アニメ

映画『峠 最後のサムライ』役所広司が颯爽と戦場に登場する本編映像が公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

敵軍50,000人に、たった690人で挑んだ“最後のサムライ”
慶応3年(1867年)、大政奉還。260年余りに及んだ徳川幕府は終焉を迎え、諸藩は東軍と西軍に二分していく。
慶応4年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が勃発した。越後の小藩、長岡藩の家老・河井継之助は、東軍・西軍いずれにも属さない、武装中立を目指す。戦うことが当たり前となっていた武士の時代、民の暮らしを守るために、戦争を避けようとしたのだ。
だが、和平を願って臨んだ談判は決裂。継之助は徳川譜代の大名として義を貫き、西軍と砲火を交えるという決断を下す。
妻を愛し、国を想い、戦の無い世を願った継之助の、最後の戦いが始まった……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』がついに初の映像化!
『峠 最後のサムライ』(松竹=アスミック・エース共同配給)が本日6月17日(金)よりついに全国公開スタート。

監督・脚本は、黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した初監督作品『雨あがる』以来、人間の美しい在り方を描いてきた日本映画界の名匠・小泉堯史。主演の“最後のサムライ”河井継之助を演じるのは、日本映画界を代表する俳優・役所広司。さらに、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら錚々たる豪華俳優陣が一挙集結!

一介の藩士でありながら、諸国への遊学を経て培った先見性とグローバルな視野をもとに、領民のための斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。しかし、時流は倒幕へと傾き、サムライとしての使命と庶民を先導するリーダーとしての狭間で葛藤しながらも、継之助はやがて強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく。「最後のサムライ」として、守るべきもののため本当の正義を貫こうとするその姿、そして映画の中で描かれる長岡藩が直面する状況は、奇しくも現在のウクライナ情勢とも重なり合う。過去を描きながら「今」をあぶり出し、日本人の生き方、リーダーとしてのあるべき姿を問いかける歴史超大作が誕生!

動乱の時代。平和のために武装中立の姿勢を貫こうと夢見た男―
夢叶わず戦場と化した長岡で先頭に立ち、圧倒的なリーダーシップで仲間を鼓舞し、民を守る河井継之助!


3度の延期を経て、ついに本日公開初日を迎えた歴史超大作『峠 最後のサムライ』は、動乱の時代を生きた“幕末の風雲児“河井継之助の最後の一年を描く。
原作者の司馬遼太郎は「私はこの『峠』において、侍とはなにかということを考えてみたかった。その典型を越後長岡藩の非門閥家老河井継之助にもとめたことは、書き終えてからもまちがっていなかったとひそかに自負している」(「峠」あとがき)と記しており、サムライの理想像を河井継之助に見出したと明かしている。主演の役所広司も、 “理想のリーダー像”を体現する継之助を「未来を見据えた、毅然とした態度から出てくる決断力は、リーダーとして理想の人物だと思う」と惚れこみ、熱演した。

この度解禁された本編映像では、圧倒的な武力で長岡藩に攻め入ろうとする新政府軍に立ち向かう、軍師としての河井継之助の勇ましい姿を見ることができる。
民と故郷を守るため武力での戦いを避け、対話での解決を目指した長岡藩の家老・河井継之助(役所広司)だったが、その願い叶わずついに開戦。
戦場と化した長岡城下を颯爽と馬に乗り駆け付けた継之助は、当時最新式のガトリング砲の操作に苦戦している兵に代わり、自ら敵軍にガトリング砲を掃射。自らの姿を以て武士たちを鼓舞する。
ギリギリまで和平に尽力していた継之助だったが、いざ戦うとなれば、後に西郷隆盛や勝海舟らも賞賛を惜しまなかった軍師としての才を如何なく発揮。その類まれなリーダーシップと才覚が、この短い映像からもひしひしと伝わってくる。およそ50,000人の兵力を誇る新政府軍に対し、たった690人で立ち向かった長岡藩。圧倒的に不利な状況の中、なぜ河井継之助は戦う道を選んだのか?彼が守ろうとした長岡藩の姿は、奇しくもロシアによるウクライナ侵攻における昨今の情勢や、その置かれた状況下を想起せざるを得ない。平和を願い、「戦わないために闘った」“最後のサムライ”河井継之助が我々に問いかけるメッセージと、その熾烈なまでの生き様を今こそご覧頂きたい!

 

 

出演:役所広司
松たか子 香川京子 田中泯 永山絢斗 / 芳根京子 坂東龍汰 榎木孝明 渡辺大 AKIRA / 東出昌大 佐々木蔵之介 井川比佐志 山本學 吉岡秀隆 / 仲代達矢
監督・脚本:小泉堯史
音楽:加古隆
原作:司馬遼太郎「峠」(新潮文庫刊)
配給:松竹、アスミック・エース
公式HP:touge-movie.com 2020「峠 最後のサムライ」製作委員会

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください