『スキャンダル』ニコール・キッドマン インタビュー映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

密やかな爆弾は、彼女の「告白」で着火した――

全米最大テレビ局の、あの衝撃のスキャンダルの全貌が暴かれる!これは、実話。

2016年、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局「FOXニュース」の元人気キャスターのグレッチェン・カールソンが、テレビ界の帝王として君臨していた同社CEOのロジャー・エイルズを提訴。そのスキャンダラスな報道にメディア界が揺れた――。

騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、上り詰めるまでの自身のキャリアの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーと対面する機会を得ていた――。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2016年、アメリカニュース放送局で視聴率NO.1を誇る「FOXニュース」に激震が走った! クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められる同社CEOのロジャー・エイルズを告発したのだ。騒然とする局内。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーに直談判するための機会を得て――。

 

実際に起きたスキャンダルを描いた本作、この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞受賞脚本家がシナリオを書き上げ、映画化が実現!世界の映画賞を席巻し、話題を呼んでいます。

 

メーガンには、アカデミー賞に輝いた『モンスター』を超える演技と絶賛されるシャーリーズ・セロン。本作ではプロデューサーにも志願。グレッチェンには、アカデミー賞女優のニコール・キッドマン。ケイラには、アカデミー賞にノミネートされた最旬女優のマーゴット・ロビー。第77回ゴールデン・グローブ賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞【ドラマ部門】、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネート、さらに第92回アカデミー賞ではシャーリーズ・セロンが主演女優賞、マーゴット・ロビーが助演女優賞、Kazu Hiro(辻一弘)が率いるチームがメイクアップ&ヘアスタイリング賞と3部門ノミネートされました!今のハリウッドを背負う3大女優が、それぞれ立場も年代も違う女たちの、華麗なる戦いと逆転劇を鮮やかに体現した、本年度必見の傑作が2月21日より遂に日本公開!!

 

 

この度、FOXニュースのベテランキャスター グレッチェン・カールソンを演じたニコール・キッドマンのインタビュー映像を解禁!グレッチェン・カールソンはスタンフォード大学を優等で卒業、ミス・アメリカにも輝いた経歴を持ち、長年FOXニュースでトップキャスターとして活躍した人物。本作はまさにその彼女がFOXのCEOだったロジャー・エイルズをセクハラで提訴した、衝撃の実話をもとにした物語だ。

 

本作出演のきっかけについてキッドマンは「内容に惹かれたのだと思う。この重要な歴史的瞬間を表現しているというか。後々、振り返った時に、この時期は大変革を起こした転機と言う風に捉えられると思う。物語に凄まじい説得力があったし、しかも女性の観点から描かれていた。エンターテイメントの要素を含みながらも、非常に、非常に衝撃的な内容。そこに惹かれたのだと思う。」と、エンターテインメントでありつつも、時代の変革の映すようなタイムリーな衝撃作であることをアピールする。

 

カールソン自身は、エイルズの辞任後、21世紀フォックスから2000万ドル(20億円以上)の和解金を受け取り、その際に秘密保持条項を結んでいる。よって、過去について話したりすることは禁じられており、当然本作にも一切関与していない。そんなグレッチェン・カールソンを演じながら、カールソンと他の女性キャラクターたちが観客に与える影響について「ケイラという役柄は、明らかに想像上の人物。メーガンにせよケイラにせよ、観客はこの2人から、彼女たちが受けた暴力を実際に身体で感じとることができる。でも、グレッチェンに関しては、エイルズと同じ部屋にいるシーンはないし、彼女が何を経験したのかは分からない。だからこそ逆に、彼女が何に対抗しようとしているのか、何を変えようとしているのか、何を自分の権利だととらえているのか、が浮き彫りになる。そこに説得力があることを願っているわ。」と観客に呼びかける。

 

■監督:ジェイ・ローチ 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

■脚本:チャールズ・ランドルフ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アカデミー賞脚色賞受賞)

■出演:シャーリーズ・セロン 『モンスター』(アカデミー賞主演女優賞受賞)

ニコール・キッドマン 『めぐりあう時間たち』(アカデミー賞主演女優賞受賞)

マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(アカデミー賞主演女優賞ノミネート)

ジョン・リスゴー 『愛と追憶の日々』(アカデミー賞助演男優賞ノミネート)

原題:BOMBSHELL/2019/アメリカ・カナダ/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/109分/字幕翻訳:松浦美奈

■コピーライト: © Lions Gate Entertainment Inc.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください