ゲーム

話題のベン・アフレック監督最新作『アルゴ』ポスタービジュアル解禁!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ARGO_B1_poster.jpg



ベン・アフレック監督第3作目となる映画『アルゴ』。トロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、9月22日にはスペインで行われたサン・セバスチャン国際映画祭にて上映され、10月には東京国際映画祭でも上映が決定するなど、公開に先立ち世界各国の映画祭での上映で、本年度屈指の傑作としての声が上り、話題を呼んでいる。

今回、日本公開を10 月26 日に控え、本作の本ポスターのビジュアルが解禁となった。CIA が考えだした人質救出作戦がウソの映画を製作だった、というフィクション以上に大胆な実話が元となっている本作。ハリウッド・CIA本部・イランの3 箇所で起こるドラマとして同時進行で描き出す作品となっており、本ビジュアルは、そのドラマを想起させるポスターとなっている。

また、この作品ついて、ベン・アフレックは「1人でも多くの人に観に来てもらいたい。なぜならこの映画はシリアルキラー映画でもなければ、スーパーヒーロー映画でもないし、ロボット映画でもない。そういう素晴らしく楽しくて、お金を稼ぎまくるようなハリウッドの典型的なヒット映画ではなくて、しかも、観客にどんな内容の作品なのかを語るのが簡単な作品ではないからね。」とトロント国際映画祭での上映に際しコメントも残し、公開を心待ちにしている様子が伝えられている。

【ストーリー】
1979 年11 月4 日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、大使館員を人質にとった。しかし、この大混沌の中、6 人のアメリカ大使館員が何とか逃げ出すことに成功し、カナダ大使の自宅に身を隠したー。もし見つかれば彼らの命はもちろん人質の命も危ない。
この絶望的な状況の中、CIA の救出作戦のエキスパート、トニー・メンデス(ベン・アフレック)が、彼らを安全に国外へと救出する為の危険な作戦を思いつく。それはウソの映画を企画し、6 人のアメリカ大使館員をロケハンに来たカナダの映画クルーに仕立て上げ、国外に出国させるという映画でしか起こりえない前代未聞の作戦だったー!?

『アルゴ』
2012年10月26日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!!

出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン 他
監督:ベン・アフレック/脚本:クリス・テリオ
製作:ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロブ、ベン・アフレック
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:www.argo-movie.jp

(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください