映画

大人気ホラーゲーム『零』が実写映画化決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

零_ウルトラティザーチラシ.jpg



『貞子3D』シリーズ、『アナザーAnother』に次ぐ角川ホラー作品として累計130万本の大ヒット人気ホラーゲーム「零」の実写映画化が決定!さらにとびきりフレッシュなダブル出演キャストが抜擢された!

大ヒットホラーゲーム「零~zero~」、大塚英志氏原作で待望の映画化!
原案となったのは、廃墟の日本家屋、板張りの廊下、和人形といった純和風ホラーの定番アイテムが満載され、日本人の恐怖の原風景に直接響いて大ヒットしたホラーゲーム「零~zero~」。「零」の世界観を民俗学者で、「黒鷺死体宅配便」、「多重人格探偵サイコ」の原作者としても著名な大塚英志氏が小説化。それを原作として日本家屋から古びた学生寮に舞台を置き換え、そこで起こる不可解な死の連鎖を描き出す。

雑誌「Seventeen」の人気専属モデル2名を大抜擢!!
この新生ホラーに、ファッション雑誌「Seventeen」でティーンの絶大な人気を誇る専属モデルの2人が大抜擢!主人公・月守アヤ役には2012年TBSドラマ「黒の女教師」で女優デビュー、本作でスクリーンデビューとなる中条あやみ。図らずも女子高の学生寮に古くから伝わる“呪いのおまじない”の当事者になってしまい、クラスメイトたちの失踪と連続死という不可解な事件に巻き込まれていく。同寮に暮らすアヤのクラスメイト・風戸ミチ役には、話題のドラマから映画まで数多く出演する若手実力派の森川 葵(もりかわ・あおい)。アヤと共に学生寮の“神隠し”の謎に迫る。監督は、『リアル鬼ごっこ』シリーズや『バイロケーション』など話題のホラー映画で恐怖描写に定評のある女流監督、安里麻里が務める。撮影は既に3月27日よりクランクイン。今まで誰も見たことのない幻想的な美少女ホラームービーの誕生にご期待ください!

中条あやみ×森川葵.jpg
↑中条あやみ×森川葵

主演/中条あやみ (なかじょう・あやみ)
1997年2月4日生まれ(17歳)大阪府出身。TENCARAT所属。
2011年女性ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリに選ばれる。2012年東京ガールズコレクション2012S/Sにモデルとして初参加。同世代の圧倒的な支持を集める。2012年「黒の女教師」(TBS7~9月)で女優デビュー。普段は内気で目立たないが、事が起こると強い意志と行動力を発揮する女生徒役を演じ、鮮烈な印象を残した。その他の主な出演作に、月9『SUMMER NUDE』(CX2013年7月~9月)がある。ほかに、CM広告で、UNIQLO「ワンピース」(2013年)、JR西日本「マイ♥フェイバリット関西」(2014年)などがある。本作がスクリーンデビューとなる、大型新進女優。

【コメント】
初めての映画出演で、初主演の機会をいただき、本当に有難く思っています。同時に、良い意味でのプレッシャーも感じながら日々撮影に挑んでいます。安里監督にしかできない素晴らしい演出・世界観、素晴らしい共演者の方々、そして最強のスタッフさんに支えて頂き、この作品に携われた事を誇りに思い、最後まで頑張って行きたいと思います。『零』と書いて『ゼロ』と読むタイトルもインパクトがあってとても気に入っています。劇中に出てくる学校の外観、制服、セット、小道具などにも一つ一つこだわりあって、映画だからこそ観れる物も沢山あると思います。ホラー映画と言っても、謎解きミステリー調になっているので、一緒に謎解きをする感覚で観ていただけたら嬉しいです。
 

準主演/森川 葵(もりかわ・あおい)
1995年6月17日 生まれ (18歳)愛知県出身。STARDUST PROMOTION所属。
2010年、女性ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリに選ばれ、モデルとして芸能界入り。その後女優活動を始め、2012年『LOVE ToRAIN』でスクリーンデビュー。同年の「スプラウト」(NTV2012年7~9月)ではヒロインを演じ、透明感のある演技が好評を博した。その他の主な出演作に「ホリック xxxHOLiC」(wowow2013年2~4月)、「35歳の高校生」(NTV2013年4~6月)、『スクールガール・コンプレックス-放送部篇-』(2013年※主演)がある。今年公開の『渇き』や『チョコリエッタ』(2014年※主演)では坊主頭姿を披露して話題を集める等、天才肌の演技派として大きな期待を寄せられている10代女優の注目株。

【コメント】
私自身、ホラーは苦手なのでホラー映画に出させて頂くと聞いた時不安で仕方なかったのですが、台本を読んで、この映画ならきっと私も出来上がったとき楽しめると思える、ただ驚きと恐怖だけではないとても綺麗なホラーの内容だったのですごく安心しました。共演させて頂く方も前に別の作品でご一緒させて頂いた方や顔見知りの方が多かったので毎日楽しく撮影しています。はじめてのホラーということで不安も多いですが物語をひっぱっていく立場として頑張ろうと思います。

監督・脚本/安里麻里
映画美学校に第一期生として入学。当時講師だった黒沢清、塩田明彦、青山真治らに師事する。『独立少女紅蓮隊』で長編映画監督デビュー。脚本も多く担当。アクションとホラーの丁寧な演出は業界内外に定評がある。次世代を期待される若手日本映画監督の一人。『トワイライトシンドローム デッドゴーランド』(2008年)、『呪怨 黒い少女』(2009年)、『ゴメンナサイ』(2011年)、『携帯彼女』(2011年)、『リアル鬼ごっこ3』(2012年)、『リアル鬼ごっこ4』(2012年)、『リアル鬼ごっこ5』(2012年)、『バイロケーション』(2014年)。

【コメント】
怖さの中にも美しさのある作品にしたいと思っています。中条あやみさんと森川葵さんという新しい才能に出会うことができ、今だからこそ撮れる彼女たちの姿をフィルムに収めたいと思って撮影しています。

原作者:大塚英志(おおつか・えいじ)
1958年8月28日西東京市生まれ。批評家、民俗学者、小説家、漫画原作者、編集者。国際日本文化研究センター研究部教授

80
年代にロリコン漫画雑誌『漫画ブリッコ』の編集長を務める。『漫画ブリッコ』上で中森明夫の「おたくの研究」を連載したことにより、「おたく」と言う言葉
が世間に広まることとなった。民俗学の知識を複雑に取り入れた著作漫画『多重人格探偵サイコ』、『リヴァイアサン』がカルト的大ヒットとなっている。現在
も活動の幅は広く、自作を自らノベライズすることも多い。
2014年4~7月号「小説 野性時代」(KADOKAWA)にて映画『零 ~ゼロ~』と「黒鷺死体宅配便」のコラボ小説を連載
2014年8月 角川ホラー文庫より映画原作小説とコラボ小説を発売

<ストーリー>                               
閉塞感漂う山間の町にあるミッション系の女子高校。その女子学生寮で暮らすアヤ(中条あやみ)はある日、“自分が死ぬ”という強烈なビジョンを見てショックを受け、部屋から出られなくなった。その日を境に寮のそこら中で女の子の幽霊が目撃されるようになる。そして、幽霊を見た少女たちがひとり、またひとりと失踪した。まるで誰かに呼ばれているように。幽霊を見た少女は皆必ず、その前に1枚の写真を見ていたことが判る。そこにはアヤにそっくりな女の子が不自然な光、不自然な状態で映っていた。同じく寮に暮らすミチ(森川葵)は、目の前で親友のカスミを見失った。ミチはことの起こりはアヤではないかと疑い、ドア越しにアヤに詰め寄るがアヤは一向に姿を現さない。やがてカスミが水死体となって発見される。そしてミチも幽霊を見るようになっていた。ミチが霊の誘いに抗えず、どこかに行こうとしたその時、アヤがそれを止める。「ここには女の子だけがかかる呪いが存在する。そして、それを止められるのは自分だけだという気がする。」アヤは正気を取り戻していた。呪いとは何か?なぜ女の子だけが失踪しているのか?女子寮で起こった“神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

原案:「零(ゼロ)」シリーズとは?
『零』シリーズは、霊を映しだすカメラ“射影機(しゃえいき)”を手に、廃屋となった日本家屋や地図から消えた廃村を探索しながら、霊と戦う和風ホラーゲーム。プレイヤーは物語の主人公となり“射影機”を使って霊と戦い謎を解いていきます。じわじわと染み入り、這い上がってくるような不安、焦燥感、孤独感・・・といった真の「恐怖」を体験することができます。2001年12月に1作目の『零 ~zero~』が日本で発売されて以来、米国、欧州でも発売され、シリーズ累計130万本以上を販売し、そのゲーム性と独自の映像表現が高く評価されています。シリーズ最新作がWii U専用ソフトとして発売予定。




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください