アニメ

地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな? 色とりどりの思いが世代を超えてつながっていく、大人のための感動のファンタジー 『恐竜が教えてくれたこと』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【STORY】

一週間のサマーバカンスを楽しむため、家族とともにオランダ北部の島にやってきたサムは11歳の男の子。わんぱく盛りの年頃だが、この世のすべての生き物がいつか死を迎えることに気づいたサムは、「地球最後の恐竜は、自分が最後の恐竜だと知っていたのかな?」というまったく答えの見つからない哲学的な疑問に思い悩んでいた。そんなサムの前に現れた地元の少女テスは、眩いほどの快活な魅力にあふれ、予測不可能な言動で彼を振り回していく。ところがママとふたり暮らしのテスには、不在の“パパ”をめぐる重大な秘密があった。12年間ずっと生き別れてきたパパに対するテスの切なる想いを知ったサムは、彼女が考案した奇想天外な作戦に協力することに。

やがて、このひと夏の冒険は周囲の大人たちを巻き込んでサムに新たな世界を見開かせ、かけがえのない生きる喜びをもたらすのだった……。

 

 

アンナ・ウォルツの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を映画化した「My Extraordinary Summer with Tess」(原題)が邦題『恐竜が教えてくれたこと』として2020年3月上旬より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開されることが決定いたしました。

オランダ北部の島に、家族で夏のバカンスにきていた11歳の少年サム。彼は、「地球最後の恐竜は、自分が最後って知ってたのかな」と悩む、小さな哲学者のような男の子。そんな彼が不思議な魅力にあふれた少女テスと出会う。そんなテスにサムはどんどん魅かれていく。ある日サムは、テスからある重大なことを打ち明けられる。死んだと知らされていたパパを、ママには内緒で島に招待したというのだ。娘がいるなんて知らないパパに、娘の存在をどんな風に知らせるのか…。テスとサムの秘密の計画が実行される!オランダの児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を原作に、ひと夏の冒険を経て、人生の宝石を見つけたサムとテス。美しい海とその風景をバックに、繰り広げられる“秘密の計画”は、子供たちだけでなく、多くの大人たちのかけがえのない思い出や記憶を呼び覚まし、生きていくことの豊かさを心に刻んでいく。

都会の喧噪とは遠く離れた避暑地の島を舞台にした本作は、ヨーロッパ映画らしいきらびやかなバカンスムービーとして幕を開ける。バラエティ誌の〈2019年に観るべきヨーロッパの監督10人〉に選出されたオランダの新たな才能、ステフェン・ワウテルロウト監督は、本作で長編デビューを飾り、現実と空想の狭間を行き来する少年の姿を繊細なタッチで描くとともに、風変わりで謎めいたテスにぐんぐん心惹かれていくサムの甘酸っぱい初恋物語を軽やかなユーモアたっぷりに映像化。子供たちが家族や大切な人たちと触れ合いながら、目覚ましい成長を遂げていくひと夏の一瞬一瞬を愛おしく輝かせている。

———————————————————————

原作「ぼくとテスの秘密の七日間」

アンナ・ウォルツ作/野坂悦子/訳、きたむらさとし/絵、フレーベル館

第61回青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年向け課題図書

全国学校図書館協議会選定図書

日本図書館協会選定図書

———————————————————————

 

監督:ステフェン・ワウテルロウト

脚本:ラウラ・ファンダイク

原作:アンナ・ウォルツ「ぼくとテスの秘密の七日間」(野坂悦子訳、フレーベル館)

出演:ソンニ・ファンウッテレン、ヨセフィーン・アレンセンほか

2019年/オランダ/オランダ語・ドイツ語/カラー/84分/

英題:My Extraordinary Summer with Tess

©2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH

配給:彩プロ

宣伝:テレザ、ポイント・セット

後援:オランダ王国大使館

登録すると試写会チケット 情報がやたら貰えるかも!

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください