アニメ
ゲーム

7月15日公開 映画『魂のまなざし』 本編映像が解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

【STORY】

1915年、ヘレン・シャルフベックは、高齢の母親とともに田舎で暮らす、いわば忘れられた画家だった。それでもヘレンは湧き出してくる情熱のためだけに絵を描き続けていた。すべてが変わったのは、ある画商が訪ねてきて彼女が描き溜めていた159点のすばらしい作品を発見、大きな個展開催に向けて動き出したからだ。しかし、ヘレンの人生で最も重要な転機は、画商が紹介した19歳年下の青年エイナル・ロイターとの出会いによってもたらされる…。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

モダニズムを代表する画家のひとりとして、近年世界的に注目を浴びるフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベック。その生誕160年を記念し、彼女の画業と人生を決定づけた1915年から1923年の時代を描いた『魂のまなざし』が7月15日(金)にBunkamuraル・シネマ他にて順次公開する。この度、本編映像が解禁となった。モダニズムを代表する芸術家の一人として近年世界的評価の著しいフィンランドの国民的画家ヘレン・シャルフベックひたむきに真実を求め続けた彼女の最後のそして終生の愛と友情ヘレン・シャルフベック(1862~1946)は、フィンランドで最も敬愛されるモダニズム画家。病気から快復した少女をみずみずしく描いた《快復期》や、死に至る晩年まで自らを見つめ描き続けた自画像の数々に代表される彼女の作品は、多様なスタイルを取り入れつつも、寄り添うような親密さとメランコリー、静謐な美しさと力強さをどれも一貫してたたえている。抑圧的な家庭や男性社会に臆せず、名誉よりも内から湧き出る情熱に従うシャルフベックの姿が、北欧の透明な光に輝く自然や街並みとともに全編美しい映像で描かれている。画家として、女性として、一人の人間として自律的に生きるシャルフベックを演じるのは、第63回ベルリン国際映画祭でシューティング・スター賞を受賞したフィンランドの女優ラウラ・ビルン。監督はビヨンセ、セリーヌ・ディオン、ケリー・クラークソンなど数々のミュージック・ビデオを手掛けてきたアンティ・ヨキネン。監督2作目『Purge』(2012)は、本作と同じくラウラ・ビルンを主演に起用し、第85回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選ばれている。<ヘレンの画家としての転機となったエイナル・ロイターとの出会いを描いた本編映像が解禁!>

 

 

ヘレンは幼少時から才能を見込まれ、奨学金を得て18歳の時にパリへ渡り20代の大半をパリで過ごした。しかし祖国に戻ると、美術界を支配する保守的で権威主義的な男性社会の中で、真実を追求する自由な魂は疲弊し、そこから逃亡する。しかし、画商のヨースタ・ステンマンと森林保護官で画家・作家のエイナル・ロイターの熱意と支えにより美術界に復帰し、ヘレンが住んでいた小さなあばら家にあふれていた159枚の絵をもとに、1917年ヘルシンキで個展を開くことになる。個展に向け壁に飾ってある自身の絵を、険しい顔で見つめるヘレンに、エイナルは「そんなに悪くない」と声をかける。ヘレンは険しい表情のまま「何かを想像するなら、壁に絵がない方が簡単。」と言い「光が気になるから手伝って。」と、窓から入る光を調整するように指示をする。「自作を見るのが気まずい?」と再度声をかけるエイナルに、「なじんでない。特にこの光では。今晩徹夜すれば、明日の開催までにミスを直せるわ。」と強い口調で答えるが、「たしかに」とほほ笑むエイナルにやっと表情を和らげるヘレン。「あなたは何者なの?」と聞くと、突如現れたヨースタが個展を開くことはエイナルの提案だったと答える。驚きを隠せないヘレンは、大成功をおさめた個展をきっかけに、エイナルとの仲も縮まっていく。

 

監督:アンティ・ヨキネン/出演:ラウラ・ビルン ヨハンネス・ホロパイネン クリスタ・コソネン エーロ・アホ ピルッコ・サイシオ ヤルッコ・ラフティ/字幕:林かんな/原題:HELENE/2020年/フィンランド・エストニア/122分(C)Finland Cinematic配給:オンリー・ハーツ 後援:フィンランド大使館 応援:求龍堂7月15日(金)Bunkamuraル・シネマ他にて順次公開

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください