映画
アニメ
ゲーム

セクシー過ぎる最凶の敵“魔鏡ホラー・カルマ”原紗央莉コスチューム解禁!!『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


男子諸君!やっぱり3Dですからね!




10月30日公開『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』の原紗央莉(22)が演じる最凶の敵“魔鏡ホラー・カルマ”のコスチュームが解禁に!
宮慶太監督は「凄く美しく凶悪な女性クリーチャーに永遠にチャレンジしているが今回のカルマはイメージ通り!」と納得の出来栄え。さらにセクシーなカルマの最終形態は劇場で!
いろんな意味で”興奮”の3D体験をお楽しみに!!



魔鏡ホラー・カルマ(原紗央莉)
使徒ホラーの一体。鏡に憑依する。鏡から鏡を移動することが出来、鏡に映る人間を喰らう。



原紗央莉さんのコメントです
■撮影でつらかったこと、難しかったこと。
A.特殊メイクに、8時間くらいかかったので、ずっとじっとしてるのが大変でした。また初めてのワイヤーアクションに、思った通りに体が動かず、難しかったです。



■撮影で楽しかったこと、ホッとしたこと。
A.撮影した映像をモニターで3Dメガネをかけながら見れたこと。初の3D撮影で自分が飛び出ていてたのが楽しかったです。また、特殊メイクの石膏の型取りで、しばらくの間、光も音も遮断され、不安でいた中、はずした瞬間が1番ホッとしました。



■悪役を演じるうえで気をつけたこと。
A.目線や、目力を特に意識しました。



■アクションに関しての感想。
A.普段使わない筋肉を使ったので、筋肉痛になりました。自分では大きく動いてるつもりでしたが、モニターでみるとあまり大きく見えていなかったり、思った以上に大変でした。



■撮影中のケガや事故などのエピソードなど。
A.多少のケガはありましたが、まわりのスタッフの方達が安全面に気を配り、特に気にかけてくださっていたので、無事に撮影を終えることができました。



■監督について。
A.相手を想像しながら、私1人で演技するCG撮影がほとんどだったので最初は不安だったのですが、監督がシーンを丁寧に画コンテで書いて説明してくださり、どんな場面なのかイメージしやすかったです。また、監督自らが私の体にメイクのための筆を入れてくださって、感激しました!



『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』
<ストーリー>
人間の邪心に憑依し、その生命を喰らい続ける最凶の魔獣・使徒ホラ-7体が復活、人間界へ降臨した。
魔獣を狩る使命を帯びた魔戒騎士・冴島鋼牙は、 “使徒ホラー”殲滅の旅に出る事となった。数日後、ホラーの気配を追って港町に辿り着いた鋼牙は、そこを管轄する魔戒法師のアカザ、その弟子のシグト、そして烈花と出会う。強大な敵に対し4人の協力が必至と思われたが、何故か烈花は「そのホラーは俺が倒す」と言い残し立ち去ってしまう…。
原作・監督:雨宮慶太 
出演
小西遼西 松山メアリ
斎藤洋介 倉貫匡弘
原紗央莉 影山ヒロノブ(声の出演)
津田寛治 中尾彬  
配給:東北新社/ゴー・シネマ
[公式サイト]
(C)2010 雨宮慶太/東北新社

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください