アニメ
ゲーム

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ポスタービジュアル及び場面写真解禁がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

【STORY】

ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落! 乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。司法警察の立会いの下、航空事故調査局の音声分析官が、ボイスレコーダー、通称“ブラックボックス”を開く。いつもなら責任者のポロックに同行するのは、最も優秀なマチューだったが、天才的なあまり孤立していた彼は外されてしまう。だが、まもなくポロックが謎の失踪を遂げ、引き継いだマチューは「コックピットに男が侵入した」と記者会見で発表する。マチューの分析は高く評価され、責任者として調査をまとめるよう任命される。ところが、被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電をきっかけに、さらなる陰謀を疑ったマチューはキャリアと命さえもかけて、危険な探求を始める─。

 

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

この度、『イヴ・サンローラン』(14)で本国のみならず全世界で賞賛の声が上がった俊英ピエール・ニネが主演を務める『ブラックボックス:音声分析捜査』(原題:BOÎTE NOIRE 英題:BLACK BOX)が2022年1月21日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国で公開いたします。

 

<作品概要>

ヨーロピアン航空の最新型機がアルプスで墜落し、乗客・乗務員316人全員の死亡が確認される。謎の疾走を遂げた上司に代わり責任者として調査をまとめるよう任命されたマシュー。被害者の一人が夫に残した事故直前の留守電を聞いて、ブラックボックスの音と違うことに愕然とする。キャリアと命をかけたマチューの危険な探求が始まる──。マチューには、『イヴ・サンローラン』でセザール賞を受賞した、美しさと繊細な表現力が光るピエール・ニネ。監督は『パーフェクトマン 完全犯罪』のヤン・ゴズラン。フィクションかリアルか、加速するスリルの中、音声分析官が暴く航空機業界の知られざる闇とは──?

 

今回解禁されたポスタービジュアルを目にして感じるのは、なんといっても鮮やかなオレンジ色。強烈なインパクトがある、このオレンジ色は“ブラックボックス(ボイスレコーダー)”本体の色。そして中心にはピエール・ニネ演じるマチューがいる。音を聞くだけで、故障ならどの箇所か、事故なら何と接触したのか、事件なら犯人の人物像まで割り出す、音声分析官である。そのマチューが何かを凝視している。彼の背景に大きな文字で英題「BLACK BOX」が上下に入り、上部に同心円状の計器のメモリが薄く施されている。さながらマチューのヘッドフォンから聞こえてくる音声の波長のようにも見える。

そして気づいてほしいのがマチューの右下にある飛行機の影。よく見ると機首が下がっている。劇中で起こる飛行機事故をほのめかしているのだろう。ヴィヴィッドな周囲の色味に相反してとてもショッキングな陰影だ。マチューのヘッドフォンから今にも墜落音が聞こえてきそうな、視覚と聴覚を震わすビジュアルになっている。

 

 

あわせて解禁されたのは、本作の重要なカギを握る二人の人物の写真。マチューの妻で新型航空機の認証機関に勤め、夫にも言えない秘密を抱えるノエミに『夜明けの祈り』のルー・ドゥ・ラージュと、調査局の冷静沈着なレニエ局長にフランス映画界の重鎮、『パリよ、永遠に』のアンドレ・デュソリエの写真である。

 

アンドレ・デュソリエ

ルー・ドゥ・ラージュ

 

ルー・ドゥ・ラージュが出演を決めた経緯は通常とは少し異なる。ノエミ役を演じる予定だった役者が撮影の1週間前に降板してことを知った主演のピエール・ニネは、過去に共演したルー・ドゥ・ラージュに電話をかけて、「脚本を送るので、今夜中に返事がほしい」と頼んだという。脚本を読んだルーは、「とても明確で素晴らしかった。ヤン・ゴズラン監督がこの題材を知り尽くしていることがわかったし、ノエミも私が初めて演じる役柄だった。それでオファーを受けたの。結局、考える時間も、間違った質問をする時間もなく、すぐに前に進まなければいけないという状況でよかったわ」と振り返る。

 

一方、国民的俳優アンドレ・デュソリエがオファーを受けた理由は「独創的な題材が気に入った。私が知らなかった分野を取り上げていることにワクワクさせられた。あとは監督の基準の高さだ。自ら時間をかけて脚本を書き、あらゆる細部まで検討する監督たちに、僕は昔から敬意を抱いてきた。それが若手監督ならなおさらだ」と説明する。

 

 

【 監督 】 ヤン・ゴズラン『パーフェクトマン 完全犯罪』

【 出演 】 ピエール・ニネ『イヴ・サンローラン』

ルー・ドゥ・ラージュ『夜明けの祈り』

アンドレ・デュソリエ『パリよ、永遠に』

【 原題 】 BOÎTE NOIRE(英題 BLACK BOX)

【 本編尺 】 129 分

【 クレジット 】2021 年/フランス/シネスコ/DCP/字幕翻訳:橋本 裕充/映倫区分:G(一般)配給・宣伝:キノフィルムズ 提供:木下グループ

【 フランス公開 】 2021 年 9 月 8 日

 

© 2020 / WY Productions – 24 25 FILMS – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA – PANACHE Productions

 

2022年1月21 日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください