映画『フェラーリ』マイケル・マンの映画作りに迫る特別映像解禁!

【STORY】

1957年。イタリアの自動車メーカー「フェラーリ」の創始者エンツォ・フェラーリは激動の渦中にいた。妻ラウラとともに設立した会社は経営の危機に瀕し、1年前の息子ディーノの死により家庭は破綻。その一方で、愛するパートナー、リナ・ラルディとの間に生まれた息子ピエロを認知することは叶わない。再起を誓ったエンツォは、イタリア全土1000マイルを走る過酷なロードレース“ミッレミリア”にすべてを賭けて挑む——。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

F1界の“帝王”と呼ばれた男、エンツォ・フェラーリの情熱と狂気に満ちた生き様を圧倒的熱量で描く衝撃の実話『フェラーリ』が絶賛上映中!SNSでも「レースシーンは実写最高峰レベル!」 「圧巻の映像と音で、観てるより体感してるに近い!!」 「これは期待を遥かに越えて痺れた。傑作。」 「『ゴッドファーザー』のレース版」 「圧倒的カタルシス!これぞシネマ!流石マイケル・マン!秀作」 と圧倒的リアリティで押し寄せるレースシーンに加え、オペラのごとき重厚なドラマが展開される本作に絶賛評がズラリ。5日に初日を迎え、週末動員ランキング洋画1位、全体では初登場5位スタートとなりました。
そしてこの度、本作の公開を記念しマイケル・マン本人、アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、パトリック・デンプシーなど
豪華キャスト達が”情熱”を通り越して“狂気”さえ感じられるマイケル・マンの映画づくりを語る特別映像が解禁!


映像冒頭で「ただの傍観者でいるのは好きじゃない、その世界を体現できないとね」と徹底的な“本物主義”を語るマン監督。代表作『ヒート』では、その銃撃戦の完成度が高すぎて、アメリカ海兵の教材、さらにはリアル強盗団の教材にもなったというのは有名な話。本作でも舞台となる1950年代・イタリア当時の世界観を完全再現するため、セットや衣装だけでなく当時を生きる人々の心理面まで追求したという。「監督のメモには人物の内面ばかり書かれてあった」と語るのは主人公エンツォ・フェラーリを演じたアダム・ドライバー。アダムは2時間を超える特殊メイクに加え、エンツォの歴史から呼吸の仕方に至るまで研究。「監督はずっと支えてくれていた」と感謝を述べるペネロペ・クルスは苦悩するラウラ・フェラーリの心を理解するため、マン監督の計らいで実際に夫婦が住んでいたアパートまで赴いた。「監督の期待に応えるのは難題だった。だが身をゆだねて演じるしかない。失敗を恐れずに挑むだけだ。それが役者だからね」と語るベテランレーサー、ピエロ・タルフィを演じたパトリック・デンプシーは命がけのレースシーンにスタント無しで挑戦。マン監督の執拗なまでの”本物主義”が役者の演技にまで影響し、よりリアルさを増強、スクリーンに映し出されるたぎる人間ドラマに熱を与え、観客の熱狂を生み出している。
また、マン監督作品の醍醐味といえばスクリーンでこそ体感できる、浴びるような映像美。壮大なスケール感を誇るレースシーンと、フェラーリの栄光と影を美しく切り取るドラマシーンを実現するため、デビッド・フィンチャー監督の『Mank/マンク』でアカデミー賞を受賞した撮影監督エリック・メッサーシュミットが起用された。「カラヴァッジョの絵画のように劇的に光を差し込ませたかった」という超難題で繊細な技術を必須とするリクエストを見事に映像で体現し、一方でレースシーンでは猛スピードで疾走する車の助手席に乗り込み、まるで自分がハンドルを握っているような未体験の没入感と臨場感溢れる映像撮影に成功した。

構想30年、巨匠マイケル・マン監督の執念の企画に映画界を席巻する豪華俳優陣、最高峰の制作陣が集結!息をのむ映像美、手に汗握る臨場感、たぎる人間ドラマ、マイケル・マン監督の真髄が詰まった本作を是非スクリーンで体感してほしい!

 

監督:マイケル・マン(『ヒート』)

脚本:トロイ・ケネディ・マーティン

原作:ブロック・イェイツ著「エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像」

出演:アダム・ドライバー、ペネロペ・クルス、シャイリーン・ウッドリー、パトリック・デンプシー

2023年|アメリカ|英語・イタリア語|カラー・モノクロ|スコープサイズ|132分|原題:FERRARI|字幕翻訳:松崎広幸|PG12

配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ © 2023 MOTO PICTURES, LLC. STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:https://www.ferrari-movie.jp       公式Twitter(@FerrariMovieJP):https://twitter.com/FerrariMovieJP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました