ゲーム

『この世界の片隅に』 3週連続 週末興収が前週越え!前週6位→4位にジャンプアップ!週末興収前週比104%、動員32万人・興収4.5億円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この世界の片隅に

片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げたアニメーション映画『この世界の片隅に』が絶賛上映中。本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメーション映画。

4週目の、12月3日(土)、4(日)の週末興行成績は6,791万4,220円、動員は4万6,108名で、公開館数は87館(初週より+5館)、前週比104%の興収となり、全国映画動員ランキングではなんと、4位へジャンプアップ。累計動員は32万8,618名、累計興収は4億5,074万0,140円を突破!週を追うごとに右肩上がりに勢いを増している。


さらなる口コミの拡がりを感じさせる結果となった4週目は、学生・女性・シニアの動員に加え、カップルやファミリー層など大切な人と一緒に鑑賞する姿が増え、SNSでもそんな感動を伝える声が相次いだ。このヒットを受け、TVでの紹介も相次ぎ、12/2(金)OAのCX「ユアタイム」では10分強に渡る特集が放送され、12/5(月)のNHK「あさイチ」では、「ことしの映画トレンド」という切り口で、SNSによる口コミ効果が爆発的に広がっている作品として紹介された。

また「第38回ヨコハマ映画祭」では、錚々たる映画をおさえ、日本映画ベストテン第1位に選ばれたほか、作品賞、審査員特別賞(のん)を受賞し話題となっていることから、年末から年始にかけての映画賞レースでも高評価が期待できる。

片渕須直監督は多くファンの気持ちに応えようと、公開後も精力的に活動を続け、「大ヒット御礼全国舞台挨拶行脚」でこれまでに訪れた場所は、都内のほかに広島県、山口県、宮城県、静岡県、滋賀県、大阪府、京都府など。なお今後も12/8【広島】呉ポポロ、八丁座、12/9【兵庫】シネ・リーブル神戸、12/10【東京】109シネマズ二子玉川、立川シネマシティ、12/16【埼玉】新所沢レッツシネパークと舞台挨拶が決定している。

「この映画をみてほしい」「この映画をまたみたい」という熱が、日本全国へますます拡がりをみせており、今週末からは3館増え、90館に拡大。年末年始に向け順次上映劇場を拡大し、累計でおよそ180館での上映が決定した。



【ストーリー】
どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

『この世界の片隅に』
テアトル新宿、ユーロスペース他大ヒット公開中!
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式HP:konosekai.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に オリジナルサウンドトラック [ コトリンゴ ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください