映画
アニメ

映画「スティーブ・ジョブズ」あの最強サラリーマン“島耕作”と夢の初共演!島耕作と作家・弘兼憲史先からの応援メッセージ到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スティーブ・ジョブズ広告画.jpg



56歳の若さで亡くなった、アップル創業者であるスティーブ・ジョブズの没後初の映画化作品である『スティーブ・ジョブズ』(配給:GAGA)が、11月1日(金)より公開となる。本作は、Macintosh、iPod、iPhoneなど我々の世界を変えたカリスマ、スティーブ・ジョブズの半生を描いた作品です。IBMにケンカを売り、ビル・ゲイツを盗人呼ばわり、自らの会社からも追放される―「今世紀最高の経営者」と呼ばれる一方で、ウソつきで、ワガママで、傲慢、まわりから“サイテーの嫌われ者”と呼ばれた、誰もが知っている天才の、誰も知らない真実を描いた話題作となっている。

そんな話題作をいち早く観た数々の著名人たちから映画への感想コメントが寄せられる中、日本を代表する最強サラリーマンである、テコット現会長・島耕作からも応援メッセージが到着!

「成功する人間はやっぱとんがっている。でも友達にはなりたくないかな。」と、同じ経営者ならではの目線でジョブズへのメッセージを寄せております。そんな日本代表の最強ビジネスマン島耕作と、米国を代表する最強ビジネスマンスティーブ・ジョブズの、夢の初共演企画が続々登場!10月23日(水)掲載の日経新聞をはじめ、10月24日(木)発売の「モーニング」(講談社)では二人の共演に加え、作家の弘兼憲史先生が二人の最強ビジネスマンへの想いを語る特別企画ページが掲載、更に、10月28日(月)~は、都内34か所の東京メトロ駅構内にて、ふたりの共演ポスターがお披露目となる。

■スティーブ・ジョブズ×島耕作 広告展開詳細
10月23日(水)   日本経済新聞 全国版 朝刊/全7段広告掲載
10月24日(木)   雑誌「モーニング」(講談社)/4C1P記事広告掲載
10月28日(月)~  東京メトロ 全26駅 /B0サイズ交通広告掲載

■弘兼憲史先生 コメント(一部抜粋)
壮大なビジョンを持って仕事に取り組み、けっして妥協をしない。そして、天才は孤独に追い込まれる。島耕作は人に恵まれ会長にまで登り詰めたが、ジョブスは自身の過剰な才能だけで、あの地位を築き上げた。対照的な二人のようだが、私はある共通点も感じた。
今回、映画を観て創作の原点にあらためて立ち返る事ができた気がする。

【STORY】  
ウソつきで、ワガママで、傲慢。でも、この男の闘いは、あなたに胸を熱くする―。
誰もが知る天才スティーブ・ジョブズの、これまで語られることのなかった真実。明日のあなたを変える映画が誕生!
IBMにケンカを売り、ビル・ゲイツを盗人呼ばわり、自らの会社からも追放される―
2011年10月5日、56歳の若さで亡くなったアップルコンピュータの創業者スティーブ・ジョブズは、今世紀最高の経営者と称えられながらも、一方で、ワガママで傲慢、自分の考えを絶対に曲げず、必要ならば友人さえも追い落とす非情な男とも言われた。なぜ、そんな“嫌われ者”が、世界中の人々から“熱く愛されるデバイス”を創ることができたのか―?その疑問に答える、ジョブズ没後初の映画化が実現。二度と立ち上がれないような怒涛の修羅場をくぐり抜け、それでも挑戦することを諦めなかった男の、“素顔”の真実と向き合う―それは、観る者すべての可能性を祝福する、得難い体験となる。

『スティーブ・ジョブズ』
11月1日(金) TOHOシネマズ 日劇1ほか 全国ロードショー

監督:ジョシュア・マイケル・スターン(映画初)
配給:ギャガ 
出演:アシュトン・カッチャー『バタフライ・エフェクト』 、ダーモット・マローニー『ゾディアック』 、ルーカス・ハース『インセプション』ジェームズ・ウッズ『ヴァージン・スーサイズ』   

公式HP:jobs.gaga.ne.jp
公式facebook:https://www.facebook.com/stevejobsmovie.japan
公式twitter:https://twitter.com/jobs1101

(C)2013 The Jobs Film,LLC.




登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください