映画
アニメ
ゲーム

映画『宮本から君へ』役者魂で魅せる!場面写真一挙解禁!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る



あらすじ  
文具メーカーで働く営業マン宮本浩(池松壮亮)は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。
会社の先輩・神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である、自立した女・中野靖子(蒼井優)と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅での食事に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二(井浦新)が現れる。
裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つ。この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子に、ひとときの幸福の時間が訪れる。ある日、営業先で気に入られた真淵部長(ピエール瀧)と大野部長(佐藤二朗)に誘われ、靖子を連れて飲み会に参加した宮本は、気合いを入れて日本酒の一升瓶を飲み干し、泥酔してしまう。見かねた大野が、真淵の息子・拓馬(一ノ瀬ワタル)の車で送らせようと拓馬を呼びつけた。そこに現れたのは、ラグビーで鍛えあげられた巨漢の怪物だった……!泥酔する宮本と、宴会を楽しむ靖子、二人の間に、人生最大の試練が立ちはだかる—。
究極の愛の試練に立ち向かうべく、愛する人のため宮本浩が”絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!



【以下プレスリリース文掲載】



役者魂で魅せる!池松壮亮の“宮本”×蒼井優の“靖子”
幸せの絶頂と絶望の淵を捉えた、場面写真一挙解禁!!

世代を超えて読み継がれる伝説の漫画を、主演に池松壮亮、ヒロインに蒼井優を迎え、真利子哲也監督により映画化した『宮本から君へ』。
この度、原作から飛び出したかのような、池松壮亮が演じる“宮本浩”と蒼井優が演じる“中野靖子”の幸せの絶頂と絶望の淵を捉えた場面写真を一挙解禁!!
原作コミックは、社会に蔓延する様々なテーマを、容赦ない人間描写と圧倒的な世界観で描き続けてきた漫画家・新井英樹先生が熱血営業マン・宮本浩、七転八倒の記録を描いた作品。いまもなお俳優やミュージシャン、漫画家など各界から熱烈な支持者を生み続け、満を持して実写映画化。
「この物語を完結させるまでは、死ぬに死ねない」と語る真利子監督を筆頭に全キャスト・スタッフが、全身全霊をかけて挑み、観るものへ<究極の愛の形>を投げかける超問題作を誕生させた!









本作では、主人公の宮本浩(池松壮亮)と中野靖子(蒼井優)の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を二人が克服する姿を中心に物語が紡がれる。今回解禁された場面写真は、宮本と靖子が路上で抱きあうシーンや、酔っ払った宮本が、拓馬(一ノ瀬ワタル)に介抱され、靖子の部屋に向かう三人の姿、靖子を巡って対峙する宮本と元彼・裕二(井浦新)、宮本と靖子、裕二と靖子が対峙する意味深なシーン、闘争心むき出しの宮本など、ただならぬ空気が漂うシーンが切り取られ、宮本と靖子二人の間に起こる想像を絶する事件を予感させ、俳優陣のただならぬ気合いが伝わってくる!
原作を愛する俳優陣が、リスペクトを込め体現するキャラクターたちに魂がゆさぶられること必至!


金なし!コネなし!勝ち目なし!・・・でも情熱だけは半端ない!熱血営業マン・宮本浩が、愛する人のため“絶対に勝たなきゃいけないケンカ”に挑む!宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた極限の人間讃歌エンターテイメント、映画『宮本から君へ』は9月27日(金)全国公開!



映画『宮本から君へ』 
原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 
百万年書房/太田出版刊  
監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、港岳彦
出演:池松壮亮 蒼井優 井浦新 一ノ瀬ワタル 柄本時生 星田英利 古舘寛治 ピエール瀧 佐藤二朗 松山ケンイチ

配給:スターサンズ、KADOKAWA  (C)2019「宮本から君へ」製作委員会 
■公式サイト:miyamotomovie.jp
■公式Twitter:@miyamoto_kimi 
■公式FB:https://www.facebook.com/miyamotomovie 
■公式Instagram:@miyamoto_kimi


登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください