映画
アニメ

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』エンディングテーマが川畑要「breakthrough」に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『ベルセルク-黄金時代篇?-.jpg



2013年2月1日、いよいよ黄金時代篇最終章を迎える映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅲ 降臨』のエンディングテーマを、川畑 要が歌うことが決定した。

ヴォーカル・デュオCHEMISTRYとしての11年のキャリアを経て、2012年10月3日に待望のソロデビューを果たした川畑 要。ソロデビュー・シングル「TOKYO GIRL」がオリコン・ウィークリーチャート初登場8位を記録するなど、ソロシンガーとして順調なキャリアをスタートさせた中、早くも今回のエンディングテーマが2ndシングルとして1月30日に発売されることが決定。楽曲タイトルは「breakthrough」。川畑がソロデビュー前から温めてきた楽曲をベースに、「ベルセルク」の世界観に共鳴させる形でリメイク。音楽監督をつとめる鷺巣詩郎のアレンジによって、荘厳でスケール感のある力強いバラードが誕生した。

【11月14日AM10時解禁】『ベ.jpg
【川畑 要コメント】
10代の頃から原作の漫画やアニメで「ベルセルク」に触れる機会があり大好きな作品なので、お話をいただけた時はすごく興奮した事を覚えています!もともと温めてきたオリジナル「breakthrough」の楽曲から、より作品の世界観に共鳴するようにアレンジを変え、また「剣先(きっさき)」というワードや主人公ガッツの姿を思い起こさせるような歌詞を盛り込む事で、壮大なベルセルク版「breakthrough」に生まれ変わったと思います。自分自身が感じるガッツの『叫び』のようなものと、前へ進んでいきたい!という自分の想いが、この楽曲から伝わってくれたら嬉しいです。

【ストーリー】
夢の終わり、恐怖のはじまり
ミッドランド王都ウインダムの地下深く―
反逆罪によって囚われたグリフィス奪還のため、キャスカはじめ鷹の団の残党は、グリフィス幽閉の地“再生の塔”へ向かう。修行の旅から帰還し、力強く成長したガッツの剣はもはや無双、見事グリフィスを取り戻す。しかし、両手両足の腱を切られ、舌を抜かれたグリフィスに、かつての夢を追う術はない。ガッツ、キャスカ、そしてグリフィスの願いは・・・。

2013年正月第2弾、 新宿バルト9他全国公開

公式サイト www.berserkfilm.com
公式Twitter https://twitter.com/Clara_de_Porras
Facebook http://www.facebook.com/berserkfilmJP

【キャスト・スタッフ】
岩永洋昭、櫻井孝宏、行成とあ
梶 裕貴、寿美菜子、矢尾一樹、豊崎愛生
中村悠一、竹達彩奈、三宅健太、大塚明夫

原作:三浦建太郎(スタジオ我画)
監督:窪岡俊之  脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン・総作画監督:恩田尚之
アニメーションディレクター:岩瀧 智
美術監督:新林希文 中村豪希 竹田悠介
主題曲:平沢 進「Aria」(テスラカイト)
音楽:鷺巣詩郎
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給/ワーナー・ブラザース映画

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS








登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください