映画
アニメ

選び抜かれた『スター・トレック』ファンが集結!『500ページの夢の束』トリビアトーク付き試写会レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ダコタ・ファニング主演最新作『500ページの夢の束』が9月7日(金)より全国公開となる。

映画の公開を記念して、SFシリーズ『スター・トレック』を、本作の主人公ウェンディと同じように愛するファンのためのトリビアトーク付き試写会が開催された。

映画上映直後の興奮冷めやらぬ中登壇したMCの沢海陽子さんが作品の感想を聞くと、場内からは温かい拍手が起こった。しかし、「(劇中のクイズシーンで)主人公ウェンディが挑んだ『スター・トレック』トリビアクイズの答えが分かった方?」との問いへの答えは残念ながら皆無。ウェンディの『スター・トレック』知識が並大抵ではないことが分かったところで、ゲストの岸下靖さんが登場した。本作の感想を伺うと「そもそもこの映画が日本で公開されるとは思っていなかった。海外ドラマや映画でも『スター・トレック』ファンが登場することは多いが、だいたいがヤバイキャラクターで、笑いの対象になることが多いが、本作はまじめにファンを扱ってくれているのが良かった。」と『スター・トレック』ファンならではの感想が飛び出した。

その後、『500ページの夢の束』のトリビアクイズ大会を開催!全10問を正解した方には豪華グッズが当たるとあり、会場の盛り上がりもヒートアップ!各質問ごとに岸川さんによる解説が付き、場内からは「え~!」「なるほど」と感嘆の声が。1問、2問と順調に進めていくが、クイズの中には登壇した岸川さんですら『500ページの夢の束』本編を1度観ただけではとても分からないような難題まで。8問もの正解を出す強者も登場するも、残念ながら全問正解者は現れず。「全問正解者がいたら、僕の仕事の後継者に任命したい」と岸川さんに言わしめるほどの難題続きのクイズ大会となった。

「僕は『スター・トレック』が好きなので、本番中に一番愉快だったのは『スター・トレック』と『スター・ウォーズ』を間違えたトニ・コレット演じるソーシャルワーカーを、息子がツッコむシーン。『スター・トレック』好きな人が本作を観ると、きっと好意的に見てくれるが、そうでない人がこの映画を観たときに、どれだけ楽しめるのか期待している。『スター・トレック』ファンはダメだよねと言われないよう、今後も『スター・トレック』にまつわる作品が日本で公開されるよう貢献したい」と改めて『スター・トレック』への想いを語った岸川さん。最後には『スター・トレック』に登場するバルカン星人の挨拶<長寿と繁栄を>のポーズでフォトセッションを行いイベントは終了した。

『500ページの夢の束』
9月7日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
(C)2016 PSB Film LLC
公式サイト:http://500page-yume.com/

Amazon商品ページ:スター・トレック:宇宙大作戦 Blu-rayコンプリートBOX(ロッデンベリー・アーカイブス付)

Amazon商品ページ:スター・トレック[4K ULTRA HD + Blu-ray]

Amazon商品ページ:スター・トレック イントゥ・ダークネス[4K ULTRA HD + Blu-ray]

Amazon商品ページ:スター・トレック BEYOND(4K ULTRA HD+Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください