アニメ
ゲーム

映画『決算!忠臣蔵』浅野内匠頭役に阿部サダヲ!全ての物語はこの人からはじまった・・・!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



■ストーリー
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。
現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ/堤真一)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ/岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。
ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!
討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?
予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?こんな忠臣蔵見たことない!涙と笑いの予算達成エンタテインメント!





【以下プレスリリース文掲載】

2019年11月22日(金)公開の映画「決算!忠臣蔵」。
原作は東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。
大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた話題作です。

大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)に堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)に、時代劇初挑戦の岡村隆史がW主演。
その他、濱田岳・横山裕・荒川良々・妻夫木聡・竹内結子・石原さとみ・西村まさ彦・橋本良亮(A.B.C-Z)・寺脇康文…と、日本を代表する豪華俳優陣に加え、お笑い界からは西川きよし・桂文珍・木村祐一・村上ショージ・板尾創路というレジェンド級のキャストが、久々の忠臣蔵映画にまさかの参戦!!!
この冬絶対に観るべき1本として話題沸騰です。

そしてこの度、新キャストとして、阿部サダヲの出演情報を解禁いたします!

その役どころは、なんと赤穂藩藩主・浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)。
阿部は、大河ドラマ「元禄繚乱」(1999、NHK)で幕府側の真田信就役にて出演していますが、忠臣蔵の中心人物や浅野内匠頭を演じるのは初めてで、中村組には「奇跡のリンゴ」「殿、利息でござる!」に続き、3作目の出演です。

浅野は、“濁ったものを清くする”ことがモットーの一本気な性格が故に、賄賂まみれの吉良上野介に江戸城で斬りかかり、即日切腹。その結果、藩はお取り潰しとなり、
残された赤穂浪士たちがその仇を討つ為、吉良邸へ討ち入りをすることとなります。
いわば、忠臣蔵の物語の全てのきっかけを作った人。
「舞妓Haaaan!!!」以来、13年ぶりの共演となった堤から「君のせいで皆がこんな大変な目に遭うんやで」と恨み節を言われながらも、変わらず息はピッタリ。
この人のためならば命を懸けてもいい、と思わせるような不思議な魅力のある内匠頭を演じます。

阿部は、出演にあたり「中村組に少しでも参加できて嬉しかったです!でもその少しが、皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね。」とコメント。

阿部に絶大な信頼を置く中村監督も、「今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかった」とコメントしており、久々のタッグに期待は膨らみます。

一大プロジェクト【仇討ち】を、無事に【決算】させるため、節約やリストラなど、彼らが数々の困難に右往左往する様は、これが本当に300年も前の話なのか?と思うほど、現代で働く私たちと共通点が満載です。
笑って泣けて、これまでにない切り口、これまでに見たことのない豪華キャストでお贈りする「決算!忠臣蔵」。

ぜひご期待ください!

 

□=============================================================================□

 

<阿部サダヲ コメント>

中村組に参加させて頂くのは今回で3作目なのですが、何故か毎回「真面目な人」役を頂きます。

今回の浅野内匠頭も凄いです。(笑)中村組に少しでも参加できて嬉しかったです!

でもその少しが皆さんを大変な事に巻き込んでしまうんですよね。
すみません、切腹してしまったので知りませんが。(笑)

面白いです『中村組忠臣蔵』

 

<中村義洋監督 コメント>

今回の忠臣蔵での浅野内匠頭は、狂気をはらんだ一途さが必要でした。

そうなるとサダヲさんしか思い浮かばなかったんですが、大河主演ですし、こちらの撮影は京都ですし、

無理かなあと思っていたところ、何とか調整して頂きご出演が叶いました。

朝イチ、本気の「この間の遺恨、覚えたるかー!」という、障子紙が震えるほどの怒声を聞いたら、

やって頂けて本当に良かったと思うと同時に、これは是が非でも討ち入りしなきゃなと、

スタッフ一同、四十七士のような感慨を抱いたものです。

<池田史嗣プロデューサー コメント>

赤穂事件は、この殿様が突然キレてしまったことが全ての始まり。

その実像は諸説あって、「正義感が強くて繊細な良い人説」から「いきなり癇癪を起こす病み気味のヤバい人説」まで。

しかも我々の忠臣蔵はコメディなので、笑いが必要。そんな役ができるのは今や大河主演の国民的俳優にして

中村組の最終兵器・阿部サダヲさんしかいないという意見で監督と完全合致。

おそらく忠臣蔵史上(色んな意味で)最もヤバい浅野内匠頭でした。

とびきりキュートで魅力的なサダヲさんがやらかしてしまったせいで、

堤さん岡村さん以下オールスターズ全員が困り果てるところから始まる今回の忠臣蔵。
冒頭からテンション高めにスタートします。どうぞご期待くださいませ。

 

□=============================================================================□

■タイトル:『決算!忠臣蔵』
■原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
■主演:堤真一、岡村隆史
■出演:濱田岳、横山裕、妻夫木聡、石原さとみ、荒川良々、竹内結子、阿部サダヲ ほか
■監督・脚本:中村義洋
■撮影:相馬大輔
■美術:倉田智子
■照明:佐藤浩太
■録音:藤本賢一
■音楽:高見優
■編集:小堀由起子
■製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
■配給:松竹株式会社
■公式サイト:http://chushingura-movie.jp/
公式twitter:https://twitter.com/chushingura_mv
公式Facebook:https://www.facebook.com/chushingura.movie/
■公開: 2019年11月22日(金)全国公開
■©表記(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください