アニメ
ゲーム

大ヒット潜水艦アクション『ハンターキラー』4DX上映、新公開日決定!陸海空入り乱れのバトルが4DXでパワーアップ!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


【STORY】

呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は一隻の潜水艦に託された―。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

元潜水艦艦長による原作と米国防総省×米海軍全面協力により製作された潜水艦アクション大作、『ハンターキラー 潜航せよ』。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下の状況を鑑み、公開延期が発表されていたが、改めて5月29日(金)より全国の4DX対応劇場で順次公開することが決定!

 

昨年の劇場公開当時、【満席続出】、【初登場第1位(※実写映画/興行通信社調べ)】、【驚異の満足度96%(※2019/4/5実施試写アンケートより)】と、「潜水艦モノにハズレなし!」という言葉を体現した本作。海外で4DXバージョンの上映があることを知ったファンからは、日本での上映実施を求める声が後を絶たなかった。

 

さらに公開半年後に実施した、池袋新文芸坐での応援上映でも大反響を呼び、潜水を開始するシーンでは観客全員が起立、ジェラルド・バトラー演じるジョー・グラス艦長と一緒に傾くなど、観客一体型で楽しめる作品ということが証明され、再び4DX上映を求める声が再燃。この度、ファンからの声が実現する運びとなった。

一足早くテスト上映で4DXバージョンを体験したスタッフからは「陸・海・空入り乱れのバトルが魅力の本作は、4DXとの相性が抜群!」「潜水シーンでは座席も大きく斜めに傾き、完全に乗組員の気持ちになった!」など絶賛と興奮の声が続出!海水が潜水艦内に入ってくるシーン、魚雷が向かってくるシーン、ネイビーシールズの銃撃戦シーンなどのエフェクトに、特に人気が集まった。

 

“深海の密室”というシチュエーションを最大限に生かし、緊迫とド迫力の激しい交戦をより一層楽しめる。この絶好の機会を見逃すな!

 

 

 

監督:ドノヴァン・マーシュ

原作:ジョージ・ウォーレス&ドン・キース「ハンターキラー 潜航せよ」(ハヤカワ文庫)

出演:ジェラルド・バトラー、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、ミカエル・ニクヴィスト

原題:HUNTER KILLER/2018/イギリス/122分/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:林完治

配給:ギャガ © 2018 Hunter Killer Productions, Inc.

公式サイト:gaga.ne.jp/hunterkiller

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください