リーアム・ニーソン主演『トレイン・ミッション』特報映像解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


リーアム・ニーソン×ジャウマ・コレット=セラ監督の傑作サスペンス・アクション『トレイン・ミッション』が3月30日(金)より全国公開する。

巨匠スティーヴン・キングをして「傑作!ヒッチ・コックとアガサ・クリスティが交錯したような至極のサスペンス」(※1月14日Twitterより)と言わしめた本作の特報映像が解禁!




解禁された映像冒頭では、定年間近でリストラされ、途方に暮れながらも馴染みの乗客といつものように挨拶を交わし、読みかけの小説をひらくマイケル(リーアム・ニーソン)の切なくも何気ない日常が映し出されるが、彼の前に見知らぬ女(ヴェラ・ファーミガ)が座ったことで、状況が一変。女の謎めいた笑顔を皮切りに、眼前で顔見知りの乗客が無残にも突き飛ばされ、不可避のデスゲームが幕を開ける。

<100人の乗客から1人を捜し出せば、報酬10万ドル>。選ばれた理由も分からずに、大金に目がくらんだマイケルは、元警官のスキルを駆使して“捜査”を開始。疾走する電車を駆け回り、わずかなヒントを元に容疑者を絞り出していくが、駅の数だけ仕掛けられる数々の罠に翻弄され、脅かされた妻と息子の命を守るため、次第に壮大な陰謀へと巻き込まれていく…。「見慣れぬ乗客」「7の番号に穴が空いた切符」「ハートのQ」「足元に隠された男の死体」「政府職員の自殺について書かれた新聞記事」「本に挟まれた白い手紙」…映像はほんの一部にすぎないが、様々な謎が散りばめられ一瞬たりとも目が離せない!時間とともに増していく疑惑と緊張感…手に汗握るなか、ラストには炎上し脱線する電車から投げ飛ばされるマイケルの姿もあり、頭脳と肉体を限界まで駆使して挑む彼の戦いが、如何に壮絶であるかを物語っている。

また、併せて公開となった場面写真では、大金を手に苦悶の表情を浮かべる姿や身を潜めながら電話を手にこちらを伺う姿、さらには暴走する電車の連結部分にしがみつく姿など、巨大な陰謀に巻き込まれるマイケルの切迫した様子が垣間見える。リーアムが魅せる、大ヒットシリーズ『96時間』よりもリアルな生身のアクションと、かつてない哀愁溢れる演技で、誰もが応援せずにはいられない、傷だらけのヒーローがここに誕生した。果たして、終点というタイムリミットが迫るなか、絶対絶命の窮地に陥った彼は標的を見つけ出し、その裏に隠された驚愕の真実にたどり着くことができるのか―?続報に期待が高まるばかりだ。







【ストーリー】
10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。いつもの通勤電車で帰路につき、常連客に挨拶しながらも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだ。そんな彼の前に見知らぬ女が座り、「乗客の中から、ある重要な荷物を持った人物を捜して欲しい」と持ちかける。ヒントは3つ。常連客ではなく、終着駅で降りる、プリンと名乗る乗客。高額な報酬に抗えず、元警官の経験を生かし捜し始めるが、次から次へと襲いくる罠、深まる謎、さらには、妻と息子が人質に取られたことを知る。やがて、プリンが国家をも揺るがす重大事件の目撃者であることを突き止め、ようやく6人にまで絞り込んだ時、巧妙に仕組まれていた恐るべき陰謀が明かされる。

『トレイン・ミッション』
3月30日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー
配給:ギャガ
(C)STUDIOCANAL S.A.S.
公式HP:gaga.ne.jp/trainmission



Amazon商品ページ:ラン・オールナイト [Blu-ray]


Amazon商品ページ:フライト・ゲーム スペシャル・プライス [Blu-ray]


Amazon商品ページ:アンノウン [Blu-ray]

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください