アニメ

『ミッドサマー』『レディ・バード』のA24が贈る 90 年代への愛と夢が詰まった、青春映画のマスターピース! 『mid90s』 プロボーダーの華麗なボードテクニックも必見! 少年たちがボードで空を駆け抜ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

<STORY>

1990 年代半ばのロサンゼルス。13 歳のスティーヴィーは兄のイアン、⺟のダブニーと暮らしている。⼩柄なスティーヴィーは⼒の強い兄に全く⻭が⽴たず、早く⼤きくなって彼を⾒返してやりたいと願っていた。そんなある⽇、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出⼊りする少年たちと知り合う。彼らは驚くほど⾃由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。

 

【以下プレスリリース文掲載】

 

2 度のオスカーノミネートを果たし『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』『21 ジャンプストリート』などの出演でも⼈気の俳優ジョナ・ヒルが初監督を⼿掛けた『mid90s ミッドナインティーズ』(9/4 公開)!このたび少年たちが、恐怖を乗り越えて鮮やかな⻘空の下、屋上をスケートボードで駆け抜けるシーンを切り取った本編映像を解禁いたします。


 

本作は 90 年代のロサンゼルスを舞台にシングルマザー家庭に育った 13 歳の少年スティーヴィー(サニー・スリッチ)が、スケートボードを通してかけがえのない仲間達と出会い、⼦供から⼤⼈への扉を開いていく、ジョナ・ヒル⾃⾝の半⾃伝的な10 代の想い出をもとに珠⽟の⻘春映画へと作り上げられたストーリー。タッグを組んだのは、⽇本での『ミッドサマー』の⼤ヒットも記憶に新しく『レディ・バード』『ムーンライト』などアカデミー賞の候補作を続々と送り出すなど、世界中の映画好きから注⽬の的となっている気鋭の映画スタジオ A24。懐かしくて新しい 90 年代への愛情と夢をたっぷりに描いた 10 代の少年たちの成⻑物語はあらゆる世代の共感を呼び、ナショナル・ボード・オブ・レビューのトップ 10 インディペンデント映画にも選出、全⽶4館からスタートしたにも関わらず、1200 スクリーン超まで拡⼤するスマッシュヒットを記録しました!

 

いつものスケートパークに集まったスティーヴィーたちは、それぞれの進学、家庭の事情、将来の仕事や夢などについて語り合っていたが、漠然とした未来への不安、⾃分の夢を語る恥ずかしさから、なかなか素直な気持ちは明かせない。そんな中、将来はプロのボーターになる、という確固たる意思を持ったレイ(ナケル・スミス)は「⽳を⾶び越える」「必死にくだらないことをやる」・・・いろんな迷いをふっきるかのようにファックシット(オーラン・プレナット)らボーダー仲間と共に、屋上の“⼤きな⽳”をスケートボードで⾶び越える危険な“遊び”にチャレンジ。次々と成功するレイたちだったが、まだ滑りが得意ではない少年ルーベンは怖くなって、断念。もちろんスティーヴィーも断念すると周囲が考えたのも束の間、少しだけ躊躇した末に何かを決意したかのように滑り出す、、、!

予想通り⽳に墜落するスティーヴィーをみて唖然とする仲間たち、そしてスティヴィーが勇気を出して⾃分の恐怖を乗り超えた瞬間を切り取ったシーン映像となっております。Addidas ではシューズデザインを⼿がけるなど⼤⼈気・プロスケートボーダー、ナケル・スミスが演じるレイや、グッチ、ヴェルサーチなどのモデルとしても活躍するこちらもプロスケートボーダー・オーランの華麗なボードテクニックも必⾒です!

 

『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー作品でキャリアを積み、アメリカを代表する⼤⼈気コメディ俳優となったジョナ・ヒル。『マネーボール』でブラッド・ピット演じる主⼈公の右腕を演じアカデミー賞助演男優賞にノミネート、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ではレオナルド・ディカプリオとのコンビが⾼く評価され、いまや不動の実⼒派⼈気俳優となった彼の初監督作となる本作は、⼦供と⼤⼈の中間で悩む誰もが共感必⾄の⻘春ストーリー。不安と希望を胸に未来に⽴ち向かっていく主⼈公スティーヴィーを演じるのは、『ルイスと不思議の時計』『聖なる⿅殺し』のサニー・スリッチ。⺟親ダブニー役に『ファンタスティック・ビースト』シリーズのキャサリン・ウォーターストン、兄のイアンに『ある少年の告⽩』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のルーカス・ヘッジズと脇には⼈気・実⼒を兼ね備えた俳優陣が揃う。ライフスタイルがデジタル化される最後の時代――

90 年代のあの頃を背景に、懐かしくて新しい⻘春映画のマスターピースがいよいよ⽇本に上陸する!

 

監督・脚本:ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『マネーボール』(出演)
製作総指揮:スコット・ロバートソン『レヴェナント:蘇りし者』、アレックス G・スコット『レディ・バード』
製作:イーライ・ブッシュ『レディ・バード』 ⾳楽:トレント・レズナー、アッティカ・ロス
<キャスト>サニー・スリッチ『ルイスと不思議の時計』『聖なる⿅殺し』、キャサリン・ウォーターストン『ファンタスティック・ビーストと⿊い魔法使いの誕⽣』、ルーカス・ヘッジズ『ある少年の告⽩』『ベン・イズ・バック』、ナケル・スミス

 

2018 年 / アメリカ / 英語 / 85 分 / スタンダード / カラー / 5.1ch / PG12 ⽇本語字幕:岩辺いずみ/提供:トランスフォーマー、Filmarks
配給:トランスフォーマー © 2018 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.
公式 HP:http://www.transformer.co.jp/m/mid90s/ Twitter&インスタ:@mid90s_JP

 

 

 

 

 

 

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください