映画

「バットマンのジョーカーと同じ」(ドハティ監督) ゴジラの最強ライバル、キングギドラ紹介映像一部公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<ストーリー>
前作から 5 年後。モナークの前進基地に住むエマと娘のマディソンは、突如傭兵部隊に襲われ、巨大生物とコミュニケーションをとることのできる音響装置“オルカ”とともに連れ去られてしまった。モナークの幹部・芹沢博士は、エマの元夫でオルカの共同開発者であるマークに協力を要請。マークは娘を助けるために二人を探すことを承諾するが、行く先々でキングギドラ、ラドン、モスラが次々と復活し、さらにそこにゴジラが現れて怒涛の死闘が展開されていく…。果たして怪獣たちと人類の命運はどうなっていくのか?

 

【以下プレスリリース文掲載】

開され、公開週末興行収入 No.1 を獲得、日本国内興行収入 28 億円の大ヒット記録した『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の Blu-ray&DVD が 12 月 18 日(水)リリースとなります。
注目の商品は、限定色仕様アクション・フィギュア「S.H.MonsterArts GODZILLA[2019]」をケースごと同梱、新撮映像、未公開映像満載の限定特典ディスクや、日本で展開されたアートワークを網羅したオールカラーブックレットを収録した、完全限定生産版。特典ディスもつくBlu-ray2 枚組、DVD2 枚組も同時発売となります。

この度、Blu-ray&DVD 発売に先駆け、ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラを紹介する特典映像「モンスターズ 101」よりゴジラの最強ライバル、キングギドラの映像を特別公開致します。

 

 

 

今回公開されたのは、ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラを紹介する特典映像「モンスターズ 101」より、キングギドラを紹介する映像。映画に登場する怪獣の生体や特徴、武器などが本編シーンや、マイケル・ドハティ監督やミリー・ボビー・ブラウンなどキャストのインタビューとともに紹介されていく。

 

“生きる消滅マシン”と紹介されるキングギドラは、その圧倒的存在感と強さで日本でも大人気の怪獣だが、マイケル・ドハティ監督が「ゴジラを脅かす存在だね。バットマンのジョーカーと同じ」と言うほどに、本作でもキングギドラの迫力は圧巻。史上最大の怪獣であるキングギドラの 3 つの頭が起きあがってゆき、光線を吹くまでの堂々たる姿には神々しさすら感じる。特典映像「モンスターズ 101」には、ゴジラ、モスラ、ラドンの紹介映像も収録されており、見応えのある紹介映像となっている。

 

物心ついた頃からのファンで全作観ているというハリウッドきっての“ゴジラオタク”ドハティ監督。特典映像ではそのほかにも、そんな彼が怪獣たちに込めた想いを垣間見ることができる映像が収録されている。「怪獣たちの進化」では、プリビズやモーションキャプチャの様子を交え、怪獣たちの造形から鳴き声に至るまで、監督そして造形アーティストが怪獣たちをいかにして作り上げたかが徹底解説されている。さらに、監督、作家、学者らが様々な視点から怪獣について語る「リアル・オブ・モンスターズ」、また『GODZILLA ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』が同じ世界観の物語であることが「モンスターバースの世界」で解説されている。本編で迫力バトルを繰り広げた怪獣たちを掘り下げ、その魅力を多方面から紐解く、怪獣ファンにとってたまらない必見映像の数々が収められている。

 

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』Blu-ray&DVD は 12 月 18 日(水)発売となる。(同時レンタル開始)

 

 

■完全数量限定生産 4 枚組 S.H.MonsterArts GODZILLA[2019] Poster Color Ver.同梱

TBR29310D 15,000 円+税

スペシャル特典 DISC Blu-ray
<収録内容> ※Blu-ray2 枚組、DVD2 枚組共通特典
■ゴジラ キング・オブ・モンスタートイズ
■イベント映像集
■オフィシャル・インタビュー
■モンスターズ 101 ※
■怪獣たちの進化 ※
■モナークの行動 ※
■ミリー・ボビー・ブラウン ※
■モンスター・テック ※
■リアル・オブ・モンスターズ ※
■モンスターバースの世界 ※
■未公開映像 ※
■北米版劇場予告 ※
■コンセプトアート(静止画) ※
■Blu-ray2 枚組 TBR29308D 4,800 円+税
■DVD2 枚組 TDV29309D 3,800 円+税

 

<スタッフ>
監督:マイケル・ドハティ

脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ

撮影監督:ローレンス・シャー

美術監督:スコット・チャンブリス

音楽:ベアー・マクリアリー

<キャスト> 括弧内は日本語吹替
マーク・ラッセル:カイル・チャンドラー(田中圭)
エマ・ラッセル:ヴェラ・ファーミガ(木村佳乃)
マディソン・ラッセル:ミリー・ボビー・ブラウン(芦田愛菜)
ヴィヴィアン・グラハム:サリー・ホーキンス(高橋理恵子)
芹沢博士:渡辺謙(渡辺謙)
チェン:チャン・ツィイー(甲斐田裕子)
※字幕翻訳:松崎広幸、吹替翻訳:平田勝茂

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください