アニメ

佐々木蔵之介からコメント到着!! 『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』2部作の佐古忠彦監督最新作『生きろ 島田叡―

戦中最後の沖縄県知事』が、3月6日(土)沖縄:桜坂劇場にて先行公開、3月20日(土・祝)より東京:ユーロスペース他全国順次公開

されます。この作品は、沖縄戦終結までの約5か月間、住民のために尽くし、43才で亡くなった島田叡(しまだ・あきら)という行政官

の生涯を、当時を生きた住民たち、軍や県の関係者、その遺族らからの証言を通じて描く最新ドキュメンタリー。

作品内で島田叡の語りを担当したのは佐々木蔵之介。島田の心中の声を演じた佐々木蔵之介から、作品へのコメントが到着しま

した。

 

太平洋戦争末期。すでに日本の敗色濃厚だった1945年1月31日、一人の男が沖縄の地を踏んだ。戦中最後の沖縄県知事となった島田叡(しまだ・あきら)である。知事着任と同時に島田はさまざまな施策を断行。米軍が沖縄本島に上陸した後は、壕(自然洞窟)を移動しながら行政を続けた。だが、戦況の悪化に伴い、大勢の県民が戦闘に巻き込まれ、日々命を落としていく。また、島田自身も理不尽極まりない軍部からの要求と、行政官としての住民第一主義という信念の板挟みになり、苦渋の選択を迫られる―。戦時下の教育により、捕虜になるよりも玉砕こそが美徳とされた時代、島田はしかしそれに抗い、周りの人々に何としても「生きろ」と言い続けていた。その考え方はどのように育まれてきたのか―。

佐古忠彦監督は、(収録の)「直前に摩文仁(まぶに)に行かれたという佐々木さんの、島田のその時々の心情を考えに考え抜いた、

すばらしい表現力で人間・島田が浮かび上がりました」と佐々木蔵之介の演技を絶賛している。

 

 

  • 佐々木蔵之介コメント:

知事として、そしてひとりの人間として、力と心を尽くし命を繋ぐことを説いた島田叡の言葉に震えました。沖縄の美しい海と空が

あらためて色濃く深く見えてきます。いつの時代、どの場所でも、誰もが尊い命であることに変わりはなく、

天寿を全う出来る世界を願います。

 

監督:佐古忠彦

プロデューサー:藤井和史 刀根鉄太

撮影:福田安美

音声:町田英史

編集:後藤亮太

選曲・サウンドデザイン:御園雅也

音響効果:田久保貴昭

音楽:兼松衆 中村巴奈重

語り:山根基世 津嘉山正種 佐々木蔵之介

主題歌『生きろ』小椋佳(アルバム『もういいかい』(ユニバーサルミュージック)収録曲)

【2021年 日本/日本語 カラー(一部モノクロ)ビスタ/5.1ch/118分】

●製作 映画「生きろ 島田叡」製作委員会

配給 アーク・フィルムズ

〇公式サイト:ikiro.arc-films.co.jp

ⓒ2021 映画『生きろ 島田叡』製作委員会

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください