映画
ゲーム

ピンク映画生誕60年、特集企画「ラストショー・ピンク四天王」のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2022年、ピンク映画は60周年を迎える。
しかしながら、現在成人映画館は全国20数館にまで減少し、新作は月一本程度にまで落ち込み、今や、興行的にも文化的にもいよいよ、終焉に向かってる。
かつて性を描く、裸を描くことはダブーであり、タブーを犯す危うさこそがピンク映画の魅力であった。ライトな作風の”ソフトエロス”が主流となった今、時代の中で役割を終えたと言える。昭和から平成へと移り変わる時に生まれた”ピンク四天王”。1989年、サトウトシキ、瀬々敬久、佐野和宏、85年にデビューした佐藤寿保と共に、作家性に満ちた先鋭的な作品を作り続け、映画ファンからも注目を集めていく。そして、監督自らアテネフランセで「新・日本作家主義列伝」(1993年、11月)を企画、枠をはみ出し、やがて海外映画祭への出品やミニシアター上映などに発展し、ピンク映画の認知と評価を拡大させることに成功する。まさに、あれから30数年、四天王が持つタブーに挑む表現のパワーは、一般映画へ進出しても彼らがずっと持ち続けているものである。時代を撃ち、時代を作った彼らの”源流と不変”を今こそ感じて欲しい
今回は四天王の各監督自薦のピンク時代の作品から現代にいたる、蠢く奇作・快作・傑作
群全23作品一挙上映。監督自ら四天王を封印する怒涛のラストショー!
2022年1月29日(土)~2月11日(金)

 

◎監督コメント

 

佐藤寿保
1959年、静岡県出身。
1985年『狂った触覚(公開題:激愛!ロリータ密猟)』で監督デビュー。
閉塞感ただようイマをブチ破る! そんな時代にジャストフィット!!
過去から未来をも予見している、新たな世界がアナタを誘う…。
瞠目してご覧下され!!!

 

サトウトシキ
1961年、福島県出身。
1989年『夢の女(公開題:獣―けだもの―』で監督デビュー。
「ピンク四天王ですよね」と若者に今も聞かれる。「確かに。以前ピンク四天王に属してました」てのも正確さに欠けるし変だ。4監督の映画を気楽に観てもらえたらありがたい。

 

佐野和宏
1956年、静岡県出身。
1989年『最後の弾丸(公開題:監禁 ワイセツな前戯)』で監督デビュー。
何故、今更ピンク四天王か…。
企画意図も知らされぬまま片足を突っ込んでしまったが、こうして想い出していただけるだけで有り難いと思わなければいけないんでしょうね。感謝!

 

 

瀬々敬久
1960年、大分県出身。
1989年『羽田に行ってみろ そこには海賊になったガキどもが今やと出発を待っている(公開題:課外授業 暴行)』で監督デビュー。
還暦過ぎたジジイたちの映画を今さら見てどうするんだ。
何をなし何が出来なかった。そして、これから。

 

ピンク四天王作品集

佐藤寿保監督作品 

————————————————————————————————————–

αとβのフーガ

(公開題:『変態病棟 SM診療室』)

1989|54分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:夢野史郎|撮影:斎藤幸一|出演:伊藤清美、佐野和宏

心理カウンセラーでサディストの夫とその妻、そして妻の双子の妹の3者による運命的なSM関係が、

伊藤と佐野の二人の俳優のみで描かれる。佐藤の独特な美意識によるメタリック感覚の中、男女の攻防が耐えられない緊張感で展開する。

*16mm版での上映  R18

————————————————————————————————————

視線上のアリア

(公開題:『浮気妻 恥辱責め』)

1992|64分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:夢野史郎|撮影:稲吉雅志|出演:伊藤清美、伊藤猛、浅野桃里、杉浦峰夫、中村京子、今泉浩一、佐川一政

川端康成の小説「眠れる美女」から発想を得て、睡眠薬ハルシオンによる幻覚症状を題材に、その幻想的な夢遊感覚の果てに無意識下の殺人を働く人妻の姿が混沌とした世界の中に描かれる。出演者の意識の混濁が観客にも乗り移るという複雑怪奇な体験が得られる一編。

*35mm英語字幕版での上映  R18


 

ラフレシア

(公開題:『すけべ妻 夫の留守に』)
1995|63分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:渡剛敏|撮影:稲吉雅志|出演:貴奈子、吉行由実、伊藤清美、今泉浩一、大沢涼、川崎浩幸、小林節彦

狂信的な父親に囚われていた無垢な少女が下界へと逃避行を図った事から、とある変態一家の価値観が大きく揺らいでいく。電動ノコギリバトル、日本刀VS.包丁などのカオスにまみれながらも、不思議な爽快感につつまれるブラック・コメディ。

*デジタルリマスター版での上映  R18

—————————————————————————————————————

名前のない女たち

2010|105分|製作:『名前のない女たち』製作委員会|配給:ゼアリズエンタープライズ、マコトヤ|脚本:西田直子|撮影:鈴木一博|出演:安井紀絵、佐久間麻由、鳥肌実、河合龍之介

地味なOLだった純子は路上でスカウトされコスプレ女優となる。同じ事務所の元ヤンキーの先輩女優とも仲良くなり自分の居場所を見つけたと感じたのだが…。名前が紹介されることもなく使い捨てられていく企画AV女優たちの衝撃的な性と生をつづり話題を呼んだ同名ノンフィクション書籍の映画化。

R15

————————————————————————————————————

華魂 幻影

2016|83分|製作:華魂プロジェクト|配給:渋谷プロダクション|脚本:いまおかしんじ|撮影:御木茂則|出演:大西信満、イオリ、川瀬陽太、愛奏、吉澤健、真理アンヌ、三上寛

抑圧された人間の欲望や暴力性が花開く姿を、毒々しくも美しい幻の花に託した、華魂シリーズ第2弾。映写技師の男が、ラブロマンス映画『激愛!』の中に、存在するはずのない少女の面影を見る…。

映画館に阿鼻叫喚の“華魂”を降臨させる、“血まみれ版”『ニュー・シネマ・パラダイス』。
R18

————————————————————————————————————–

眼球の夢

2016|102分|製作:アレット・トン・シネマ、スタンス・カンパニー|配給:太秦|脚本:夢野史郎|撮影:御木茂則|出演:万里紗、桜木梨奈、中野剛、小林竜樹、PANTA
眼球写真を撮り続ける写真家の女と幻影肢を主題にしたドキュメンタリー映画を制作する男。そして眼球コレクターの謎の人物…。果たしてこの物語は、現実なのか虚構なのか? ハーバード大学感覚民族誌学研究所教授のプロデュースによる、観客を視姦し、終わることのない悪夢の映画。

*英語字幕版での上映 R18
————————————————————————————————————–

 

サトウトシキ監督作品  


 

タンデム

(公開題:『痴漢電車人妻篇 奥様は痴女』)

1994|59分|製作:アウトキャスト・プロデュース|配給:新東宝映画|脚本:小林政広|撮影:繁田良司|出演:清水大敬、紀野真人、葉月蛍、扇まや、石原ゆり

深夜喫茶で出会った中年男と20代の青年が、青年のバイクに二人乗りして夜の街を走りながらそれぞれの女性体験を回想する…。タンデム(相乗り)する、二人の絶妙な関係が卑しくも微笑ましいロードムービー。かつてフォークシンガーだった脚本の小林政広が唄う劇中歌が秀逸。

*35mm英語字幕版での上映  R18

————————————————————————————————————

ライク・ア・ローリング・ストーン

(公開題:『悶絶本番 ぶちこむ!!』)

1995|62分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:立花信次(福間健二)|撮影:小西泰正|出演:本多菊夫、南口るみね、田中要次、吉行由美、葉月蛍 、細谷隆広、今泉浩一

同棲してる女と微妙な関係になった失業中の男が、たどりついた田舎町で“笑わない女”と出会い、彼女の実家の印刷工場で働き始める。だが同棲していた女が失踪したことから彼は東京に戻り、その後いずこかへ旅立つ。福間健二が自作の詩をモチーフに脚本を手がけた。

*16mm版での上映  R18

————————————————————————————————————

空き部屋

(公開題:『団地妻 隣のあえぎ』)

2001|69分|製作・配給:国映、新東宝映画|脚本:今岡信治|撮影:広中康人|出演:中川真緒、佐々木ユメカ、伊藤猛、田尻裕司、斉藤つかさ

 

夫が腰痛でセックスレスな幸子は、団地の空き部屋で隣の部屋から聞こえてくる女のあえぎ声を盗み聞きしていた。ある日その女の夫と知り合い、その空き部屋で関係を持つようになるのだが…。可笑しくも切ない二組の夫婦の団地生活。

*35mm英語字幕版での上映  R18

——————————————————————————————————

夢なら醒めて…
2002|103分|製作:日本スカイウエイ、国映、エンドレス|配給:日本スカイウエイ|脚本:小林政広、今岡信治|撮影:広中康人|出演:前田綾花、大森南朋、戸田昌宏、渡辺真紀子

メジャー・アイドルを目指すアイと彼女に夢中のさえない男、利彦が出会う。数日後、アイは『夢なら醒めて』で歌手デビューにCM出演も決まり、その喜びを利彦と分かち合うのだが…。
1998年に話題となったアニメ映画『パーフェクトブルー』の実写版。

*35mm版での上映

————————————————————————————————————

ちゃんこ

2005|119分|製作:ネオプレックス、ドリームワン|配給:ドリームワン|脚本:山田耕大、港岳彦|撮影:広中康人|出演:須藤温子、東貴博、リカヤ・スプナー、渡部篤郎

ブラジル留学生のカブレラから相撲部に勧誘された由香は、稽古の姿に感動し思わず入部してしまうのだが、部員はたったの二人。廃部寸前の部を立て直すべく、カブレラの留学生仲間を引き入れ、大学相撲選手権の優勝を目指すのだが…。『菊とギロチン』の10年前に女子相撲を題材とした逸品。

*35mm英語字幕版での上映

———————————————————————————————————–

地獄の猫

2010|41分|製作:日本映画学校|脚本:天願大介|撮影:広中康人|出演:大田怜治、曽我部智喜、小山田華

 

童貞連盟の一員・緑川は、同じ大学に通うエミリに想いを寄せていた。一方、猫殺害以来、人格が豹変した金沢は次々と奇跡を起こし、エミリをもモノにしてしまう。猫の呪いか!? 遂に立ち上がる緑川、そして童貞連盟だったが…。日本映画学校(現日本映画大学)俳優科卒業制作として作られた。劇場初公開!

————————————————————————————————————

名前のない女たち うそつき女

2018|103分|製作:「名前のない女たち うそつき女」製作委員会|配給:渋谷プロダクション|脚本:加瀬仁美|撮影:小川真司|出演:吹越満、城アンティア、円田はるか、笠松将
AV女優を専門に取材するルポライターの志村。本音では彼女たちを見下しながらも、なぜか彼女たちを追い続けていた。ある日の取材を通して出会った企画AV女優の葉菜子は、いままでの彼女たちと何か違っていた…。誰もが、心にある闇や、葛藤、矛盾、言いようのない何かを抱えて、それでも生きていく…。
*R15

————————————————————————————————————

 

佐野和宏監督作品

————————————————————————————————————

走れ、走りつづけよ!

(公開題:『爛熟性戯 うずく』)

1991|55分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:佐野和宏|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、岸加奈子、川奈忍、荒木太郎、中川みず穂、上田耕三、いぐち武士

『真夜中のカーボーイ』のような、男同士の熱い関係を感じさせるヤン坊、マー坊シリーズの2作目。前作のラストでヤクザに命を狙われ北海道へ旅立ったヤン坊とその妻。前作で死んだマー坊と瓜二つの青年が現れるなど、ドラマは展開し、アメリカンニューシネマ的に悲劇的な結末で完結する。
*16mm版での上映  R18

——————————————————————————————————

東京ダダ~ no more, never more

(公開題:『発情不倫妻』)
1991|57分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:佐野和宏|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、岸加奈子、水鳥川彩、上田耕造、荒木太郎、小林節彦、伊藤清美

画家の佐々木は、友人の妻そしてその妻の妹とも肉体関係を持つ。不倫という閉ざされた男女関係のなかで、自身のだらしなさを美化しようとする男と女のデカダンスなラブストーリー。ボディペインティングをしながらの行為や砂丘でのラストシーンが強烈な印象を残す。

*16mm版での上映  R18

————————————————————————————————————

海鳴り 或いは波の数だけ抱きしめていられるか、アホンダラ!

(公開題:『集団痴漢 人妻覗き』)
1991|60分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:佐野和宏|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、岸加奈子、伊藤清美、梶野孝、小林節彦、上田耕三、吉本直人、今泉浩一

海沿いのちいさな町を舞台に不良グループと兄嫁に思いを寄せる少年、多淫な人妻、突然東京から来たストレンジャーなど、からみ合う欲情と人間関係を描き出す。夢とは何か?未来とは何か?

同年公開された映画『波の数だけ抱きしめて』に対する佐野のリリカルで痛快な批判。

*35mm版での上映  R18

————————————————————————————————————

ふくろうの夏

(公開題:『熟女のはらわた 真紅の裂け目』)

1997|60分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:佐野和宏|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、麻生みゅう、工藤翔子、吉行由美 、白都翔一、神戸顕一

佐野が演じるのは、自分の罪を密告した妻に復讐するために脱獄した男。道中、援助交際相手に襲われていた少女を救ったことで、脱獄犯と少女の奇妙な逃避行がはじまる…。性と暴力を前景におきながらも、絶望のなかで救いをもとめ生き続ける人間の喜怒哀楽を描き続けてきた佐野の最後のピンク監督作品。

*16mm版での上映  R18


 

バット・オンリー・ラヴ

2015|89分|製作:『But only love…』製作運動体|配給:東風|脚本:佐野和宏|撮影:田宮健彦|出演:佐野和宏、円城ひとみ、酒井あずさ、蜷川みほ、芹沢りな、飯島洋一

癌で失くした声とひきかえに、人生を見つめ直した男。ある日、娘が実の子ではないと知る。妻への疑念は嫉妬と憎悪に、やがて妄執となり…。佐野がキャメラに向かって延々と語りかける。その声は、かすれ、とぎれ、言葉にならない。しかし鬼気迫る姿から目をそらすことができない。震える魂の叫びを、なけなしの愛の物語を…佐野の声を聞け!

————————————————————————————————————

 

瀬々敬久監督作品  

—————————————————————————————————————

坊さんが屁こいた

(公開題:「未亡人 初七日の悶え」)

1993|61分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:瀬々敬久|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、小川真美、下元史朗、摩子、蒲田市子、外波山文明、小林節彦

瀬々版「河内山宗俊」! ゼネコン汚職と戦うエロ坊主!? 関東大震災の予言を伏線に、佐野和宏演ずる好色エロ坊主が思いをよせる未亡人のために奮闘する。開発の進む下町の人間模様とそれに反発する男女の懸命な姿を善と悪のコントラストを色濃く反映させて描いたエンターテインメント作品。

*16mm版での上映  R18

—————————————————————————————————————現代群盗伝

(公開題:「未亡人 喪服の悶え」)

1993|62分|製作:国映|配給:新東宝映画|脚本:瀬々敬久|撮影:斎藤幸一|出演:佐野和宏、石原ゆり、葉月蛍、小林節彦、伊藤猛、いぐち武士、吉田武実

『坊さんが屁こいた』の続編のエロ坊主もの。明治時代に起きた民衆蜂起「秩父事件」の秩父困民党を現代のピンク映画に導入するという離れ技に驚かされる。秩父のロケーションの中に立ち上がる民衆の姿に泣ける。本作で映画デビューした葉月蛍の愛らしさも見逃せない。

*デジタルリマスター版での上映  R18

—————————————————————————————————————

End of The World(公開題:「すけべてんこもり」)

1995|65分|製作・配給:国映|脚本:瀬々敬久|撮影:中尾正人|出演:河名麻衣、川瀬陽太、泉由紀子、伊藤猛、小林節彦、細谷隆広

逃亡中の若い男女。女が里子に出した息子を取り返そうと島にやってくるが…。火山噴火前の三宅島でロケを敢行。溶岩で埋もれた大地が宇宙のごとき異世界。瀬々作品常連の川瀬陽太はこれで初出演。ラスト、キャメラに向かって問いかける川瀬の突き抜けた存在感が見事。

*デジタルリマスター版での上映  R18

——————————————————————————————————-

ヘヴンズ ストーリー
2010|278分|製作:ヘヴンズ プロジェクト|配給:ムヴィオラ|脚本:佐藤有記|撮影:鍋島淳裕、斎藤幸一、花村也寸志|出演:寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ

家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、一人息子を育てながら復讐代行を副業にする警官、理由なき殺人を犯した青年、そしてその青年と家族になろうとする女性。得体の知れぬ憎しみが覆う世界に向けて、日常の中にある「罪と罰」というべき大きな命題に挑み、復讐の先にある再生を描ききった、全9章4時間38分の大叙事詩。

——————————————————————————————————-

菊とギロチン

2018|189分|製作:「菊とギロチン」合同製作舎|配給:トランスフォーマー|脚本:相澤虎之助、瀬々敬久|撮影:鍋島淳裕|出演:木竜麻生、韓英恵、東出昌大、寛 一 郎

大正末期、関東大震災直後の混沌とした社会情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会い、「自由な世界に生きること」を夢見て、それぞれの闘いに挑む――。世界に風穴をあけたいと願った若者たちの、アナーキーな青春群像劇。

 

参考上映

「ラストショー亀有名画座」

1999年|約90分|製作:脚本:撮影:演出:藤本友徳|

出演:今井通雄(亀有名画座支配人)、瀬々敬久、サトウトシキ、佐藤寿保、佐野和宏

1999年2月末日。東京の下町から映画館の灯が消えた。成人映画専門の上映館として多くの人々に愛されていた亀有名画座。ピンク四天王をはじめ、支配人の今井氏と縁のある映画人や有志一同は、ラストショー上映のために集まった。何も見返りを求めず、映画を愛し、人を愛した若者たちの、かけがえのない青春と純情の記録である。

 

 


NONFIX
「ピンク四天王」

1998年6月17日、フジテレビNONFIX枠で放送されたこの番組。

このような企画を地上波の編成の人が受け入れてくれたことが、

今では幻のことのように思えます。MAの時、ナレーションをつとめて

いただいた大杉連さんが、ブースの中で喜々として「あ!〇〇さんだ!」

と盛り上がっていたことを思い出します。/ ホリプロ 藤原 努

 

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください