映画
アニメ
ゲーム

Studio 3Hzが送る新作オリジナルアニメーション『BLACKFOX』七瀬彩夏、戸松遥、大地葉登壇!初日舞台挨拶レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る





【以下プレスリリース文掲載】

 

『プリンセス・プリンシパル』や『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』を手掛けたStudio 3Hzと『A3!』で監督として抜 擢された篠原啓輔がタッグを組み、『ジョーカー・ゲーム』の野村和也 が総監督を務める新作オリジナルアニメ『BLACKFOX』。

この度、公開初日となる10月5日(土)に、東京・新宿でメインキャスト である七瀬彩夏さん(石動律花/リリィ役)、戸松遥さん(ミア役)、大地葉さん(メリッサ役)を迎え、アニメライターの小林治さんが司会を務め、本作の舞台挨拶が行われましたので、ご報告致します。
是非、貴媒体でのご紹介をご検討下さい。

————————-
<舞台挨拶レポート>
この度、公開初日となる10月5日(土)に、東京・新宿で本作の初日舞台挨拶が行われました。
メインキャストである七瀬彩夏さん (石動律花/リリィ役)、戸松遥さん(ミア役)、大地葉さん(メリッサ役)を迎え、アニメライターの小林治さんが司会を務めイベントは 開始致しました。

「BLACKFOX」のBGMが流れるとともに、登壇者たちが入場すると会場は大きな拍手に包まれ、会場のボルテージはマックスに!!

キャスト挨拶の後、早速トークコーナーへ。
公開された今の心境を聞かれ、「オーディション、アフレコから待ちに待った公開となりました。沢山のスタッフさんが関わり、公開ま で時間がかけられた作品なので、皆様の感想を聞くのが楽しみです。」と七瀬さん。

■完成された映像を見て
完成された映像をご覧になった感想として、お三方共通して、「アクションシーンの迫力がすごい」と語りました。
戸松さんは「呼吸を忘れてしまう程、見入ってしまうシーンがあり、特にアクションシーンは本当にすごい」と、大地さんは「映画冒頭 のアクションシーンは映画に対するわくわくを触発されてとても印象的なシーンでした」と各々アクションシーンに対する感想を頂きました。

■ワールドプレミアについて
今年8月にアメリカで行われた「CrunchrollExpo2019」で「BLACKFOX」を上映。
大好評につき1回の上映が急遽2回に変更になったとお伝えすると、戸松さんは「世界観が外国と日本を混ぜた独特のもので、 海外の人にも楽しんでいただけたのではないでしょうか」と嬉しそうにされておりました。

■アフレコについて
アフレコが行われたのは1年前の2018年。
七瀬さんは「(2回あったアフレコのうち)、 1回目のアフレコはすっごく緊張していました。キャストの皆様がとてもやさしくしてくれて2 回目は緊張せず臨むことが出来ました」と振り返っておりました。戸松さんは「ローレン役の飛田さんがアフレコテストの時、演技が絵に勝つくらいすごくて、スタッフから抑えて下さいといわれていたのが印象的でした。」と楽しそうに七瀬さん、大地さんとお話されてました。

■オーディションについて
「BLACKFOX」のオーディションが行われたのはアフレコより更に1年前の2017年。
七瀬さんはリリィ(律花)とミアの2キャラを受けた中で、「リリィはオーディションの時に幼少期の律花、成長した律花、リリィの3パターンの演技を行いまして、日常シーンからシリアスシーンまで幅広く演じる必要があり、難しい役柄だなと感じました」と オーディションの思い出を語って下さりました。
「テープオーデイションにはミア、メリッサの2キャラで応募したのですが、メリッサで受かりました。普段演じているキャラクターは男の子キャラばかりでしたが、メリッサが(大地さん)自身とかけ離れている分、自分の理想を 落とし込んで演技する事が出来ました。」と大地さん。

■印象に残ったシーンについて
戸松さんは「父親(ローレン)との不思議な関係について感情移入出来るようになったミアの幼少期のシーンは印象に残っています」とミアのワンシーンを挙げられてました。大地さんは「メリッサは全体の中で日常を表現しているキャラクターだと思います。やっぱり出てくるとホッとするキャラクターで、予定していたよりも過剰に表現してしまったところがあるのですが、それがうまくいって役を貰える事が出来て良かったです。」と自身の演じるメリッサで印象的だったことをお話頂きました。

最後に各キャストからメッセージを貰い、なごやかな雰囲気のうちにイベントは幕を閉じました。

 


 

<作品情報>
2019年10月5日(土)より新宿バルト9ほかにて公開!
「BLACKFOX」公開劇場リスト(10/5~)
宮城 ◆109シネマズ富谷
埼玉 ◆MOVIX三郷
千葉 ◆T・ジョイ蘇我
東京 ◆新宿バルト9 ◆池袋HUMAXシネマズ ◆T・ジョイSEIBU大泉 ◆109シネマズ木場 ◆T・ジョイPRINCE品川
神奈川◆横浜ブルク13
群馬 ◆109シネマズ高崎
新潟 ◆T・ジョイ新潟万代
石川 ◆ユナイテッド・シネマ金沢
岐阜 ◆TOHOシネマズ モレラ岐阜
静岡 ◆静岡東宝会館
愛知 ◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
京都 ◆T・ジョイ京都
大阪 ◆梅田ブルク7 ◆なんばパークスシネマ
広島 ◆広島バルト11
福岡 ◆T・ジョイ博多
大分 ◆TOHOシネマズ大分わさだ
鹿児島◆鹿児島ミッテ10

< INTRODUCTION >
近未来の大都市の一角に佇む忍者屋敷。
そこで暮らす忍者一族である石動家の長女・律花は研究者である父親に憧れていた。
平凡で幸せな生活が続くと思っていたとある日、突然何者かによって屋敷が襲撃を受けてしまう。絶体絶命の危機に果敢に立ち向かう律花だが――。
闇を斬り裂く“黒”になれ!

<CHARACTER>
石動 律花/リリィ:七瀬彩夏
ミア:戸松 遥
メリッサ:大地 葉
アレン:土田 大
兵衛:津田英三
オボロ:藤原啓治
マダラ:豊崎愛生
カスミ:鳥海浩輔
ローレン:飛田展男
ブレッド:東地宏樹
ハロルド:小山力也

< STAFF >
総監督:野村和也
監督:篠原啓輔
キャラクターデザイン:斎藤敦史
脚本:ハヤシナオキ
メカニカルデザイン:片貝文洋
アニマルドローンデザイン:安藤賢司
プロップデザイン :あきづきりょう
美術デザイン :谷内優穂、大原盛仁、森川 篤、石口 十、川村 巧
美術監督:金子雄司(青写真)
美術:青写真
色彩設計:野口幸恵
3DCG監督:薄井俊作(Flying Ship Studio)
3DCG:Flying Ship Studio
撮影監督:若林 優(T2studio)
撮影:T2 studio
グラフィックアート:荒木宏文
編集:定松 剛
音響監督:明田川仁
音楽:横山 克、橋口佳奈
主題歌:fripSide
音楽制作:グッドスマイルフィルム
プロデュース:infinite
アニメーション制作:Studio 3Hz

<配給>東映ビデオ
<製作年>2019年
<上映時間>89分
<映倫表記>G
<アニメ公式サイト> http://project-blackfox.jp/
<アニメ公式Twitter>@blackfox_anime

(C)PROJECT BLACKFOX

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください