ゲーム

『パッセンジャー』無重力空間で水の塊に襲われる本編映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットのW主演で贈るスペース・スペクタクル・ロマン『パッセンジャー』が3月24日(金)に日本公開となる。

ジェニファー演じる作家のオーロラが、無重力となったプールで大ピンチとなってしまう本編映像が解禁となった。

本作では、冬眠装置で眠る5000人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船アヴァロン号が舞台となる。今回解禁となったのは、そんなゴージャスすぎる船内に設備された“銀河系が見える幻想的なプール”で、ヒロインであるオーロラがひとり泳ぐ妖艶なシーン。その美しいクロールに目を奪われたのも束の間、観たこともない“無重力のプール”が襲ってくる驚愕の映像にもなっている。

冒頭では、斬新すぎる近未来デザインの水着に身を包み、華麗にプールに飛び込むオーロラの姿が映し出される。イギリスの男性誌「MAXIM」の“世界で最もホットな女性”や、「FHM」の“世界で最もセクシーな女性”に選ばれるなど、演じるジェニファー・ローレンスの“世界トップクラスの美貌”が分かり、観る人は思わずウットリしてしまう。このオーロラはニューヨークで活躍する作家で、“宇宙への移住体験を本にしたい”と夢見て120年の旅に出るアヴァロン号に乗った。裕福な家庭で育ち、エネルギッシュで洗練された雰囲気の彼女はファーストクラスの乗客で、同じく目覚めてしまったエコノミークラスの乗客ジム(クリス・プラット)とは身分のかけ離れた、まさに“高嶺の花”なのだ。

そんなオーロラのセクシーさに目が釘付けとなってしまうなか、続く映像ではさらなる刺激的なシーンが押し寄せてくる。なんと船内が突如無重力となり、プールの大量の水が塊となってオーロラを呑み込んでしまうのだ。これまでのSF映画といえば、“エイリアンに襲われる”、“宇宙空間に投げ出される”、“食料が尽きる”、“地球に帰れない”などがお決まりの恐怖。しかし、宇宙を題材にした映画は数あれど“プールが無重力になったらどうなるか?”については、なかなか想像ができなかった。映像ではそんな疑問に答えるかのように、無重力となったプールの水がクラゲのように変形し、塊となって浮上していく。その中に閉じ込められたオーロラは、もはや前後左右上下も分からない恐怖のパニック状態で、宙に浮きながら溺れそうになるという、これまでにはなかった無重力の衝撃的な光景が広がっているのだ。

この想像を超えるシーンについて、演じるジェニファーは「今までの映画で一番苦労した撮影だった。とても長い間プールに入り、ずっと鼻まで水につかっていたの」と、撮影の苦労は女優人生で一番だったと明かしている。さらに彼女は続けて、「でも、最終的な映像を見た時は本当にワクワクしたわ。今まで見たこともない無重力のシーンになっていたからよ」と、その迫力は演じる本人も納得のものになっていると語った。

本作では“宇宙で90年間たった2人きり”という極限状況に加えて、これまでのSF映画では描かれたことのないスペクタクルな演出にも注目だ。

【ストーリー】
20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

『パッセンジャー』
3月24日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:Passenger-movie.JP

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください