映画
アニメ
ゲーム

「セガール川柳コンテスト」記者発表会実施!羽田圭介さんがセガールの魅力をアピール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

画像㈰

CS映画専門チャンネルのムービープラスは、2016年元日に放送する特別編成「スティーヴン・セガール12連発」を記念した特別企画「セガール川柳コンテスト」を開催する。

今回、東京ソラマチにあるJ:COM Wonder Studioにて「セガール川柳コンテスト」の記者発表会が実施され、芥川賞受賞作家の羽田圭介さんが登壇した。

 

羽田さんはこの日、レザージャケットをはじめ、全身黒のコーディネートで登場し「セガールを意識したんですが、なぜか秋葉原っぽくなってしまいました」とコメント。また「中学や高校の頃からセガールが好きでした。映画を観た次の日に、学校で友達と感想を言い合ったり、セガールごっこをしたり」と大のセガールファンであることを告白。さらに「まさかこんなことになるとは思っていなかったです。僕がセガール好きだということは知られていないはずなんですけどね。10年くらいずっと隠してたのに、どうして分かったんだろう?」と今回のキャスティングに驚いた様子だった。

 

画像㈫

 

また今回行われる「セガール川柳コンテスト」の審査については、「テクニックのあるものではなく、ちょっと素人感が出ているものが好き。今回で言うと、セガールっぽい、セガール感の出ているもの、というのを審査のひとつの基準にしたいです」と、審査員としての意気込みを語った。

 

セガールの魅力について聞かれると「絶対負けないところ。最近では年齢とともに最強感がどんどん増してきているように思います」とコメント。また“セガールを漢字一文字で例えると?”という質問には「『流』です。合気道で敵の攻撃を受け流して倒すので。それと、最近の作品では痛い思いをしたくないから適当に流している感じがするというところからもこの漢字を選びました」とセガール好きな羽田さんらしい表現で答えた。

 

画像㈪

 

最後に「昔は柔道の授業中に、合気道でセガールの真似をしていたのに、まさか自分がこんな記者発表会に出るとは思ってもいませんでした。セガール作品はたくさんあるけど、どの作品もテイストが違うので、全部観るのがおすすめです!」と、元日の特別編成についてアピールした。

 

「セガール川柳コンテスト」は2016年1月11日(月・祝)まで
ムービープラス公式WEBサイトまたはハガキで募集中!
「スティーヴン・セガール12連発」CS映画チャンネルムービープラスで放送!
放送日時:2016年1月1日(金・祝)5:00~翌4:00

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください