映画
アニメ

映画『ガンズ・アキンボ』 吹き替え声優の小野賢章のインタビュー動画解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ゲーム会社のプログラマー、マイルズ(ダニエル・ラドクリフ)はネットの掲示板やコメント欄に過激な書き込みをする“ネット荒らし”をすることで仕事の憂さ晴らしをしていた。ある日マイルズは、街を舞台に殺し合いをさせ、それを視聴する人気の闇サイト「スキズム」でいつものように攻撃的なコメントを書き込みまくっていた。しかし、この目に余る荒らしに対し、サイトを管理する闇の組織のボス、リクターが激怒。IPアドレスからマイルズの住所を特定し、マイルズを麻酔で気絶させる。目を覚ましたマイルズは意識が朦朧とする中で驚愕する。両手にボルトで拳銃が固定されていたのだ―。さらにリクターはマイルズの元彼女を拉致し、「スキズム」で最凶の殺し屋ニックス(サマラ・ウィーヴィング)と戦い、勝てたら解放すると条件を突きつける。

ゲームの中でしか銃を撃った経験がないマイルズは2丁拳銃(=アキンボ)を武器にこの無理ゲーな殺し合いで生き残り、タイムリミット24時間以内にニックスを倒し、元カノを無事に救出できるのか―!?

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、ダニエル・ラドクリフ主演の映画『ガンズ・アキンボ』が2月26日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開!

主演は『ハリー・ポッター』シリーズ、『スイス・アーミー・マン』のダニエル・ラドクリフ。ハリー・ポッター以降、様々な役柄に挑戦してきたラドクリフが両手に拳銃を固定されてしまうマイルズを熱演!!殺し合いを生配信する「スキズム」で大人気の殺し屋ニックスを演じるのは全米大ヒットを記録した花嫁と親戚一同がバトルロイヤルを繰り広げる『レディ・オア・ノット』で主役を務めたサマラ・ウィーヴィング。『アベンジャーズ』や『ホビット』シリーズの特殊効果を手掛け、『デビルズ・メタル』を監督したジェイソン・レイ・ハウデンがメガホンを取り漫画やゲームの要素を取り入れた新感覚のビジュアルエフェクトで世界を魅了!2021年、圧倒的火力で贈る究極のエクストリーム・ガン・アクションが遂に日本上陸!!

 

<20年のお付き合い!ダニエル・ラドクリフの吹き替えは一苦労!?>

 

ダニエル・ラドクリフの吹替声優でおなじみの小野賢章のスペシャルインタビュー映像が到着!ダニエルとは『ハリー・ポッター』第1作目からの20年と長い付き合いになる小野から見た本作の見どころやダニエルの演技についてなどたっぷりと語っていただいた!!

 

 

『ガンズ・アキンボ』の感想を「実際にそんな事が起きたら本当に笑えないはずだけど、ダニエル君がやっているから面白く見られる」と述べた小野。もし自身の手に2丁拳銃を固定されてしまったら?の質問には「すっごくつまらないことを言っちゃうと、病院に行きますね(笑)まず病院に行って、警察に連絡して…」「(本編で)携帯もうまく掴めなくて落ちちゃったりしてたじゃないですか…あれ、本当にそうなるんだろうなって(笑)」と劇中のシーンを振り返りつつ答えた。

 

長年務めた世界的人気ファンタジーシリーズの主役とはうって変わり、最近は個性的な役柄を演じることが多いダニエル。そんな彼の活躍について小野は「彼の出ている作品はディープなものや、メッセージ性の強い作品が最近は多い印象があるんですけど、大衆受けするところではなくて自分の好きなことや“これに出たい!” という純粋な自分の気持ちに素直に仕事をしているような印象を受けています。すごくかっこいいなぁ、と。憧れますね!」と熱く語る。そんなダニエルの吹替で意識していることは?と聞かれると「ダニエル君の役は作品ごとに全然違うし、彼の演技というよりはその役としての演技を心掛けています。ただ、ダニエル君は早口なので、吹替毎回めちゃめちゃ大変なんですよね(笑)」とのこと。「ダニエル君はひとつひとつのリアクションも細かくて、毎回チェックしていくとすごく時間がかかるんですが、細かく細かく、計算して芝居をしている印象があります。」と長年ダニエルの吹替を務めている小野ならではの分析も。

 

最後に、本作を楽しみにしている皆様に向けて「ダニエル君は作品によって全然別人に見えるし毎回飽きさせない映画作りをしているなと思っていて、僕も毎回楽しみにしています。今回もすごく楽しめたんですけど、いかんせん映画自体はぶっ飛んでいるし、観る人を選ぶ作品ではあると思うので、自己責任で観ていただけたら!(笑)バイオレンスなシーンもありますけど、是非観ていただいてダニエル君の魅力にはまっていただけたらと思います!」と締めくくった。

 

 

 

 

監督・脚本:ジェイソン・レイ・ハウデン

製作: ジョー・ニューローター、フェリペ・マリーノ、トム・ハーン、

出演:ダニエル・ラドクリフ、サマラ・ウィーヴィング、ネッド・デネヒー、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、リス・ダービー ほか

2019年/イギリス・ドイツ・ニュージーランド/カラー/スコープサイズ/英語/原題:GUNS AKIMBO/98分/R-15

提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ

配給:ポニーキャニオン 宣伝:スキップ

コピーライト:© 2019 Supernix UG (haftungsbeschränkt). All rights reserved.

公開表記:2月26日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください