アニメ

2022年11月11日(金) 映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』新キャラクターの日本語吹替版声優解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ヒーロー映画として異例のアカデミー賞®3冠、作品賞も初ノミネートを果たし、全世界で社会現象となった「ブラックパンサー」の待望の続編。国王とヒーロー、2つの顔を持つティ・チャラを失ったワカンダ国に海の帝国の脅威が迫る。ティ・チャラの妹であり天才科学者のシュリたちは、この危機にどう立ち向かうのか。そして、新たな希望となるブラックパンサーを受け継ぐ者は誰なのか…。未来を切りひらく者たちの熱き戦いを描いた、ドラマチック・アクション超大作が始まる。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』など、観客を熱狂の渦に巻き込み続けているマーベル・スタジオが贈る最新作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が11月11日(金)に日米同時公開となる。本作は、ヒーロー映画としては“初”となるアカデミー賞®作品賞ノミネートを果たすなど、ヒーロー映画の枠を超え社会現象を巻き起こした、まさにエンターテインメント史に名を刻むこととなった『ブラックパンサー』からつながる物語。そしてこの度、本作の物語の重要なカギを握るであろう新キャラクターの日本語版声優に、人気声優浪川大輔、早見沙織が決定!ワカンダにも敵意をむき出しにする<海の帝国>の謎の王 ネイモア役を浪川、アイアンハートことリリ・ウィリアムズ役を早見が演じる事となる。

 

「HUNTER×HUNTER」のヒソカや、「ルパン三世」シリーズの石川五ェ門役に加え、「スター・ウォーズ」シリーズのアナキン・スカイウォーカー役など、名実ともに人気声優である浪川は、物語の大きなカギを握る<海の帝国>の謎の王ネイモア役として、マーベル作品では自身初となる主要キャラクターを担当する事となる。ネイモアは本編では未だ多くの謎に包まれているキャラクターだが、漫画原作では最古の1人に数えられるキャラクターとしてファンの間では人気を得ている。予告編では、海中に鎮座する玉座へ降り立つシーンや、足首にある羽根を駆使して空中を自在に飛ぶ場面が登場。中には、窓の内側にいるラモンダやリリに向かって外から槍を振りかぶる姿や、ラモンダに何かを迫るように睨みつける姿など、狂気を帯びた力強さを漂わせる。彼のキャラクターポスターからも、その鬼気迫る表情が、彼の執着心や冷酷さも見て取れる。浪川は、ネイモア役として本作に加わることについて「自分のキャリアの中でもヒーロー映画に重要ポジションで関わるのは初めてです。ずっと携わりたいと強く願っていました。なので、喜びの極みです。」と、念願が叶った喜びを最大限に表現。さらに、「映画の注目ポイントは正直挙げきれません。どのような展開になるのか。どのような映像美があるのか、迫力満点な作品だと思います。またもや全世界を巻き込む社会現象になること間違いなしだと思います!」日本語版への自信を覗かせた。浪川演じるネイモアが、ワカンダに迫る理由とは一体何なのか……、注目度が増すばかりだ。

そして、「SPY×FAMILY」のヨル・フォージャー役や、「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ、「ONE PIECE」のヤマト役など、様々な役を演じる早見は、これまでにマーベル・コミックス原作の作品では『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』にて、ヴィランのカーネイジことクレタス・キャサディの最愛の恋人で、口から発する音波で周囲を破壊する能力を持つヴィラン シュリーク役を担当していたが、本作では打って変わって、今後のマーベル・シネマティック・ユニバースに深く関わるであろう注目のキャラクター、リリ・ウィリアムズ役を務める事となる。2023年に米ディズニープラスで独占配信が予定されているマーベル・スタジオドラマ『アイアンハート』にて主人公アイアンハートになるキャラクターとして発表されたリリ・ウィリアムズは天才的頭脳を持つ、19歳のマサチューセツ工科大学生で既に解禁されている予告映像では、彼女が纏うであろうアイアンマンを彷彿とさせる赤いハイテクスーツが登場。さらに解禁されたリリのキャラクターポスターでは、ゴーグルや機械を身に纏い、近い将来に迫っている脅威を危惧するような眼差しが印象的なビジュアルとなっている。本作で初めてお披露目されたリリ・ウィリアムズ=アイアンハートは、SNSやメディアでも大きく紹介され、今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の中心を担っていくキャラクターとしてファンのみならず世界中が注目している。

早見は、そんなリリについて、「リリは、頭脳明晰でありながら、若者らしい、くだけたノリと勢いを持った人です。作中では、シュリを中心としたキャラクターたちとも深く関わっていきます。」と、彼女の魅力を表現。そして「表情豊かな彼女の人物像を声でもお伝えできるよう、精一杯アフレコをさせていただきました。ぜひ劇場でお楽しみくださいませ!」と、本作への意気込みを語った。早見演じる今後のマーベル・シネマティック・ユニバースで注目必須なアイアンハートことリリ・ウィリアムズが登場する本作は見逃し厳禁だ。

 

ワカンダに迫りくる<海の帝国>の謎の王ネイモア、そして今後のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でも活躍が期待できるリリ・ウィリアムズ[アイアンハート]。この2人の参戦によって、どんなドラマチックな物語が展開されるのだろうか。そして果たして、ティ・チャラの想いを受け継いでワカンダの危機に立ち向かうのは誰なのか―!?国王のいない、ヒーローのいないワカンダで、彼らが戦い、見つけたものとは?この秋、私たちはマーベル映画史上、最大にして最高の“希望のドラマ”に遭遇する。

 

★『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』 新キャラクター声優陣 コメント

 

 

▼浪川大輔:ネイモア役

全世界を社会現象に巻き込んだ映画。賞賛と深い悲しみを乗り越えての続編ということであらゆる分野の方が注目するであろう今作。自分のキャリアの中でもヒーロー映画に重要ポジションで関わるのは初めてです。ずっと携わりたいと強く願っていました。なので、喜びの極みです。映画の注目ポイントは正直挙げきれません。どのような展開になるのか、どのような映像美があるのか。迫力満点な作品だと思います。またもや全世界を巻き込む社会現象になること間違いなしだと思います!

 

▼早見沙織:リリ・ウィリアムズ(アイアンハート)役

リリ・ウィリアムズ役の吹替えを担当させていただくこととなりました。あの「ブラックパンサー」に今作から参加することができて、大変嬉しく思います。リリは、頭脳明晰でありながら、若者らしい、くだけたノリと勢いを持った人です。作中では、シュリを中心としたキャラクターたちとも深く関わっていきます。表情豊かな彼女の人物像を声でもお伝えできるよう、精一杯アフレコをさせていただきました。ぜひ劇場でお楽しみくださいませ!

 

題:Black Panther: Wakanda Forever  監督:ライアン・クーグラー 製作:ケヴィン・ファイギ

全米公開:11月11日  配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン  コピーライト表記: ©Marvel Studios 2022

 

2022年11月11日(金) 映画館にて公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください