映画
アニメ

9月1日(木)公開 映画『ブレット・トレイン』吹替フワちゃん、爆笑メイキング&インタビュー映像を初公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリー・アクション『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)に劇場公開される!

<自分役>以外での声優は初挑戦!というフワちゃん。先日都内で開催、吹替キャストらが集結したイベントでも堀内賢雄ら大ベテランの声優たちから「相当うまい」「分からなかった」と絶賛されたフワちゃんの貴重な吹替メイキングシーンを、この度大公開!収録時に行われたインタビュー映像とともに解禁致します。

世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと乗ってくる身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても、降りられない。最悪な状況の中、列車はレディバグと殺し屋たち、10人を乗せたまま終着点・京都に向かうが…乗り合わせたはずの10人は、偶然ではなく、仕組まれた罠だった。やがて明らかになっていく、殺し屋たちの過去と因縁。そして終着点で待ち受ける世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスと対峙したとき、思いもよらぬ衝撃の展開が待ち受ける!

 

フワちゃんが演じるのは、毒使いの暗殺者<ホーネット>。変装の達人で、一刺しすれば、30秒たらずで全身から出血し死に至るブームスラング蛇の猛毒を手に、車中で身を潜めレディバグの命を狙うーという殺し屋たちの1人だ。吹替シーンはレディバグと格闘するシーンということもあり、うめき声や叫び声といった難しいシチュエーションだったが難なくOK!

元々、本作の原作「マリアビートル」の著者である伊坂幸太郎の大ファンであるフワちゃん。「原作ファンもみんな納得するぐらい最高の超ハイスピード映画」「本では会話とか展開がメインで面白いんだけど、映画ではそういう会話とか展開の面白さをそのままハリウッドに引き継いだ感じの面白さ」「新幹線に乗ってるくらいの速度で映画館ごと新幹線で動いている感じの、ハイスピード、ハイテンポ、会話も粋、展開も粋っていうすごい楽しい映画だと思うから、みんなもエンタメしに映画館に来たらいいんじゃないかなと思います」と太鼓判を押す。

初めて<本人役>以外でのアフレコ挑戦をしたフワちゃんだが、実は、元々「声優が夢だった」と言う。子供の頃から“アフレコアプリ”で昔から吹替の練習を続けていたことを明かし「アニメのシーンで私が上から(スマホに向かって)『あ”―このやろぅーつ!私のやつを返せっっ』とかいうやつを昔からやってたのね(笑)」そのため「アフレコアプリで10年前から練習してたから余裕って思ったんだけど、やってみたら『あ”―!』とかのシーンは練習の成果が出て上手に出来たんだけど、静かに喋んなきゃいけないシーンが意外と難しくて、何回も何回もやった」「勢いだけのシーンじゃなくて『お前、私のヘビ盗んだね。ビッチ』とかも、(語尾を下げた)ビッチなのか、(語尾を上げた)ビッチなのか、で全然違うからその勢いを使わずに実力だけで勝負ってなると、フワちゃんいつも緊張しちゃうの」と言い、「今日も自撮り棒ないから何喋っていいか分かんない(笑)持ってくればよかった」と笑う。

続いて、世界一運の悪い殺し屋レディバグにちなんで「人生最悪の瞬間は?」と質問を受けたフワちゃんは「ハワイでスカイダイビング」と即答!「記念になるからと思ってやって、わざわざカメラマンつけるオプションもセットにして、プラス3万円くらい払ってやったの」しかし「写真出来上がって見てみたら、あの…インストラクターのおじさんが私の顔の前でハートマーク作って、インストラクターのおじさんに全部被って私映ってなかった!(笑)これ最悪じゃない!?超怖かったんだよ?超怖かったし3万円も払ったのに!!」となんともフワちゃんらしいエピソードを披露した。

キュートさ全開の黄色と黒の“今日のファッションのポイント”は、ホーネット<=スズメバチ>コーディネートだと言う。「黄色と黒で、いつでも刺しちゃうぞっていう準備万端で。あと、ここからはみ出てるお腹のお肉もキュートでしょ?(笑)ここだったら刺されても皮下脂肪が守ってくれる。(自分の腕を指しがら)ここ刺されたら終わりだけど、狙うならここにしてよね。ふふ。かわいい」と笑顔を見せる。

最後は、これから映画を観る人たちへフワちゃんからのメッセージも。
「みんなが楽しみにしているその通り、とっても楽しい映画になって完成しました!もう最高なんだから!」「私も観に行ったけど、映画館でうぉーってなったり、うわぁーってなったり、いぃぃーってなったり、わぁーってなったり、すごい感情が忙しかった!達成感!」と述べた後「原作ファンのうちらもすっごく嬉しくなるような、あの設定がそのままだったり、このキャラクターも意外とそのまま出てたりとか、結構まんま原作っていうのもあると思うから、みんなもすごい楽しみにしてて欲しいのと、とにかくこれはバカみたいなスピード映画だけじゃなくて、ミステリーの要素だったり、驚く展開も出てくるからみんな観てほしいな。だから最初に出てきたあいつが、後半こんな繋がりがあったの!?っていう秘密の仕掛けとかもあると思うから、それはフワちゃんからは秘密だからみんなも観て、2時間たっぷり楽しんで下さい!」と熱い想いを送っている。

 

 

https://youtu.be/EhdqiptzAXQ クリックすると別サイトへ飛びます

 

■映画予告編

<予告4>YouTubeリンク(記事内リンク貼り可能) https://youtu.be/5FrXm0sQOio

 

 

 

■クレジット表記

・タイトル:『ブレット・トレイン』 (原題: BULLET TRAIN)

・日本公開表記:9月1日(木)全国の映画館で公開  ※曜日の表記にお間違いがないようにご注意くださいませ

・US公開日:8月5日予定

・原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)

・監督:デヴィッド・リーチ

・脚本:ザック・オルケウィッツ

・キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、

バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック

・上映時間:2時間6分

・レーティング:R15+

 

■オフィシャルサイト&SNS

・オフィシャルサイト:https://www.bullettrain-movie.jp

・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/BulletTrainJP

・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BulletTrainJP/

・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga

・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/

・ソニー・ピクチャーズ映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください