アニメ

『パッセンジャー』スペクタクルシーンの秘密装置に絶句な特別映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットのW主演で贈るスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』が3月24日(金)に日本公開となる。

今回、本作の見どころの一つでもある“宇宙空間シーン”撮影の裏側が分かる特別映像が解禁となった。

本作では、冬眠装置で眠る 5000 人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船アヴァロン号が舞台となる。“宇宙で 90 年間、たった 2 人きり”という男女の壮絶なラブロマンスに早くも注目が集まるなか、もう一つの見どころとなるのが斬新な宇宙空間の映像だ。今回解禁となった映像では、クリス・プラット演じる主人公ジムの、圧倒的な宇宙遊泳シーンを生み出した過酷すぎる撮影風景が収められている。

映像の冒頭では、LED パネルで四方を囲まれた空間にポツンと台が一つ。この不思議な装置こそ“これまでの SF 映画では観たことがない”スペクタクルシーンの鍵となった究極マシン“ライトボックス”だ。パネルに銀河系の光景が映り、方向感覚が失われるほどグルグル回るその様子は、画面を通して観ても“宇宙酔い”必至。「俺が遅刻してきたから、拷問されるのかも」と冗談交じりに語るクリスだが、続く映像ではまさにその言葉通りの“拷問的な撮影”が始まるのだった。

本作のほか、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)、『アメイジング・スパイダーマン 2』(2014)など、話題作で VFX スーパーバイザーを務めたエリック・ノードビーは、この撮影装置を“本作最大のチャレンジ”だったと語り、「宇宙遊泳の目が回るような感覚を観客にも共有してほしいと考えた」と圧倒的な没入感を目指したことを明かしている。そんな彼の技術と、キャストたちの過酷な演技によって誕生したスペクタクルシーンは圧巻。クリス・プラットも、「宇宙空間の撮影は本当に大変だった。でも出来上がった映像がすごく美しくて、苦労の甲斐があったんだ」と、その映像美には大興奮だと熱弁している。

一方で監督のモルテン・ティルドゥムは、本作のスペクタクルシーンを“あくまでもサポート役”だと意外な事実を明かしている。「この作品は SF がメインではなく、キャラクターが主体の映画なんだ。大がかりな演出も沢山あるし、驚くようなスペクタクルシーンもある。でも作品の原動力はキャラクターたちであり、2人の人間ドラマなんだ」と、宇宙空間演出はジムとオーロラのロマンスを助長させるものだと話している。

【ストーリー】
20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

『パッセンジャー』
3月24日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:Passenger-movie.JP

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください