映画
アニメ
ゲーム

映画『鋼の錬金術師』 2017年12月公開決定!東京コミコンでマスタング大佐劇中衣装を世界初披露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鋼の錬金術師

壮大なスケ―ル・世界観と想像を超えるストーリーで、海を越えて世界をも魅了し、驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミック『鋼の錬金術師』が実写映画化され、劇場公開が2017年12月に決定した。

さらに、12月2日から開催される東京コミコン2016 にて、世界中で熱い視線が寄せられる実写“ハガレン”の主要キャラクターロイ・マスタング大佐(ディーン・フジオカ)の劇中衣装が世界初披露される。

実写“ハガレン”のロイ・マスタング大佐の劇中衣装は「東京コミックコンベンション 2016」(略称:東京コミコン)のワーナー・ブラザース ジャパン ブース内で展示。本イベントは、アメリカのサンディエゴを発祥の地とし、世界最大級のポップカルチャーイベント。ポップカルチャーのメッカでもある日本、東京での開催を要望するファンの声は年々高まり、ついに日本初上陸!2016年12月2日(金)~4日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)で開催される。

マスタング大佐は、志高く、遥かなる道を行く焔の錬金術師。冷静な反面、エルリック兄弟や部下のため、自らの身も省みない行動を起こすなど情に厚い面を持ち、コミックの人気キャラクターの1人でもある。今回、世界初披露させていただく劇中衣装は、実際に役を演じたディーン・フジオカが着用したもので、原作コミック「鋼の錬金術師」のビジュアルを忠実に再現している。

【ディーン・フジオカ コメント】
東京コミコンへの映画衣装出展、大変嬉しく思います。文字通り血と汗の滲んだロイ・マスタングの衣装をご覧頂くことで、作品制作にかけるチーム全員のパッションと、映画の世界観を感じていただけたら嬉しいです。

【曽利文彦監督 コメント】
東京コミコンへの出展と聞き、本当に光栄です。米国コミコンの熱気は体験済みですが、日本ではさらに盛大なイベントに成長すると確信しています。今回の展示で、映画『鋼の錬金術師』の衣装から映画のリアルな世界観を感じていただき、作品そのものへも是非ご期待ください。

【衣装デザイン 西原梨恵 コメント】
舞台はアメストリスという架空の国。衣裳にリアリティを持たせる為、原作のモデルともなった19世紀の産業革命時代の軍服、中世の甲冑などを参考にし、動きやすいフォルムに仕上げました。ウエストは締まって見えるように肩幅のバランスを調整。スカートはドレープが綺麗に見えるように何種類かの素材を使用し、動きの中に勇ましいエレガントさが出るよう心掛け、監督と相談しながら、理想の素材、色を引き出すまで試していきました。アメストリス国が本当に存在し、また未来に存在する国のように、登場人物が浮き上がって見えたら嬉しいです。

【東京コミックコンベンション2016(略称:東京コミコン)概要】
■会期:12月2日(金):17:00~20:00(プレビューデー)
    12月3日(土):10:00~19:00
    12月4日(日):10:00~18:00
■会場:幕張メッセ 国際展示場 9・10
■主催:東京コミックコンベンション実行委員会

『鋼の錬金術師』
2017年冬、全国ロードショー!
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
公式HP:http://hagarenmovie.jp

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星【Blu-ray】 [ 釘宮理恵 ]
価格:8262円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください