アニメ

映画『ドラキュラZERO』×VAMPS 日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」がついに解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラキュラZERO×VAMPS.jpg



これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作『ドラキュラZERO』が東宝東和配給にて、10月31日(金)より公開となる。

本作は、15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語。実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっている。

本作の日本版イメージソングを国内外で人気を博すロックバンド、VAMPSが担当することが発表され話題となり、その日本版イメージソング「VAMPIRE’S LOVE」が流れる30秒予告映像が解禁された。

VAMPSというバンド名はHYDEがかねてよりヴァンパイア(VAMPIRE)好きだったことから名づけられ、毎年豪華アーティストが参加するハロウィンライヴイベントなど、様々なパフォーマンスシーンでヴァンパイア姿を披露。そんなヴァンパイア愛のあるVAMPSにこそ本作のイメージソングを歌って欲しいと配給が切望していたところ、彼らが新曲として制作を進めていた楽曲が偶然にも「VAMPIRE’S LOVE」である事が判明し、今回の起用が決定した。

今回の映像で解禁された本楽曲は、ヴァンパイアの切ない想いを歌う壮大な曲で、VAMPSの2人はこの新曲について「(おれたち)ヴァンパイアならではの、なんて悲しい宿命と切なさを曲にしましたので、聴いてください。」とコメント。悪に身を捧げながらも愛する人を想い、戦うことを選んだヴラドの姿にリンクしており、物語をよりドラマチックに彩る楽曲となっている。

【ストーリー】
ZEROから生まれる、新たなドラキュラ伝説
最新VFXで、壮大な戦いを描くアクション・エンターテイメント超大作

15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラ。横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わす。だが、それと引き換えに耐えがたい代償を払う。果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか――?

『ドラキュラZERO』
配給:東宝東和
10月31日(金) 全国ロードショ―
(C)Universal Pictures
公式サイト:http://dracula-zero.jp/

日本版イメージソング
「VAMPIRE’S LOVE」 
発売日:10月8日(水)
レーベル:DELICIOUS DELI
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください