映画
アニメ

シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2022  映画『呪われた息子の母 ローラ』予告編解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画に特化した「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つであるとともに、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であるため世界でも権威のある国際映画祭です。

 

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。日本のホラーファンからの熱狂的な支持を集めてきました。そして、今年も「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2022」の開催が決定!今年で9回目を迎え、東京はヒューマントラストシネマ渋谷だけでなく、初の試みとして池袋HUMAXシネマズとの2劇場同時開催が決定しました!そのほか名古屋:シネマスコーレ、大阪:シネ・リーブル梅田、京都:アップリンク京都、さらに兵庫:CinemaKOBEも今年初参戦!10月より全国開催いたします!

カルト宗教、奇病、悪魔…様々な脅威が母子を襲う!

 

 

 

『呪われた息子の母 ローラ』は、シングルマザーとその息子の8年に渡る逃亡劇。カルト教団から逃げ出し、息子のデイヴィッドと2人で幸せに暮らしていたローラは、ある日、寝ているデイヴィッドが何者かに囲まれている光景を目撃し、その日からデイヴィッドは謎の奇病に悩まされてしまう。一向に回復しない息子を献身的に看病するローラだったが、ある夜、血まみれになった息子が横たわった大人の内臓を抉り出す姿を目の当たりにする。その後、次々と災難が降りかかるなか、ローラは封印していた自らの過去やある真実と向き合うことになる。

 

『オーメン』のダミアンをはじめ、『エクソシスト』のリーガンなど観客を恐怖の渦に突き落としてきたホラー映画の子どもたち。本作のデイヴィッドも「この子、何だかおかしいぞ…?」と思わせるような変貌を遂げていく。純真でかわいらしい笑顔を覗かせていたかと思えば、突如、体を痙攣させて暴れ出し、体中にあざを浮かべたとおぞましい姿に。予告篇でも大量の血を浴びた姿やベッドの下からまるで蜘蛛のように這いつくばる不気味な動きを見せているが、その真相とは一体…?

 

『ハロウィン KILLS』のA・マティチャックが

秘密を抱えた母を熱演!

 

そんな豹変してしまった息子デイヴィッドの母ローラを演じているのが、2018年から始動したリブート版『ハロウィン』シリーズで初代ヒロイン・ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)の孫娘アリソンに扮したアンディ・マティチャック。ハリウッドの第一線で活躍する彼女が、本作ではどんなことがあっても子を守ろうと奮闘する愛情深き母を熱演。子どもに対する穏やかな表情を見せたかと思えば、弱っていくデイヴィッドを抱え、必死の形相で追手から逃げ惑い、さらには覚悟を決めたような表情を浮かべ…。とある秘密を抱えた母親の心情の変化を巧みに表現している。

 

また、カルト教団から虐待を受けたという暗い子ども時代を過ごし、精神病棟に入ってたこともあるという母ローラ。捜査でも家に押し入られた形跡もなく、果たしてこれはすべて彼女の妄想なのか…!?というニューロティックな不安感を煽るマティチャックの怪演は圧巻だ!

 

 

『パラミドロ』

 

 

★美女ハイカーにはご用心!心理バトルが交錯するアップテンポなロードホラー

 

ライドシェアでひとつのバンに乗り合わせた4人の男女が、峠越えの途中で怪我を負った女性ハイカーに遭遇。病院に運ぼうとしたことから命の危険と向き合うハメになるハイテンションなロードホラー。生き残るためのルールは「決して彼女の隣に座ってはいけない!」。ストレートなグロ描写に加えて、ミソジニーを抱えた古風な男性とパワフルな女性たちの心理バトルが同時進行。裏テーマ的に現在のジェンダー問題も織り込んだ野心作。

 

○監督:ラウル・セレッソ、フェルナンド・ゴンザレス・ゴメス

○出演:ラミロ・ブラス、セシリア・スアレス、パウラ・ガジェゴ

○原題:THE PASSENGER 2021年/スペイン/90分

© 2021 Person´s Films/la Dalia Films

 

 

 

『ヴィーガンズ・ハム

 

 

★人狩り行こうぜ!! 肉屋夫婦のヴィーガン狩りを描く痛快コメディ

 

 

コメディアン出身のファブリス・エブエが監督と主演を兼ねたブラックコメディ。ヴィンセントとソフィーは結婚30年。すっかり倦怠期に陥り、家業である肉屋の経営も厳しい。ある日、店がヴィーガンの活動家たちに荒らされ、ヴィンセントが犯人の一人を殺してしまう。死体処理に困ったヴィンセントはハムに加工するが、ソフィーの勘違いで店頭に出すと図らずも人気商品に……。戦慄の人間狩りと夫婦愛を両立させた不謹慎な笑いが満載。

 

 

○監督:ファブリス・エブエ

○出演:マリナ・フォイス、ファブリス・エブエ、ジャン=フランソワ・キエレイ、リサ・ド・クート・テイシェイラ

○原題:BARBAQUE 2021年/フランス/87分

©  2021 – Cinéfrance Studios – TF1 Studio – Apollo Films Distribution – TF1 Films Production – Chez Félix Cinéfrance SAS – Cinéfrance Plus – Cinéfrance 1888

 

 

 

『呪われた息子の母 ローラ

 

 

★『ハロウィン KILLS』A・マティチャック主演 母子の8年に渡る逃亡劇

『ザ・カナル 悪魔の棲む場所』(別題:運河の底)のアイヴァン・カヴァナー監督がカルト集団に追われる親子の恐怖を描く。カルト教団から逃げ出して8年が経ち、シングルマザーとして息子デイヴィッドを育てていたローラ。ところが教団信者に襲撃され、それ以降デイヴィッドは謎の奇病で苦しめられる。やがて明かされる、ローラが封印していた衝撃の真実とは? 『ハロウィンKILLS』のマティチャックが狂気スレスレの母親を熱演。

 

 

○監督:アイヴァン・カヴァナー

○出演:アンディ・マティチャック、エミール・ハーシュ、ルーク・デイヴィッド・ブラム、クランストン・ジョンソン

○原題:SON 2021年/アイルランド、アメリカ、イギリス/98分

© AMN Productions LTD. t/a Park Films / Elastic Film Entertainment Ltd / Belladonna Productions Inc. 2020

 

 

 

 

『ゾンビ・サステナブル

 

 

★ゾンビで栄養補給!ハイテンションな世紀末バイオレンスアクション

『サイバー・ゴースト・セキュリティ』のキア・ローチ=ターナー監督が、『マッドマックス』とゾンビ映画をミックスさせた2014年のデビュー作『ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ』と同じ世界観で新章を描く世紀末バイオレンスアクションホラー。人類の大半がゾンビ化した近未来のオーストラリアで、悪らつなボスに反旗を翻した兵士リースと反乱軍が、ゾンビウィルス治療のカギを握る少女を救出する危険なミッションに挑む。

 

○監督:キア・ローチ=ターナー

○出演:ルーク・マッケンジー、ジェイク・ライアン、ビアンカ・ブレイディ、ジェイ・ギャラガー

○原題:WYRMWOOD APOCALYPSE 2021年/オーストラリア/90分

© 2021 WYRMWOOD PRODUCTION HOLDINGS PTY LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

『ビハインド・ザ・ドア 誘拐

 

 

★突然、拉致監禁され逃げ惑う少年たち…誘拐犯の正体とは?

何者かに拉致されてしまった12歳のボビーとケヴィン。ボビーは放り込まれた車のトランクからからくも逃げ出すが、人里離れた屋敷からケヴィンの悲鳴が聞こえてくる……。スタンリー・キューブリックの『シャイニング』やリチャード・ドナーの『グーニーズ』をこよなく愛する監督コンビが、ジュブナイルものと絶叫ホラーを融合。斧を振り回して襲いかかる誘拐犯と、背後にうごめく謎の組織の陰謀。果たして2人を襲った者の正体とは?

 

 

○監督:デイヴィッド・シャルボニエ、ジャスティン・パウエル

○出演:ロニー・チェイヴィス、エズラ・デューイ、クリステン・バウアー・ヴァン・ストラテン

○原題:THE BOY BEHIND THE DOOR 2020年/アメリカ/88分

©2021 TBBTD LLC

 

 

『ぼくのデコ 23歳のヴァンパイア兄貴

★ヴァンパイアになった兄を生かす?殺す?究極の二択を描くホラーコメディ

 

 

 

奇想天外な殺戮ショーで2012年のシッチェス映画祭を沸かせた『道化死てるぜ!』のコナー・マクマホン監督が贈るホラーコメディ。スーパーマーケットで働くティーンエイジャーのマットに驚天動地の事実が発覚。なんと兄のデコがヴァンパイアになってしまったのだ! マットは兄を生かすべきか、それとも杭を打ち込んで滅ぼすべきかの二択に引き裂かれるハメに。原題は『ぼくのエリ 200歳の少女』の英語タイトルをもじったパロディ。

 

○監督:コナー・マクマホン

○出演:カール・ライス、アンソニー・ヘッド、オーエン・ダフィ、ヒルダ・フェイ

○原題:LET THE WRONG ONE IN  2021年/アイルランド/96分

© 2021 Workshed Films Ltd.

 

 

シッチェス映画祭とは

シッチェス映画祭は、1968年に創設されたスペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催される映画祭。国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭であり、ファンタジー系作品(SF映画・ホラー映画・スリラー映画・サスペンス映画など)を中心に扱うスペシャライズド映画祭として、世界でも権威のある国際映画祭のひとつである。

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、ポルト国際映画祭(ファンタスポルト)と並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格であり、ホラーやファンタジージャンル映画の最先端作品を選定する特徴。歴代の最優秀作品には『狼の血族』『死霊のしたたり』、日本映画の『リング』などがある。最優秀賞受賞者もヴィンセント・プライスからデヴィッド・クローネンバーグ、審査員には『食人族』のルッジェロ・デオダートがいたりと、本映画祭の歴史がホラー映画の歴史を表していると言っても過言ではない。

近年では中島哲也監督の『渇き。』が最優秀男優賞、新海誠監督の『君の名は。』がアニメーション部門にて、最優秀長編作品賞を受賞するなど、日本ともゆかりの深い。

 

 

■映画祭タイトル「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2022」

■会期・会場:10月21日(金)~11月10日(木)  @ヒューマントラストシネマ渋谷

10月21日(金)~11月3日(木・祝) @池袋HUMAXシネマズ

11月開催               @シネマスコーレ

10月28日(金)~11月17日(木)  @シネ・リーブル梅田

11月4日(金)~11月17日(木)   @アップリンク京都

11月5日(土)~11月25日(金)   @CinemaKOBE

■料金:当日一般:1,600円 ※各種サービス適用、詳細は各劇場にお問い合わせください

■公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/

■FB: https://www.facebook.com/sitgesfanta/

■ツイッター: @sitges_fanta

■配給・宣伝:ブラウニー 協力:松竹

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください