映画
ゲーム

公開初日、6月12日(金)に正式決定!! イーサン・ホークの真骨頂、オトナのラブコメ 始まりは一通のメール。これが新しい生活様式の出逢い方⁉『15年後のラブソング』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

 

全国の緊急事態宣言が解除され、かねてより6月12日公開予定としてきました『15年後のラブソング』(配給:アルバトロス・フィルム)が、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて、正式に6月12日(金)より公開できる運びとなりました!!!(50館規模) 新型コロナ・ウィルス感染予防の休業要請により、全国の映画館が休業に。多くの映画が大幅な公開延期となり、営業を再開した全国の映画館も旧作を上映しているのが現状。そんな中、本作『15年後のラブソング』は、松竹系シネコンの営業再開後、初の新作公開となる。

 

映画界の新たなスタートと共に公開となる『15年後のラブソング』は、イーサン・ホーク主演のラブコメディ。イーサン・ホークは『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)』、『ビフォア・サンセット』、『ビフォア・ミッドナイト』のビフォアシリーズで人気を博し、俳優だけでなく、脚本や監督を務める多才で知られている。是枝裕和監督『真実』の出演も記憶に新しい。

 

 

 

そんな彼が本作で演じるのは、1990年代に忽然と姿を消したミュージシャン、タッカー・クロウ。表舞台から消え、今はアメリカの田舎町で元妻宅のガレージを間借りする男・・・。そんなダメ男もイーサンが演じると、なんとも言えずチャーミングだから困ってしまう。年齢を重ねて枯れた風貌すらも深い味わい。 本作では歌声も披露するイーサンは、劇中のタッカー・クロウの唯一のアルバムとして、レコーディングも行っている。曲作りから参加して、元レモン・ヘッズのベーシストであるジェシー・ペレッツ監督と、伝説のミュージシャン、タッカー・クロウを作り上げたのである。

 

物語の始まりは、タッカーが送った一通のメール。自分のファンサイトにシビアな論評を書いた女性アニーに、そのメールは届いた。アメリカの田舎町とイギリスの港町、実際に会うこともなく二人は出逢った。他人との接触を極力避けなければならないコロナ禍。こんな出逢いが求められるのかもしれない!?

 

 

監督:ジェシー・ペレッツ 原作:ニック・ホーンビィ 『アバウト・ア・ボーイ』、『ブルックリン』(脚本)

出演:ローズ・バーン、イーサン・ホーク、クリス・オダウド 2018年/アメリカ・イギリス/英語/97分/シネスコ/デジタル5.1ch/原題:Juliet,Naked/

後援:ブリティッシュ・カウンシル 提供:ハピネット/ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム

©2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください