映画
アニメ

フェイクか?真実か?世界で論争を巻き起こした伝説的番組『第3の選択/米ソ宇宙開発の陰謀~火星移住計画の謎』が奇跡のDVDリリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

第3の選択.jpg



フェイクか! ? リアルか! ? 科学者失踪事件を追うTV取材班が突き止めた、驚愕の“真相”とは…。英国全土でパニックと論争を巻き起こした世紀の問題作、遂に解禁!

本作は、英国のTV局が1977年4月1日―エイプリルフール放送用に制作した、フェイク・ドキュメンタリー番組…のはずだった。しかし、そのあまりの衝撃的な内容に問い合わせが殺到。日本でもフジテレビ、日本テレビで放映され未だにその真贋を巡って議論が絶えない伝説的な番組となった。DVDリリースにあたり、日本語吹替音声は、「木曜スペシャル・矢追純一UFOシリーズ」のナレーションでお馴染み、矢島正明が担当。特典映像として、放送から30年後の2007年に監督とメインキャストが再集結して製作秘話を語ったメイキングと、本作を“監督業に携わるキッカケになった作品”と公言する映画監督・鶴田法男が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011で行なったトークイベントの模様も収めた。約40年の時を経て、遂にDVD化される伝説の番組は、貴重な特典を盛り込んだマニア垂涎の仕様となっている。

今回は、本作のDVD化に尽力された鶴田法男監督にお話を伺ってきました。
(インタビュアー:ジャンクハンター吉田)



優秀な科学者たちが、よりよい研究環境を求めて海外へ――英国アングリアTVのドキュメンタリー番組「サイエンス・リポート」取材班は、“頭脳流出問題”を追ううちに、出国したとされる彼らの幾人もが行方不明になっていたという事実を掴む。やがて、電波天文学の権威・バランタイン卿が急死。単なる事故死かと思われたが、彼は事故の前日、旧友の新聞編集者に宛ててオープンリール式のテープを送っていたことが判明する。調査を始めた取材班のもとに、事故の数週間前、NASAで博士と会ったという男からの連絡が…。

カラー/4:3 スタンダード ほか/片面1層/本編 約52分+特典 約48分
■字幕:1.日本語吹替用字幕 2.日本語字幕
■音声:1.日本語吹替〈ドルビー・デジタル・モノラル〉 2.オリジナル英語〈ドルビー・デジタル・モノラル〉
■特典映像:製作30周年(2007年)記念の監督、脚本家、主演のメイキングトーク/「ゆうばりファンタ2011」での鶴田法男監督のトーク
■封入特典:鶴田法男監督、石井てるよし監督によるライナーノーツ

発売日:2015/1/30(金)
価格:4,104 円(税込)
発売元:「第3の選択」DVD発売委員会
販売元:マクザム
(C) 1977 ANGLIA PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください