(12/内田けんじ監督)、『はなちゃんのみそ汁』(15/阿久根知昭監督)、『ミックス。』(17/石川淳一監督)、『終わった人』(18/中田秀夫監督)、『嘘八百 京町ロワイヤル』(20/武正晴監督)、『ステップ。』(20/飯塚健監督)、『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(20/田中亮監督)、『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』(22/西谷弘監督)など。

 

 

【コメント】

とても大人な台本に、果たして私がついて行けるか?未だ不安なまま撮影開始となりそうですが、間違いなく魅力的な寺島さんと豊川さんの御姿がおのずと私をも導いてくださる予感がしております。

撮影の日を楽しみに精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします。

 

 

監督:廣木隆一

1954年生まれ、福島県出身。1982年『性虐!女を暴く』で映画監督デビュー。1994年サンダンス・インスティテュートの奨学金を獲得して渡米。2003年の『ヴァイブレータ』では、第25回ヨコハマ映画祭を始め、国内外40以上の映画祭で監督賞ほか数々の賞を獲得する。主な作品に『余命一ヶ月の花嫁』(09)、『軽蔑』、『きいろいゾウ』(13)、『ストロボ・エッジ』、『さよなら歌舞伎町』(15)、『夏美のホタル』(16)、『PとJK』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『彼女の人生は間違いじゃない』(17)、『ママレード・ボーイ』、『ここは退屈迎えに来て』(18)、『ノイズ』、『夕方のおともだち』、『母性』、『月の満ち欠け』(22)などがある。

 

【コメント】

物語を語ることでしか存在できない男を巡って女は現実を生きる。いや男と女と言ういうよりも同じ時間を過ごした大人たちのラブストーリーを、このキャストで演出することに何か不思議な感じがしてワクワクします。どこまでが虚でどこまでが創作なのか。

原作者の目を通して描いた彼らの関係を映画化できることに感謝します。

ぜひ鬼の正体を劇場で確認して下さい。

 

 

脚本:荒井晴彦

1947年生まれ、東京都出身。77年の『新宿乱れ街 いくまで待って』で脚本家デビュー。以降、『赫い髪の女』(79/神代辰巳監督)、『キャバレー日記』(82/根岸吉太郎監督)など数々の日活ロマンポルノの名作の脚本を執筆。『Wの悲劇』(84/澤井信一郎監督)、『リボルバー』(88/藤田敏八監督)、『ヴァイブレータ』(03/廣木隆一監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『共喰い』(13/青山真治監督)の5作品において、キネマ旬報脚本賞を受賞。その他、脚本を手がけた作品に『やわらかい生活』(06/廣木隆一監督)、『戦争と一人の女』(13/井上淳一監督)、『さよなら、歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)、『幼な子われらに生まれ』(17/三島有紀子監督)など。97年『身も心も』、15年『この国の空』、19年『火口のふたり』では脚本・監督を務めた。

 

 

原作:井上荒野

1961年生まれ、東京都出身。89年、「わたしのヌレエフ」でフェミナ賞。2008年、『切羽へ』で直木賞、16年、『赤へ』で柴田錬三郎賞、18年、『その話は今日はやめておきましょう』で織田作之助賞。他に『夜をぶっとばせ』『キャベツ炒めに捧ぐ』など著書多数。最新作は『生皮』。

 

 

出演:寺島しのぶ 豊川悦司 広末涼子

監督:廣木隆一

脚本:荒井晴彦

原作:井上荒野「あちらにいる鬼」(朝日文庫)

製作:「あちらにいる鬼」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント

企画・制作:ホリプロ

配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

(C)2022「あちらにいる鬼」製作委員会

公式HP:happinet-phantom.com/achira-oni

Twitter:@achira_oni

 

2022年11月 全国ロードショー

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください