映画愛が試される、究極の映画体験。 これぞ、史上最低の映画として名高い≪キング・オブ・サイテー映画≫!『プラン9・フロム・アウタースペース』 総天然色版★爆笑必至の≪本予告映像 解禁≫!&トークショー実施も決定

【物語】

アメリカの各地で空飛ぶ円盤が目撃される。それは、軍拡競争で自滅の道をたどる人間たちに警告するために外宇宙からやってきた宇宙人の乗った円盤だった。宇宙人は合衆国政府にコンタクトを試みるが、軍上層部は平和のメッセージが理解できずに拒絶、逆に円盤を攻撃してしまう。宇宙人は仕方なく、墓場に眠る死者を蘇らせて人間を驚かせ、地球を征服する<第9計画>を発動する…。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

とてつもなくバカバカしく、説得力皆無の珍妙なストーリー、大仰で意味不明なセリフの数々、台本棒読みのダイコン演技、ダサい衣装と学芸会のようなセット、そして哀しいくらいにチープすぎる特撮…、芸術的凡庸さのスペクタクルに、バカと間抜けのオンパレード! すべてがヒド過ぎて、こんなに面白く、愛おしい。ティム・バートン監督の『エド・ウッド』(94)でも、その誕生過程が笑いと涙で描かれるなど、“映画史上最低の映画監督”として名高い、エド・ウッドことエドワード・D・ウッド・Jr自身が、「これぞ私の誇りと喜び」と語った彼の代表作にして最高傑作であり、“映画史上最低の映画”として世界中に知られる<キング・オブ・サイテー映画>『プラン9・フロム・アウタースペース』が、製作から60年、HDカラライズドによる鮮やかな<総天然色版>と、エド・ウッドが意図した<ビスタサイズ>で日本初上陸! このたび、シュトラウスの名曲「ツァラトゥストラはかく語りき」に乗せて本作の、映画愛と哀愁に満ちた驚異の見せ場の数々を紹介する予告編が完成しました。

 

 

また、公開に際し、シネマカリテではサイテー映画のすべてを知り尽くしたスペシャリストたちによるトークショーの開催が決定しました。初日の1/11(土)は「皆殺し映画通信」など、サイテー映画評論をライフワークのひとつとする映画評論家、特殊翻訳家の柳下毅一郎さん。1/12(日)は本作の大ファンである「高橋ヨシキのシネマストリップ」などでおなじみの映画ライター、アートディレクターの高橋ヨシキさん。1/18(土)は最新作『ロバマン』も話題の“日本バカ映画の巨匠”映画監督の河崎実さん。本作の配給宣伝プロデューサーである江戸木純の司会で連日熱いトークが繰り広げられます。

 

         

<怪作・珍作・駄作に愚作、サイテー映画のすべてを知り尽くしたスペシャリストたちが熱く語るトークショー開催決定!>司会:江戸木純

  • 1/11(土)柳下毅一郎さん(映画評論家、特殊翻訳家) 
  • 1/12(日)高橋ヨシキさん (映画ライター、アートディレクター)
  • 1/18(土)河崎実さん(映画監督)

 

 

出演:ベラ・ルゴシ、トー・ジョンソン、ヴァンパイラ、クリスウェル、グレゴリー・ウォルコット 製作・監督・脚本・編集:エドワード・D・ウッド・Jr 撮影:ウィリム・C・トンプソン 音楽:ゴードン・ザーラー <1959年&2006年・アメリカ映画/英語/カラー/ビスタサイズ/79分/映倫指定区分G>日本語版字幕:江戸木純

原題:PLAN9 FROM OUTERSPACE IN COLOR 提供:ポニーキャニオン+エデン 配給:エデン www.eden-entertainment.jp/saitei2020/     ©Legend films. 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました