映画
アニメ

マーベル・スタジオ最新作ドラマ『ワンダヴィジョン』国内配信日が2021年1月15日(金)に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【以下プレスリリース文掲載】

ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)は2021年1月15日(金)より、オリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』を日米同時配信いたします。

 

「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」シリーズを超え、世界累計興行収入歴代No.1のシリーズに輝いたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でお馴染みのマーベル・スタジオが贈る”初”のオリジナルドラマシリーズが誕生!涙と衝撃の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描いたドラマ『ワンダヴィジョン』が2021年1月15日(金)に日米同時配信されることが決定した!

本作は待望の予告編が公開されると、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後を描く初めての物語としての期待感、未だ謎に包まれた不穏な雰囲気、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ4の幕開けを飾る重要作として今後の映画作品に及ぼす影響への期待で興奮するファンが続出、世界中から熱い注目が注がれている。配信をいまかいまかと待ち焦がれるファンで溢れる中、ついに2021年1月15日(金)の日米同時配信が決定!併せて解禁された場面写真は、マーベルが“初ジャンル”に挑んだ、シットコム(シチュエーション・コメディ)ならではのクラシックなスタイルを装ったワンダとヴィジョンが仲睦まじくほほ笑み、幸せな様子が伺える一方で、半分が白黒のデザインという謎めいた雰囲気を醸し出しており、未だ全貌の見えない、マーベル史上“最も謎に満ちた物語”にますます期待が高まる。

 

舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―とある郊外の街に引っ越してきたのは、長い恋愛の末、晴れて結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンだ。2人は、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていたが、次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で描かれたあの戦いは?死んだはずのヴィジョンがなぜ…?2人は徐々に自分たちの目に見えている全てが”真実ではない“のではと疑い始める―。

 

監督を務めるのは『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011~2019)やサスペンスドラマシリーズの『ファーゴ』(2014~)のエピソード監督に抜擢され、『フィラデルフィアは今日も晴れ』(2005~)などを手掛けた、マット・シャックマン。脚本は『ブラック・ウィドウ』の原案を担当したジャック・シェイファーが務める。2人が手掛ける、いままでのマーベル作品とは一線を画すような斬新かつユニークな物語に加え、ただのコメディ作品では終わらない、予測不可能な結末を描いてきたマーベル・スタジオらしい衝撃的&壮大な展開が待ち受ける。そしてシリーズ変わらず、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以来となる、2人の共演にも要注目だ。

 

 

原題:WandaVision/

監督:マット・シャックマン(『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』のエピソード監督)

脚本:ジャック・シェイファー(『ブラック・ウィドウ』原案、『アナと雪の女王/家族の思い出』脚本)

出演:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー

コピーライト:© 2020 Marvel

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください