映画
ゲーム

『X エックス』続編の特報が限定上映決定!監督からのメッセージ動画も到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

1979年、テキサス。女優のマキシーンとそのマネージャーであるウェイン、ブロンド女優のボビー・リンと俳優のジャクソンは自主映画監督の学生RJと、その彼女で録音担当の学生ロレインと映画撮影のために借りた農場へ向かう。映画のタイトルは「農場の娘たち」。この映画でドル箱を狙う――6人の野心はむきだしだ。農場で彼らを待ち受けたのは、みすぼらしい老人ハワード。彼らを宿泊場所として提供した納屋へ案内する。一方、マキシーンは、母屋の窓ガラスからこちらを見つめる老婆と目が合ってしまう……。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、日本でもスマッシュヒットを記録した『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』のA24が贈る真夏のエクストリームライド・ホラー『X エックス』が7月8日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開されます。

全米で公開されると、ホラー界の重鎮スティーヴン・キングや、『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライトが本作への熱い支持を表明。アメリカの映画レビューサイトRotten Tomatoesでは96%フレッシュを達成し「今年最高評価のホラー映画」と評価された。有力映画サイトでも「狂ったように面白い!」(Bloody Disgusting)、「恐怖のアトラクションのような映画」(Variety)、「血まみれでメチャクチャ楽しい映画」(The A.V. Club)などの絶賛評で迎えられ、さらに本作が3部作になることが発表されると、A24映画として初のシリーズ化作品としても注目を集めている。

 

この度、7月8日(金)より全国公開される『X エックス』のエンドロールの後に、続編となる『Pearl(原題)』の特報映像が2週間限定で上映されることが決定!


本作は3部作になることが発表されており、すでに極秘で撮影されているという続編は、本作の前日譚となる予定で、A24映画として初めてのシリーズ化として注目されている。今回タイ・ウェスト監督より続編の追加情報を入手!「現段階で言えることは、『Pearl』は『X エックス』の60年前が舞台で、殺人鬼・パールの若い頃を描いていて、70年代ホラーに近い『X エックス』とはかけ離れた、全く異なるスタイルの映画になるということだ。」と、日本の観客に向けてはじめて情報を明かした。そんな気になる続編の特報映像は、『X エックス』の本編上映後に見るとより、たまらないほど“恐ろしく”そして”美しい”映像になっているという。ぜひエンドロール後まで残って、見逃さずに楽しんでほしい。
さらに、タイ・ウェスト監督から公開目前の日本の観客に向け「気に入ってくれるといいな。本当はみんなと一緒に体験したかったんだけどね。でも、この作品を日本の皆さんに観てもらえることが本当にうれしい。『X エックス』を楽しんで。僕の次回作『Pearl』の映像が観られるから、エンドロールが終わるまで残って、必ず観てね。」とメッセージが到着!
監督も「体験」とコメントするように、本作は一度乗ったら途中下車不可能な楽しい恐怖のアトラクションのよう。真夏のエクストリームライド・ホラーをぜひ劇場で「体験」してほしい。

 

 

 

監督・脚本:タイ・ウェスト

出演:ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、ブリタニー・スノウ、スコット・メスカディ(キッド・カディ)、

マーティン・ヘンダーソン、オーウェン・キャンベル、ステファン・ウレ

提供:ハピネットファントム・スタジオ、WOWOW 配給:ハピネットファントム・スタジオ 原題:X

©2022 Over The Hill Pictures LLC All Rights Reserved.

公式HP: https://happinet-phantom.com/X/   公式twitter:@xmovie_jp

提供:ハピネットファントム・スタジオ、WOWOW|配給:ハピネットファントム・スタジオ

原題:X|R15+|2022年|アメリカ映画|上映時間:105分

 

7月8日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください