アニメ

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』史上初!埼玉・秩父でプレミア試写会!国の重要無形民俗文化財・秩父神社で上映決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

8月31日(土)公開作品の『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称『あの花』)。作品の舞台となった埼玉県・秩父市は、2011年のTVシリーズ放送をきっかけに本作と深い繋がりを持ち続けている。2011年4月~10月の間、秩父市を訪れた「あの花」ファンはなんと約8万人。半年間で約3億2千万円の経済効果(秩父アニメツーリズム実行委員会試算)が生み出されている。現在でも全国から秩父市に訪問する観光客は後を絶たず、埼玉の新たな顔として「あの花」は愛され続けている。
『劇場版 あの花』の公開に向けても、様々な秩父市とのコラボ展開が開始しており、7月1日からは秩父の街を横断する西武鉄道とのラッピングトレインの走行、埼玉西武ライオンズでの始球式イベント(8/17(土))などが実現している。

そして、劇場版の公開に先立ち、“あの花夏祭 in ちちぶ”の開催が決定!なんと国の重要無形民俗文化財に指定される秩父神社で試写を実施する事が決定。当日は、「劇場版 あの花」プレミア上映の他に、茅野愛衣(本間芽衣子役)・早見沙織(鶴見知利子役)・近藤孝行(久川鉄道役)によるトークショーや、主題歌を歌うGalileo Galileiのライブのほか、あの花スタンプラリー、あの花屋台村、巨大蒸しパンタワー作成など、秩父全体が「あの花」一色に染まる空前の祭りを実施予定。

作中にも登場する秩父神社は関東でも屈指の古社のひとつと言われており、毎年12月3日に行われる例祭は、
「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。この由緒正しき秩父神社での映画の上映イベントは史上初の試みとなり、秩父市の全面協力を得て実施が決定した。

8月10日(土)~12日(月)に開催予定の、コミックマーケット84にて、グッズ付き劇場前売り鑑賞券の発売が決定!!
販売期間 :2013年8月10日(土)より
販売場所 :東京ビックサイト コミックマーケット84アニプレックスブース(No.111)
じんたんTシャツセット
価格: 4,500円(税込)
セット内容: じんたん愛用Tシャツ(新オープニングムービーより「今昔」柄) 
全国共通前売券(キービジュアル柄)
水着めんま型抜き前売券セット
価格: 2,000円(税込)
セット特典:コースター2枚、しおり1枚
全国共通前売券(水着めんま柄)
※素材:ポリプロピレン
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
8月31日(土)、新宿バルト9 ほか 全国公開
CAST/宿海仁太:入野自由、本間芽衣子:茅野愛衣、安城鳴子:戸松遥、松雪 集:櫻井孝宏、鶴見知利子:早見沙織、久川鉄道:近藤孝行
STAFF/監督:長井龍雪 脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:田中将賀 音楽:REMEDIOS アニメーション制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
公式サイトURL:http://www.anohana.jp/
(C)ANOHANA PROJECT









登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください