映画
アニメ
ゲーム

映画『エンドロールのつづき』パン・ナリン監督来日決定!トークショー付上映会決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

9歳のサマイはインドの田舎町で、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものだと思っているが、信仰するカーリー女神の映画は特別と、家族で街に映画を観に行くことに。人で溢れ返った映画館、席に着くと、目に飛び込んだのは後方からスクリーンへと伸びる一筋の光…そこにはサマイが初めて見る世界が広がっていた。映画にすっかり魅了されたサマイは、再び映画館に忍び込むが、チケット代が払えずつまみ出されてしまう。それを見た映写技師のファザルがある提案をする。料理上手なサマイの母が作る弁当と引換えに、映写室から映画をみせてくれるというのだ。サマイは映写窓から観る色とりどりの映画の数々に圧倒され、いつしか「映画を作りたい」という夢を抱きはじめるが―。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

チャイ売りの少年が映画と出会い、やがて世界で活躍する映画監督になる―。監督自身の驚くべき物語を映画化した、『エンドロールのつづき』(2023年1月20日(金)新宿ピカデリー他全国公開)。トライベッカ映画祭ほか、世界中の映画祭で5つの観客賞を受賞し、さらにバリャドリード国際映画祭では最高賞にあたるゴールデンスパイク賞をインド映画として初めて受賞。そして世界中の映画祭から喝采を浴びた本作は、日本でも大きな話題となった『RRR』などの話題作を抑え、第95回アカデミー賞インド代表(国際長編映画賞)としてショートリストにも選出され、ノミネートへの期待が高まります。

 

自身をモデルにした自伝的映画を引っさげて、今回が13年ぶり、5度目の来日となるパン・ナリン監督。自らを世界一の映画ファンだと名乗るほどの映画好きで、日本映画にも精通している。そんな世界一の映画ファンに切り込むのは、年間100本以上も映画を観るほどの映画好きとして知られる芸人のこがけんさん。おいでやす小田とのお笑いユニット「おいでやすこが」で活動する傍ら、映画好きお笑い芸人としても人気を博し、雑誌『BRUTUS』にて2020年のシネマコンシェルジュに選ばれるなど、芸能界屈指の映画ファンとして大注目の映画好き芸人。この度、ふたりのトークショー付き上映会が決定し、インドと日本を代表する映画マニアによるレア対談が実現!本作の魅力、そして”映画”の魅力を思う存分に語っていただく。

 

『エンドロールのつづき」トークショー付き上映会

 

【日時】1月21日(土) 10:45の回 上映前トークショー

【会場】新宿ピカデリー

【登壇者】パン・ナリン監督 芸人・こがけん(予定・敬称略)

※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

【チケット料金】通常料金

※特別興行につきムビチケ・各種割引料金・各種招待券・松竹株主優待はご利用不可

 

 

【チケット販売】新宿ピカデリーHP、および劇場窓口にて販売いたします ※全席指定

■劇場オンライン販売:1/13(金)24:00より(=1/14(土)AM0:00〜)

■劇場窓口販売: 1/14(土)劇場OPEN時より(※残席のある場合のみ)

【入場者プレゼント】映画オリジナルステッカー

 

 

 

 

監督・脚本:パン・ナリン 出演:バヴィン・ラバリ 2021年/インド・フランス/グジャラート語/112分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Last Film Show/

日本語字幕:福永詩乃 G 応援:インド大使館 配給:松竹ALL RIGHTS RESERVED ©2022. CHHELLO SHOW LL

 

2023年1月20日(金)新宿ピカデリー ヒューマントラストシネマ有楽町、シネリーブル池袋 他全国公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください